聖典
ルカによる福音書7
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第7章

1 イエスはこれらの言葉ことばをことごとく人々ひとびとかせてしまったのち、カペナウムにかえってこられた。

2 ところが、ある百卒長ひゃくそつちょうたのみにしていたしもべが、病気びょうきになってにかかっていた。

3 この百卒長ひゃくそつちょうはイエスのことをいて、ユダヤじん長老ちょうろうたちをイエスのところにつかわし、自分じぶんしもべたすけにきてくださるようにと、おねがいした。

4 かれらはイエスのところにきて、熱心ねっしんねがってった、「あのひとはそうしていただくねうちがございます。

5 わたしたちの国民こくみんあいし、わたしたちのために会堂かいどうててくれたのです」。

6 そこで、イエスはかれらとれだっておかけになった。ところが、そのいえからほどとおくないあたりまでこられたとき、百卒長ひゃくそつちょうともだちをおくってイエスにわせた、「しゅよ、どうぞ、ご足労そくろうくださいませんように。わたしの屋根やねしたにあなたをおれする資格しかくは、わたしにはございません。

7 それですから、自分じぶんでおむかえにあがるねうちさえないとおもっていたのです。ただ、お言葉ことばください。そして、わたしのしもべをなおしてください。

8 わたしも権威けんいしたふくしているものですが、わたしのしたにも兵卒へいそつがいまして、ひとりのものに『け』とえばき、ほかのものに『こい』とえばきますし、また、しもべに『これをせよ』とえば、してくれるのです」。

9 イエスはこれをいて非常ひじょう感心かんしんされ、ついてきた群衆ぐんしゅうほういてわれた、「あなたがたにっておくが、これほどの信仰しんこうは、イスラエルのなかでもたことがない」。

10 使つかいにきたものたちがいえかえってみると、しもべ元気げんきになっていた。

11 そののち、もなく、ナインというまちへおいでになったが、弟子でしたちやおおぜいの群衆ぐんしゅう一緒いっしょった。

12 まちもんちかづかれると、ちょうど、あるやもめにとってひとりむすこであったものんだので、ほうむりにすところであった。おおぜいのまちひとたちが、そのははにつきそっていた。

13 しゅはこの婦人ふじんふか同情どうじょうせられ、「かないでいなさい」とわれた。

14 そして近寄ちかよってかんをかけられると、かついでいるものたちがまったので、「若者わかものよ、さあ、きなさい」とわれた。

15 すると、死人しにんがってものした。イエスはかれをそのははにおわたしになった。

16 人々ひとびとはみなおそれをいだき、「だい預言者よげんしゃがわたしたちのあいだあらわれた」、また、「かみはそのたみかえりみてくださった」とって、かみをほめたたえた。

17 イエスについてのこのはなしは、ユダヤ全土ぜんどおよびその附近ふきんのいたるところにひろまった。

18 ヨハネの弟子でしたちは、これらのことを全部ぜんぶかれ報告ほうこくした。するとヨハネは弟子でしなかからふたりのものんで、

19 しゅのもとにおくり、「『きたるべきかた』はあなたなのですか。それとも、ほかにだれかをつべきでしょうか」とたずねさせた。

20 そこで、このひとたちがイエスのもとにきてった、「わたしたちはバプテスマのヨハネからの使つかいですが、『きたるべきかた』はあなたなのですか、それとも、ほかにだれかをつべきでしょうか、とヨハネがたずねています」。

21 そのとき、イエスはさまざまの病苦びょうく悪霊あくれいとになや人々ひとびとをいやし、またおおくの盲人もうじんえるようにしておられたが、

22 こたえてわれた、「って、あなたがたが見聞みききしたことを、ヨハネに報告ほうこくしなさい。盲人もうじんえ、あしなえはあるき、らい病人びょうにんはきよまり、みみしいはきこえ、死人しにんきかえり、まずしい人々ひとびと福音ふくいんかされている。

