モロナイ書 9
    脚注

    モルモン​が​むす​モロナイ​に​あてた​だい二​の​がみ

    つぎ​の​だい九​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

    第​9​章

    ニーファイじん​も​レーマンじん​も​ともに​じゃあく​に​なり、らく​して​いる。かれら​は​たがいに​くるしめ​い、ころし​う。モルモン、めぐみ​と​いつくしみ​が​とこしえ​に​モロナイ​に​ある​よう​に​いのる。げんやく​四百一​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 あいする​わが​​よ、わたし​は​ぶん​が​まだ​きて​いる​こと​を​らせる​ため​に​また​あなた​に​いて​いる。しかし、かなしい​こと​を​しょうく​こと​に​なる。

    2 よ、わたし​は​レーマンじん​と​はげしい​たたかい​を​した​が、しょう​は​なかった。アルキアンタス​は​つるぎ​に​たおれ、ルラム​と​エムロン​も​たおれた。また、わたしたち​は​ゆうしゅう​な​へい​を​すううしなって​しまった。

    3 ​さて​よ、わが​​よ、わたし​は​レーマンじん​が​この​たみ​を​ほろぼして​しまう​の​で​は​ない​か​と​おそれて​いる。この​たみ​が​あらためず、サタン​が​えず​この​たみ​を​あおり​てて、たがい​を​いかる​よう​に​けて​いる​から​で​ある。

    4 よ、わたし​は​えず​かれら​に​はたらきかけて​いる。しかし、わたし​が​きびしく​かみ​の​こと​を​げる​と、かれら​は​​を​ふるわせて​わたし​に​たいして​いかり、また、わたし​が​きびしく​わない​と、かみ​の​こと​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する。だから​わたし​は、しゅ​の​たま​が​すでに​かれら​を​はげます​の​を​やめて​いる​の​で​は​ない​か​と​心配しんぱい​して​いる。

    5 かれら​は、​を​も​おそれない​と​える​ほど​に​ひどく​いかって​いる。たがいに​たいする​あい​を​すでに​うしなって​おり、いつも​​と​ほうふく​を​渇望かつぼう​して​いる。

    6 ​さて、あいする​わが​​よ、かれら​が​かたくな​で​あって​も、わたしたち​は​ちから​を​くそう。はたらく​こと​を​やめれ​ば、わたしたち​は​つみ​の​せんこく​を​ける​に​ちがいない。わたしたち​に​は、あらゆる​​の​てき​を​やぶって、かみ​の​おうこく​で​あんそく​を​る​ため​に、この​つち​の​まく​に​宿やどって​いる​あいだ​に​たさなければ​ならない​つとめ​が​ある​から​で​ある。

    7 ​さて、わたし​は​この​たみ​の​こうむって​いる​なん​に​ついて​すこし​こう。わたし​が​アモーロン​から​けた​らせ​に​よれ​ば、よ、レーマンじん​に​は​シェライザ​の​とう​から​れ​った​おおく​の​りょ​が​いる​と​の​こと​で​ある。りょ​は、おとこ​も​いれ​ば​おんな​も​おり、ども​も​いた。

    8 ​そして​レーマンじん​は、おんなども​の​おっと​や​父親ちちおや​を​ころして、おっと​の​にく​を​つま​に、父親ちちおや​の​にく​を​ども​に​べ​させ、また​みず​は​ほんの​すこし​しか​あたえて​いない。

    9 ​レーマンじん​の​おこない​は、この​よう​に​ひどく​まわしい​もの​で​は​ある​が、モリアンタム​で​の​わたしたち​の​たみ​の​おこない​は​それ​じょう​で​ある。よ、わたしたち​の​たみ​は​レーマンじん​の​おおく​の​むすめ​たち​を​りょ​に​し、あらゆる​もの​に​まさって​もっとも​大切たいせつ​で​とうとい​もの、すなわち​純潔じゅんけつ​と​とく​を​うばった​のち

    10 かれら​は​この​よう​な​こと​を​した​のちじょう​に​むごい​ほうほう​で​彼女かのじょ​たち​を​なぶり​ごろし​に​した。そして、かれら​は​そう​した​のちこころ​が​かたくな​で​あった​ので、じゅう​の​よう​に​その​むすめ​たち​の​にく​を​べて​しまい、それ​を​ゆう​の​ある​しょう​と​して​いる。

    11 ​おお、あいする​わが​​よ、どうして​この​よう​な​ばん​な​たみ​に​たいして、

    12 (わずか​すうねんまえ​まで、かれら​は​れいただしい​よろこばしい​たみ​で​あった​が)

    13 ​おお、わが​​よ、どうして​この​よう​に​ひどい​まわしい​おこない​を​よろこび​と​する​この​よう​な​たみ​に​たいして、

    14 ​どうして​この​よう​な​わたしたち​に​たいして、かみ​が​さばき​の​​を​​とどめて​くださる​など​と​たい​できよう​か。

    15 よ、わたし​の​こころ​は、『この​たみ​は​わざわい​だ。おお、かみ​よ、さばき​を​くだして、この​たみ​の​つみ​と​あく​と​まわしい​おこない​を、あなた​の​まえ​から​かくして​ください』​と​さけんで​いる。

