ルカによる福音書23
    脚注

    第23章

    1 群衆ぐんしゅうはみなちあがって、イエスをピラトのところへれてった。

    2 そしてうったった、「わたしたちは、このひと国民こくみんまどわし、みつぎをカイザルにおさめることをきんじ、また自分じぶんこそおうなるキリストだと、となえているところを目撃もくげきしました」。

    3 ピラトはイエスにたずねた、「あなたがユダヤじんおうであるか」。イエスは「そのとおりである」とおこたえになった。

    4 そこでピラトは祭司長さいしちょうたちと群衆ぐんしゅうとにむかってった、「わたしはこのひとになんのつみもみとめない」。

    5 ところがかれらは、ますますいつのってやまなかった、「かれは、ガリラヤからはじめてこのところまで、ユダヤ全国ぜんこくにわたっておしえ、民衆みんしゅう煽動せんどうしているのです」。

    6 ピラトはこれをいて、このひとはガリラヤびとかとたずね、

    7 そしてヘロデの支配下しはいかのものであることをたしかめたので、ちょうどこのころ、ヘロデがエルサレムにいたのをさいわい、そちらへイエスをおくりとどけた。

    8 ヘロデはイエスを非常ひじょうよろこんだ。それは、かねてイエスのことをいていたので、ってたいとながいあいだおもっていたし、またイエスがなに奇跡きせきおこなうのをたいとのぞんでいたからである。

    9 それで、いろいろと質問しつもんこころみたが、イエスはなにもおこたえにならなかった。

    10 祭司長さいしちょうたちと律法りっぽう学者がくしゃたちとはって、はげしい語調ごちょうでイエスをうったえた。

    11 またヘロデはその兵卒へいそつどもと一緒いっしょになって、イエスを侮辱ぶじょくしたり嘲弄ちょうろうしたりしたあげく、はなやかな着物きものせてピラトへおくりかえした。

    12 ヘロデとピラトとは以前いぜんたがい敵視てきししていたが、このしたしいなかになった。

    13 ピラトは、祭司長さいしちょうたちと役人やくにんたちと民衆みんしゅうとを、あつめてった、

    14 「おまえたちは、このひと民衆みんしゅうまどわすものとしてわたしのところにれてきたので、おまえたちの面前めんぜんでしらべたが、うったているようなつみは、このひとすこしもみとめられなかった。

    15 ヘロデもまたみとめなかった。げんかれはイエスをわれわれにおくりかえしてきた。このひとはなんらあたるようなことはしていないのである。

    16 だから、かれをむちってから、ゆるしてやることにしよう」。

    17 まつりごとにピラトがひとりの囚人しゅうじんをゆるしてやることになっていた。〕

    18 ところが、かれらはいっせいにさけんでった、「そのひところせ。バラバをゆるしてくれ」。

    19 このバラバは、みやこおこった暴動ぼうどう殺人さつじんとのかどで、ごくとうぜられていたものである。

    20 ピラトはイエスをゆるしてやりたいとおもって、もう一かれらにびかけた。

    21 しかしかれらは、わめきたてて「十字架じゅうじかにつけよ、かれ十字架じゅうじかにつけよ」といつづけた。

    22 ピラトは三度目どめかれらにむかってった、「では、このひとは、いったい、どんな悪事あくじをしたのか。かれにはあたつみまったくみとめられなかった。だから、むちってからかれをゆるしてやることにしよう」。

    23 ところが、かれらは大声おおごえをあげてり、イエスを十字架じゅうじかにつけるように要求ようきゅうした。そして、そのこえった。

    24 ピラトはついにかれらのねがいどおりにすることに決定けっていした。

    25 そして、暴動ぼうどう殺人さつじんとのかどでごくとうぜられたものほうを、かれらの要求ようきゅうおうじてゆるしてやり、イエスのほうかれらにわたして、そののままにまかせた。

    26 かれらがイエスをひいてゆく途中とちゅう、シモンというクレネびと郊外こうがいからてきたのをとらえて十字架じゅうじかわせ、それをになってイエスのあとからかせた。