23 わたしにつまずかないものは、さいわいである」。

24 ヨハネの使つかいってしまうと、イエスはヨハネのことを群衆ぐんしゅうかたりはじめられた、「あなたがたは、なに荒野あらのてきたのか。かぜらぐあしであるか。

25 では、なにてきたのか。やわらかい着物きものをまとったひとか。きらびやかにかざって、ぜいたくにくらしている人々ひとびとなら、宮殿きゅうでんにいる。

26 では、なにてきたのか。預言者よげんしゃか。そうだ、あなたがたにうが、預言者よげんしゃ以上いじょうものである。

27 よ、わたしは使つかいをあなたのさきにつかわし、あなたのまえに、みちととのえさせるであろう』といてあるのは、このひとのことである。

28 あなたがたにっておく。おんなんだものなかで、ヨハネよりおおきい人物じんぶつはいない。しかし、かみくにもっとちいさいものも、かれよりはおおきい。

29 (これをいた民衆みんしゅうみな、また取税人しゅぜいにんたちも、ヨハネのバプテスマをけてかみただしいことをみとめた。

30 しかし、パリサイびと律法りっぽう学者がくしゃたちとはかれからバプテスマをけないで、自分じぶんたちにたいするかみのみこころをにした。)

31 だからいま時代じだい人々ひとびとなにくらべようか。かれらはなにているか。

32 それは子供こどもたちが広場ひろばにすわって、たがいびかけ、『わたしたちがふえいたのに、あなたたちはおどってくれなかった。とむらいのうたうたったのに、いてくれなかった』とうのにている。

33 なぜなら、バプテスマのヨハネがきて、パンをべることも、ぶどうしゅむこともしないと、あなたがたは、あれは悪霊あくれいにつかれているのだ、とい、

34 またひとがきてべたりんだりしていると、よ、あれはしょくをむさぼるもの大酒おおざけもの、また取税人しゅぜいにん罪人つみびと仲間なかまだ、とう。

35 しかし、知恵ちえただしいことは、そのすべての証明しょうめいする」。

36 あるパリサイびとがイエスに、食事しょくじともにしたいともうたので、そのパリサイびといえにはいって食卓しょくたくかれた。

37 するとそのとき、そのまちつみおんなであったものが、パリサイびといえ食卓しょくたくいておられることをいて、香油こうゆれてある石膏せっこうのつぼをってきて、

38 きながら、イエスのうしろでそのあしもとにり、まずなみだでイエスのあしをぬらし、自分じぶんかみでぬぐい、そして、そのあし接吻せっぷんして、香油こうゆった。

39 イエスをまねいたパリサイびとがそれをて、こころなかった、「もしこのひと預言者よげんしゃであるなら、自分じぶんにさわっているおんながだれだか、どんなおんなかわかるはずだ。それはつみおんななのだから」。

40 そこでイエスはかれにむかってわれた、「シモン、あなたにうことがある」。かれは「先生せんせい、おっしゃってください」とった。

41 イエスがわれた、「ある金貸かねかしにかねをかりたひとがふたりいたが、ひとりは五百デナリ、もうひとりは五十デナリをりていた。

42 ところが、かえすことができなかったので、かれはふたりともゆるしてやった。このふたりのうちで、どちらがかれおおあいするだろうか」。

43 シモンがこたえてった、「おおくゆるしてもらったほうだとおもいます」。イエスがわれた、「あなたの判断はんだんただしい」。

44 それからおんなほういて、シモンにわれた、「このおんなないか。わたしがあなたのいえにはいってきたときに、あなたはあしあらみずをくれなかった。ところが、このおんななみだでわたしのあしをぬらし、かみでふいてくれた。

45 あなたはわたしに接吻せっぷんをしてくれなかったが、彼女かのじょはわたしがいえにはいったときから、わたしのあし接吻せっぷんをしてやまなかった。

46 あなたはわたしのあたまあぶらってくれなかったが、彼女かのじょはわたしのあし香油こうゆってくれた。

47 それであなたにうが、このおんなおおあいしたから、そのおおくのつみはゆるされているのである。すこしだけゆるされたものは、すこしだけしかあいさない」。

48 そしておんなに、「あなたのつみはゆるされた」とわれた。

49 すると同席どうせきものたちがこころなかいはじめた、「つみをゆるすことさえするこのひとは、いったい、何者なにものだろう」。

50 しかし、イエスはおんなにむかってわれた、「あなたの信仰しんこうがあなたをすくったのです。安心あんしんしてきなさい」。