聖典
ルカによる福音書14
戻る 次へ

第14章

1 ある安息日あんそくにちのこと、食事しょくじをするために、あるパリサイのかしらのいえにはいってかれたが、人々ひとびとはイエスの様子ようすをうかがっていた。

2 するとそこに、水腫すいしゅをわずらっているひとが、みまえにいた。

3 イエスは律法りっぽう学者がくしゃやパリサイびとたちにむかってわれた、「安息日あんそくにちひとをいやすのは、ただしいことかどうか」。

4 かれらはだまっていた。そこでイエスはそのひといていやしてやり、そしておかえしになった。

5 それからかれらにわれた、「あなたがたのうちで、自分じぶんのむすこかうし井戸いどんだなら、安息日あんそくにちだからといって、すぐにげてやらないものがいるだろうか」。

6 かれらはこれにたいしてかえ言葉ことばがなかった。

7 きゃくまねかれたものたちが上座じょうざえらんでいる様子ようすをごらんになって、かれらに一つのたとえかたられた。

8 こんえんまねかれたときには、上座じょうざにつくな。あるいは、あなたよりも身分みぶんたかひとまねかれているかもれない。

9 その場合ばあい、あなたとそのひととをまねいたものがきて、『このかたにゆずってください』とうであろう。そのとき、あなたはって末座まつざにつくことになるであろう。

10 むしろ、まねかれた場合ばあいには、末座まつざってすわりなさい。そうすれば、まねいてくれたひとがきて、『ともよ、上座じょうざほうへおすすみください』とうであろう。そのとき、あなたはせきともにするみんなのまえで、面目めんぼくをほどこすことになるであろう。

11 おおよそ、自分じぶんたかくするものひくくされ、自分じぶんひくくするものたかくされるであろう」。

12 また、イエスは自分じぶんまねいたひとわれた、「午餐ごさんまたは晩餐ばんさんせきもうける場合ばあいには、友人ゆうじん兄弟きょうだい親族しんぞく金持かねもちとなびとなどはばぬがよい。おそらくかれらもあなたをまねきかえし、それであなたは返礼へんれいけることになるから。

13 むしろ、宴会えんかいもよお場合ばあいには、貧乏人びんぼうにん不具者ふぐしゃあしなえ、盲人もうじんなどをまねくがよい。

14 そうすれば、かれらは返礼へんれいができないから、あなたはさいわいになるであろう。ただしい人々ひとびと復活ふっかつさいには、あなたはむくいられるであろう」。

15 列席者れっせきしゃのひとりがこれをいてイエスに「かみくに食事しょくじをするひとは、さいわいです」とった。

16 そこでイエスがわれた、「あるひと盛大せいだい晩餐ばんさんかいもよおして、おおぜいのひとまねいた。

17 晩餐ばんさん時刻じこくになったので、まねいておいたひとたちのもとにしもべおくって、『さあ、おいでください。もう準備じゅんびができましたから』とわせた。

18 ところが、みんな一様いちようことわりはじめた。最初さいしょひとは、『わたしは土地とちいましたので、ってなければなりません。どうぞ、おゆるしください』とった。

19 ほかのひとは、『わたしは五ついうしいましたので、それをしらべにくところです。どうぞ、おゆるしください』、

20 もうひとりのひとは、『わたしはつまをめとりましたので、まいることができません』とった。

21 しもべかえってきて、以上いじょうこと主人しゅじん報告ほうこくした。するといえ主人しゅじんはおこってしもべった、『いますぐに、まち大通おおどおりや小道こみちって、貧乏人びんぼうにん不具者ふぐしゃ盲人もうじんあしなえなどを、ここへれてきなさい』。

22 しもべった、『ご主人様しゅじんさまおおせのとおりにいたしましたが、まだせきがございます』。

23 主人しゅじんしもべった、『みちやかきねのあたりにって、このいえがいっぱいになるように、人々ひとびと無理むりやりにひっぱってきなさい。

24 あなたがたにってくが、まねかれたひとで、わたしの晩餐ばんさんにあずかるものはひとりもないであろう』」。

25 おおぜいの群衆ぐんしゅうがついてきたので、イエスはかれらのほういてわれた、

26 「だれでも、ちちははつま兄弟きょうだい姉妹しまい、さらに自分じぶんいのちまでもてて、わたしのもとにるのでなければ、わたしの弟子でしとなることはできない。

27 自分じぶん十字架じゅうじかうてわたしについてるものでなければ、わたしの弟子でしとなることはできない。

28 あなたがたのうちで、だれかが邸宅ていたくてようとおもうなら、それを仕上しあげるのにりるだけのかねっているかどうかをるため、まず、すわってその費用ひよう計算けいさんしないだろうか。

29 そうしないと、土台どだいをすえただけで完成かんせいすることができず、ているみんなのひとが、

30 『あのひとてかけたが、仕上しあげができなかった』とってあざわらうようになろう。

31 また、どんなおうでも、ほかのおうたたかいをまじえるために場合ばあいには、まずして、こちらの一万人まんにんをもって、二万人まんにんひきいてかっててき対抗たいこうできるかどうか、かんがえてないだろうか。

32 もし自分じぶんちからにあまれば、てきがまだとおくにいるうちに、使者ししゃおくって、もとめるであろう。

33 それとおなじように、あなたがたのうちで、自分じぶん財産ざいさんをことごとくるものでなくては、わたしの弟子でしとなることはできない。

34 しおいものだ。しかし、しおもききめがなくなったら、なにによって塩味しおあじりもどされようか。

35 つちにも肥料ひりょうにもやくたず、そとてられてしまう。みみのあるものはくがよい」。