    27 おおぜいの民衆みんしゅうと、かなしみなげいてやまないおんなたちのれとが、イエスにしたがってった。

    28 イエスはおんなたちのほうりむいてわれた、「エルサレムのむすめたちよ、わたしのためにくな。むしろ、あなたがた自身じしんのため、また自分じぶん子供こどもたちのためにくがよい。

    29 不妊ふにんおんなまなかったたいと、ふくませなかった乳房ちぶさとは、さいわいだ』とが、いまにる。

    30 そのとき、人々ひとびとやまにむかって、われわれのうえたおれかかれとい、またおかにむかって、われわれにおおいかぶされとすであろう。

    31 もし、生木なまきでさえもそうされるなら、枯木かれきはどうされることであろう」。

    32 さて、イエスとともけいけるために、ほかにふたりの犯罪はんざいにんかれていった。

    33 されこうべとばれているところくと、人々ひとびとはそこでイエスを十字架じゅうじかにつけ、犯罪はんざいにんたちも、ひとりはみぎに、ひとりはひだりに、十字架じゅうじかにつけた。

    34 そのとき、イエスはわれた、「ちちよ、かれらをおゆるしください。かれらはなにをしているのか、わからずにいるのです」。人々ひとびとはイエスの着物きものをくじきでった。

    35 民衆みんしゅうってていた。役人やくにんたちもあざわらってった、「かれ他人たにんすくった。もしかれかみのキリスト、えらばれたものであるなら、自分じぶん自身じしんすくうがよい」。

    36 兵卒へいそつどももイエスをののしり、近寄ちかよってきていぶどうしゅをさししてった、

    37 「あなたがユダヤじんおうなら、自分じぶんすくいなさい」。

    38 イエスのうえには、「これはユダヤじんおう」といたふだがかけてあった。

    39 十字架じゅうじかにかけられた犯罪はんざいにんのひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分じぶんすくい、またわれわれもすくってみよ」と、イエスに悪口わるくちいつづけた。

    40 もうひとりは、それをたしなめてった、「おまえはおなけいけていながら、かみおそれないのか。

    41 たがい自分じぶんのやったことのむくいをけているのだから、こうなったのは当然とうぜんだ。しかし、このかたはなにわるいことをしたのではない」。

    42 そしてった、「イエスよ、あなたが御国みくに権威けんいをもっておいでになるときには、わたしをおもしてください」。

    43 イエスはわれた、「よくっておくが、あなたはきょう、わたしと一緒いっしょにパラダイスにいるであろう」。

    44 ときはもうひるの十二ごろであったが、太陽たいようひかりうしない、ぜんくらくなって、三およんだ。

    45 そして聖所せいじょまくがまんなかからけた。

    46 そのとき、イエスはこえたかさけんでわれた、「ちちよ、わたしのれいをみにゆだねます」。こうってついにいききとられた。

    47 百卒長ひゃくそつちょうはこの有様ありさまて、かみをあがめ、「ほんとうに、このひとただしいひとであった」とった。

    48 この光景こうけいあつまってきた群衆ぐんしゅうも、これらの出来事できごとて、みなむねちながらかえってった。

    49 すべてイエスをっていたものや、ガリラヤからしたがってきたおんなたちも、とおところって、これらのことをていた。

    50 ここに、ヨセフという議員ぎいんがいたが、善良ぜんりょうただしいひとであった。

    51 このひとはユダヤのまちアリマタヤの出身しゅっしんで、かみくにのぞんでいた。かれ議会ぎかい議決ぎけつ行動こうどうには賛成さんせいしていなかった。

    52 このひとがピラトのところへって、イエスのからだの引取ひきとかたねがて、

    53 それをりおろして亜麻布あまぬのつつみ、まだだれもほうむったことのない、いわってつくったはかおさめた。

    54 この準備じゅんびであって、安息日あんそくにちはじまりかけていた。

    55 イエスと一緒いっしょにガリラヤからきたおんなたちは、あとについてきて、そのはか、またイエスのからだがおさめられる様子ようすとどけた。

    56 そしてかえって、香料こうりょう香油こうゆとを用意よういした。それからおきてにしたがって安息日あんそくにちやすんだ。