ルカによる福音書18
    脚注

    第18章

    1 また、イエスは失望しつぼうせずにつねいのるべきことを、人々ひとびとたとえおしえられた。

    2 「あるまちに、かみおそれず、ひとひとともおもわぬ裁判官さいばんかんがいた。

    3 ところが、そのおなまちにひとりのやもめがいて、かれのもとにたびたびきて、『どうぞ、わたしをうったえるものをさばいて、わたしをまもってください』とねがいつづけた。

    4 かれはしばらくのあいだききれないでいたが、そののち、こころのうちでかんがえた、『わたしはかみをもおそれず、ひとひとともおもわないが、

    5 このやもめがわたしに面倒めんどうをかけるから、彼女かのじょのためになる裁判さいばんをしてやろう。そうしたら、えずやってきてわたしをなやますことがなくなるだろう』」。

    6 そこでしゅわれた、「この不義ふぎ裁判官さいばんかんっていることをいたか。

    7 ましてかみは、日夜にちやさけもとめる選民せんみんのために、ただしいさばきをしてくださらずにながあいだそのままにしておかれることがあろうか。

    8 あなたがたにっておくが、かみはすみやかにさばいてくださるであろう。しかし、ひとるとき、地上ちじょう信仰しんこうられるであろうか」。

    9 自分じぶん義人ぎじんだと自任じにんして他人たにん見下みさげているひとたちにたいして、イエスはまたこのたとえをおはなしになった。

    10 「ふたりのひといのるためにみやのぼった。そのひとりはパリサイびとであり、もうひとりは取税人しゅぜいにんであった。

    11 パリサイびとって、ひとりでこういのった、『かみよ、わたしはほかのひとたちのような貪欲どんよくもの不正ふせいもの姦淫かんいんをするものではなく、また、この取税人しゅぜいにんのような人間にんげんでもないことを感謝かんしゃします。

    12 わたしは一しゅうに二断食だんじきしており、ぜん収入しゅうにゅうの十ぶんの一をささげています』。

    13 ところが、取税人しゅぜいにんとおはなれてち、てんにむけようともしないで、むねちながらった、『神様かみさま罪人つみびとのわたしをおゆるしください』と。

    14 あなたがたにっておく。かみとされて自分じぶんいえかえったのは、この取税人しゅぜいにんであって、あのパリサイびとではなかった。おおよそ、自分じぶんたかくするものひくくされ、自分じぶんひくくするものたかくされるであろう」。

    15 イエスにさわっていただくために、人々ひとびとおさらをみもとにれてきた。ところが、弟子でしたちはそれをて、かれらをたしなめた。

    16 するとイエスはおさらをせてわれた、「おさらをわたしのところにるままにしておきなさい、めてはならない。かみくにはこのようなものくにである。

    17 よくいておくがよい。だれでもおさのようにかみくにけいれるものでなければ、そこにはいることはけっしてできない」。

    18 また、ある役人やくにんがイエスにたずねた、「よきよ、なにをしたら永遠えいえん生命せいめいけられましょうか」。

    19 イエスはわれた、「なぜわたしをよきものうのか。かみひとりのほかによいものはいない。

    20 いましめはあなたのっているとおりである、『姦淫かんいんするな、ころすな、ぬすむな、偽証ぎしょうてるな、ちちははとをうやまえ』」。

    21 するとかれった、「それらのことはみな、ちいさいときからまもっております」。

    22 イエスはこれをいてわれた、「あなたのすることがまだ一つのこっている。っているものをみなはらって、まずしい人々ひとびとけてやりなさい。そうすれば、てんたからつようになろう。そして、わたしにしたがってきなさい」。

    23 かれはこの言葉ことばいて非常ひじょうかなしんだ。大金持おおがねもちであったからである。

    24 イエスはかれ様子ようすわれた、「財産ざいさんのあるものかみくににはいるのはなんとむずかしいことであろう。

    25 んでいるものかみくににはいるよりは、らくだがはりあなとおほうが、もっとやさしい」。

    26 これをいた人々ひとびとが、「それでは、だれがすくわれることができるのですか」とたずねると、

    27 イエスはわれた、「ひとにはできないことも、かみにはできる」。

    28 ペテロがった、「ごらんなさい、わたしたちは自分じぶんのものをてて、あなたにしたがいました」。

    29 イエスはわれた、「よくいておくがよい。だれでもかみくにのために、いえつま兄弟きょうだい両親りょうしんてたものは、

    30 かならずこの時代じだいではそのいくばいもをけ、また、きたるべきでは永遠えいえん生命せいめいけるのである」。

    31 イエスは十二弟子でしせてわれた、「よ、わたしたちはエルサレムへのぼってくが、ひとについて預言者よげんしゃたちがしるしたことは、すべて成就じょうじゅするであろう。

    32 ひと異邦人いほうじんきわたされ、あざけられ、はずかしめをけ、つばきをかけられ、

    33 また、むちたれてから、ついにころされ、そして三によみがえるであろう」。

    34 弟子でしたちには、これらのことが何一なにひとつわからなかった。この言葉ことばかれらにかくされていたので、イエスのわれたこと理解りかいできなかった。

    35 イエスがエリコにちかづかれたとき、ある盲人もうじんみちばたにすわって、ものごいをしていた。

    36 群衆ぐんしゅうとおぎるおとみみにして、かれ何事なにごとがあるのかとたずねた。

    37 ところが、ナザレのイエスがおとおりなのだとかされたので、

    38 こえをあげて、「ダビデのイエスよ、わたしをあわれんでください」とった。

    39 先頭せんとう人々ひとびとかれをしかってだまらせようとしたが、かれはますますはげしくさけびつづけた、「ダビデのよ、わたしをあわれんでください」。

    40 そこでイエスはちどまって、そのものれてるように、とおめいじになった。かれちかづいたとき、

    41 「わたしになにをしてほしいのか」とおたずねになると、「しゅよ、えるようになることです」とこたえた。

    42 そこでイエスはわれた、「えるようになれ。あなたの信仰しんこうがあなたをすくった」。

    43 するとかれは、たちまちえるようになった。そしてかみをあがめながらイエスにしたがってった。これをて、人々ひとびとはみなかみをさんびした。