ヨエル書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 あなたがたはシオンでラッパをけ。わがせいなるやま警報けいほうきならせ。くにたみはみな、ふるいわななけ。しゅるからである。それはちかい。

    2 これはくらく、薄暗うすぐらくもむらがるまっくらなである。おおくのつよたみくらやみのようにもろもろのやまをおおう。このようなことはむかしからあったことがなく、のち代々よよとしにもふたたおこることがないであろう。

    3 かれらのまえき、ほのおかれらのうしろえる。かれらのこないまえには、はエデンのそののようであるが、そのったのちてたのようになる。これをのがれうるものは一つもない。

    4 そのかたちはうまのかたちのようであり、そのはしることは軍馬ぐんばのようである。

    5 やまいただきでとびおどるおとは、戦車せんしゃのとどろくようである。またかぶほのおおとのようであり、たたかいのそなえをしたつよ軍隊ぐんたいのようである。

    6 そのまえにもろもろのたみはなやみ、すべてのかおいろうしなう。

    7 かれらは勇士ゆうしのようにはしり、兵士へいしのように城壁じょうへきによじのぼる。かれらはおのおの自分じぶんみちすすんでって、そのみちみはずさない。

    8 かれらはたがいにおしあわず、おのおのそのみちすすく。かれらは武器ぶきなかにとびこんでも、をそこなわない。

    9 かれらはまちにとびはいり、城壁じょうへきうえはしり、家々いえいえによじのぼり、ぬすびとのようにまどからはいる。

    10 かれらのまえにおののき、てんはふるい、つきくらくなり、ほしはそのひかりうしなう。

    11 しゅはその軍勢ぐんぜいまえこえをあげられる。その軍隊ぐんたい非常ひじょうおおいからである。そのみ言葉ことばをなしげるものつよい。しゅおおいにして、はなはだおそろしいゆえ、だれがこれにえることができよう。

    12 しゅわれる、「いまからでも、あなたがたはこころをつくし、断食だんじきなげきと、かなしみとをもってわたしにかえれ。

    13 あなたがたは衣服いふくではなく、こころけ」。あなたがたのかみしゅかえれ。しゅめぐみあり、あわれみあり、いかることがおそく、いつくしみがゆたかで、わざわいおもいかえされるからである。

    14 かみがあるいはかえり、おもいかえして祝福しゅくふくをそののちのこし、素祭そさい灌祭かんさいとをあなたがたのかみしゅにささげさせられることはないとだれがるだろうか。

    15 シオンでラッパをきならせ。断食だんじき聖別せいべつし、せいかい召集しょうしゅうし、

    16 たみあつめ、会衆かいしゅう聖別せいべつし、老人ろうじんたちをあつめ、おさのみあつめ、花婿はなむこをそのいえからびだし、花嫁はなよめをそのへやからびだせ。

    17 しゅつかえる祭司さいしたちは、ろう祭壇さいだんとのあいだいてえ、「しゅよ、あなたのたみをゆるし、あなたのぎょうをもろもろの国民くにたみのうちに、そしりとわらぐさにさせないでください。どうしてもろもろの国民くにたみに、『かれらのかみはどこにいるのか』とわせてよいでしょうか」。

    18 そのときしゅ自分じぶんのために、ねたみをおこし、そのたみをあわれまれた。

    19 しゅこたえて、そのたみわれた、「よ、わたしは穀物こくもつあたらしいさけあぶらとをあなたがたにおくる。あなたがたはこれをべてきるであろう。わたしはかさねてあなたがたにもろもろの国民くにたみのうちでそしりをけさせない。

    20 わたしはきたからものをあなたがたからとおざけ、これをかわいたいやり、そのまえものひがしうみに、そののちもの西にしうみいやる。そのくさいにおいはおこり、そのしきにおいはのぼる。これはおおいなることをしたからである。

    21 おそれるな、よろこたのしめ、しゅおおいなることおこなわれたからである。

    22 のもろもろのけものよ、おそれるな。荒野あらの牧草ぼくそうはもえいで、はそのむすび、いちじくのとぶどうのとはゆたかにみのる。

    23 シオンのらよ、あなたがたのかみしゅによってよろこたのしめ。しゅはあなたがたをとするためにあきあめたまい、またあなたがたのためにゆたかにあめらせ、まえのように、あきあめはるあめとをらせられる。

    24 穀物こくもつち、いしがめはあたらしいさけあぶらとであふれる。

    25 わたしがあなたがたにおくった大軍たいぐん、すなわちむらがるいなご、とびいなご、ほろぼすいなご、かみらういなごのったとしをわたしはあなたがたにつぐなう。

    26 あなたがたは、じゅうぶんべてき、あなたがたに不思議ふしぎなわざをなされたあなたがたのかみしゅのみをほめたたえる。わがたみ永遠えいえんにはずかしめられることがない。

    27 あなたがたはイスラエルのうちにわたしのいることをり、しゅなるわたしがあなたがたのかみであって、ほかにないことをる。わがたみ永遠えいえんにはずかしめられることがない。

    28 そののちわたしはわがれいをすべてのにくなるものそそぐ。あなたがたのむすこ、むすめ預言よげんをし、あなたがたの老人ろうじんたちはゆめ、あなたがたの若者わかものたちはまぼろしる。

    29 そのわたしはまたわがれいをしもべ、はしためにそそぐ。

    30 わたしはまた、てんとにしるしをしめす。すなわちと、と、けむりはしらとがあるであろう。

    31 しゅおおいなるおそるべきまえに、くらく、つきかわる。

    32 すべてしゅものすくわれる。それはしゅわれたように、シオンのやまとエルサレムとに、のがれるものがあるからである。そののこったもののうちに、しゅのおしになるものがある。