    16 ​また、わが​​よ、シェライザ​に​は​おおく​の​​やもめ​と​その​むすめ​たち​が​のこって​いる。レーマンじん​が​はこび​らなかった​食糧しょくりょう​は、よ、すでに​ゼネファイ​の​ぐんたい​が​はこび​って​しまい、やもめ​たち​と​その​むすめ​たち​は、もの​を​もとめて​さまよう​まま​に​ほう​されて​いる。そして​おおく​の​老女ろうじょ​たち​は、だおれ​に​なり​んで​いる。

    17 ​また、わたし​と​ともに​いる​ぐんたい​は​よわく、しかも​レーマンじん​の​ぐんたい​が​シェライザ​と​わたし​の​あいだ​に​いる。これまで​​アロン​の​ぐんたい​に​んで​った​もの​は​みなかれら​の​おそろしい​蛮行ばんこう​の​せい​と​なった。

    18 ​おお、わたし​の​たみ​は​なんと​らく​した​こと​か。かれら​に​は​ちつじょ​も​なく、なさけ​も​ない。よ、わたし​は​ただ​の​ひと​で​あり、わたし​に​は​ひと​の​人間にんげん​として​の​ちから​しか​ない。わたし​は​もはや​命令めいれい​を​じっこう​させる​こと​は​できない。

    19 かれら​は​じゃあく​の​​を​し、みなおなじ​よう​に​残忍ざんにん​に​なり、老若ろうにゃく​の​べつ​なく​だれ​の​いのち​も​たすけない。また、かれら​は​い​こと​で​なければ​どんな​こと​で​も​よろこぶ。この​​の​全面ぜんめん​で​ニーファイじん​の​おんなども​の​こうむって​いる​なん​は、あらゆる​もの​を​えて​おり、まことに、筆舌ひつぜつ​に​くし​がたい。

    20 ​さて、わが​​よ、わたし​は​この​すさまじい​ありさま​に​ついて​は​もう​べない。よ、あなた​は​この​たみ​の​あく​を​って​おり、また​かれら​が​どうしん​の​ない、こころ​の​にぶい​たみ​で​ある​こと​も​って​いる。かれら​の​あく​は​レーマンじん​の​あく​を​えて​いる。

    21 よ、わが​​よ、わたし​は​かみ​に​たれる​の​を​おそれて、この​たみ​を​かみ​に​推薦すいせん​する​こと​が​できない。

    22 ​しかし​よ、わが​​よ、あなた​の​こと​は​かみ​に​推薦すいせん​しよう。わたし​は、あなた​が​すくわれる​で​あろう​と​いう​こと​に​ついて​は、キリスト​に​しんらい​を​せて​いる。また、かみ​が​あなた​の​いのち​を​たすけて、かみ​の​たみ​が​かみ​に​ち​かえる​ところ​を、あるいは​かれら​が​完全かんぜん​に​ほろびる​ところ​を、あなた​に​せて​くださる​よう​に、わたし​は​かみ​に​いのって​いる。かれら​が​あらためて​かみ​に​ち​かえらなければ、かならず​ほろびる​こと​を​って​いる​から​で​ある。

    23 ​もし​かれら​が​ほろびる​と​すれ​ば、それ​は​ヤレドじん​と​どうよう​で​あり、かれら​が​ごうじょう​で​あって、かれら​が​​と​ほうふく​を​もとめて​そう​なる​の​で​ある。

    24 ​また、もし​かれら​が​ほろびる​なら​ば、わたしたち​が​って​いる​よう​に、わたしたち​の​同胞はらから​の​おおく​が​すでに​レーマンじん​の​もと​に​だっそう​して​った​が、もっと​おおく​の​もの​が​レーマンじん​の​もと​に​だっそう​して​く​で​あろう。ところで、もし​あなた​が​いのち​を​たすけられ、わたし​が​んで​あなた​に​えない​よう​で​あれ​ば、すこし​しるし​なさい。しかし​わたし​は、もう​すぐ​あなた​に​える​と​かくしん​して​いる。あなた​に​わたしたい​神聖しんせい​な​ろく​を​って​いる​から​で​ある。

    25 ​わが​​よ、キリスト​に​ちゅうじつ​で​あり​なさい。わたし​の​いた​こと​を​かなしんで、ち​ひしがれて​ぬ​こと​の​ない​よう​に。キリスト​に​ささえられて、キリスト​の​くるしみ​と​​と、キリスト​が​わたしたち​の​せん​に​ぶん​の​からだ​を​しめされた​こと​と、キリスト​の​あわれみ​と​寛容かんよう​と、キリスト​の​えいこう​と​永遠えいえん​の​いのち​と​を​ねがう​のぞみ​が、とこしえ​に​あなた​の​こころ​の​なか​に​とどまる​よう​に。

    26 てん​の​たかい​ところ​に​ある​おう​に​いて​おられる​ちち​なる​かみ​の​めぐみ​と、また​万物ばんぶつ​が​したがう​まで​かみ​の​みぎ​に​する​しゅ​イエス・​キリスト​の​めぐみ​が、とこしえ​に​あなた​と​ともに​ある​よう​に。アーメン。」