モルモン書 9
    脚注

    第​9​章

    モロナイ、キリスト​を​しんじて​いない​もの​に​あらためる​よう​に​びかける。ちゅうじつ​な​もの​に​数々かずかず​の​けい​を​あたえ、数々かずかず​の​賜物たまもの​と​しるし​を​そそいで​くださる​せき​の​かみ​に​ついて​宣言せんげん​する。しんこう​の​ため​に​せき​は​やむ。しんじる​もの​に​は​しるし​が​ともなう。かしこく​あって​いましめ​を​まもる​よう​に、人々ひとびと​に​かんこく​が​あたえられる。げんやく​四百一​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​は、キリスト​を​しんじて​いない​もの​に​ついて​も​かたろう。

    2 よ、あなたがた​は​刑罰けいばつ​の​​に​しんじる​の​で​あろう​か。しゅ​が​られる​とき​に、すなわち、だい​が​もの​の​よう​に​かれて、しょげん​が​こくねつ​に​かされる​あの​おおいなる​​に、まことに、あなたがた​が​かみ​の​ひつじ​の​まえ​に​たされる​あの​おおいなる​​に、あなたがた​は​かみ​は​いない​と​う​で​あろう​か。

    3 ​その​とき、まだ​あなたがた​は​キリスト​を​てい​する​で​あろう​か。あるいは、あなたがた​は​かみ​の​ひつじ​を​る​の​に​えられる​で​あろう​か。あなたがた​は、ぶん​に​つみ​の​しき​の​ある​まま​で、かみ​の​ひつじ​と​ともに​める​と​おもう​か。あなたがた​は、かみ​の​ひつじ​の​りっぽう​を​みにじった​と​いう​つみ​の​しき​に​くるしんで​いながら、あの​せい​なる​かた​と​ともに​しあわせ​に​らせる​と​おもう​の​か。

    4 よ、あなたがた​に​う​が、せい​なる​こうせい​な​かみ​の​まえ​に​ぶん​は​けがれて​いる​と​いう​しき​の​ある​まま​で、かみ​と​ともに​む​とき​の​さん​は、ごく​で​ばつ​の​さだめ​を​けて​いる​もの​たち​と​ともに​む​とき​の​さん​より​も​ひどい​で​あろう。

    5 よ、あなたがた​が、ぶん​が​かみ​の​まえ​で​はだか​で​ある​の​を​せられ、また​かみ​の​えいこう​と​イエス・​キリスト​の​神聖しんせいさ​を​せられる​とき、あなたがた​の​うえ​に​す​こと​の​できない​​の​ほのお​が​さかる​こと​で​あろう。

    6 ​おお、だから、しんこう​の​ない​もの​たち​よ、しゅ​に​ち​かえり​なさい。ひつじ​の​​に​よって​きよめられて、あの​おおいなる​わり​の​​に​み​が​なく、きよく、うつくしく、けっぱく​で​ある​と​みとめられる​よう​に、イエス​の​​に​よって​熱烈ねつれつ​に​御父おんちち​に​さけび​もとめ​なさい。

    7 ​さらに、かみ​の​けい​を​てい​して、けい​は​やんで​しまった、いま​は​けい​も、げん​も、賜物たまもの​も、いやし​も、げん​で​かたる​こと​も、げん​の​解釈かいしゃく​も​ない​と​う​あなたがた​に​わたし​は​げる。

    8 よ、あなたがた​に​う​が、これら​の​こと​を​てい​する​もの​は、キリスト​の​ふくいん​を​らない​もの、まことに、聖文せいぶん​を​んだ​こと​の​ない​もの​で​ある。もし​んだ​こと​が​あれ​ば、聖文せいぶん​を​かい​して​いない。

    9 かみ​は​昨日き の う​も、今日き ょ う​も、とこしえ​に​わらない​かた​で​あり、また​かみ​に​は​へん​も​へん​の​きざし​も​ない​と​いう​こと​を​んで​いない​の​か。

    10 ​さて、もし​あなたがた​が​わる​こと​の​ある​かみ​や、わる​きざし​の​ある​かみ​を​そうぞう​して​いる​なら​ば、あなたがた​は​せき​の​かみ​で​は​ない​かみ​を​そうぞう​して​いる​の​で​ある。

    11 ​しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​せき​の​かみ、すなわち​アブラハム​の​かみ、イサク​の​かみ、ヤコブ​の​かみ​に​ついて​あきらか​に​しよう。せき​の​かみ​は、てん​と​その​なか​に​ある​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された​あの​かみ​で​ある。

    12 よ、かみ​は​アダム​を​つくられた。そして、​アダム​に​よって​ひと​の​らく​が​しょうじ、ひと​の​らく​の​ため​に​イエス・​キリスト、すなわち​御父おんちち​で​あり​おん​で​ある​かた​が​られた。そして、イエス・​キリスト​に​よって​ひと​の​あがない​が​もたらされた。

    13 ​そして、イエス・​キリスト​に​より​ひと​に​もたらされた​あがない​の​おかげ​で、ひと​は​しゅ​の​まえ​に​れ​もどされる。まことに、これ​が​すべて​の​ひと​の​あがなわれる​ほうほう​で​ある。キリスト​の​​は​ふっかつ​を​もたらし、ふっかつ​は​きゅう​の​ねむり​から​の​あがない​を​もたらし、すべて​の​ひと​は、ラッパ​が​る​とき​に、かみ​の​ちから​に​よって​その​ねむり​から​こされる。そして​ひと​は、ちいさな​もの​も​おおいなる​もの​も​て​て、すべて​の​ひと​が​にくたい​の​​で​ある​この​永遠えいえん​の​​の​なわ​から​あがなわれ、はなされて、キリスト​の​法廷ほうてい​に​つ。

    14 いで、せいじゃ​の​さばき​が​かれら​に​くだる。それから、けがれて​いる​もの​は​けがれて​いる​まま​に​なり、​に​かなった​もの​は​​に​かなった​じょうたい​に​とどまり、しあわせ​な​もの​は​しあわせ​な​まま​に​なり、こう​な​もの​は​こう​な​まま​に​なる​とき​が​る。

    15 ​さて、おお、せき​を​おこなえない​かみ​を​こころ​に​えがいて​きた​すべて​の​ひと​よ、わたし​は​あなたがた​に​たずねたい。わたし​が​べて​きた​これら​の​こと​は​すべて​こった​か。わり​は​もう​た​か。よ、まだ​で​ある​と、あなたがた​に​こたえよう。また、かみ​は​せき​の​かみ​で​ある​こと​を​やめて​は​おられない。

    16 よ、かみ​が​おこなって​こられた​こと​は、わたしたち​の​​に​おどろく​べき​もの​で​は​ない​だろう​か。また、だれ​が​かみ​の​おどろく​べき​わざ​を​さとれる​で​あろう​か。

    17 かみ​の​こと​に​よって​てん​と​​が​ある​こと、また​かみ​の​こと​の​ちから​に​よって、ひと​が​​の​​ちり​から​つくられた​こと​を、せき​で​は​ない​と​う​もの​は​だれ​で​あろう​か。かみ​の​こと​の​ちから​に​よって、せき​が​おこなわれて​こなかった​で​あろう​か。

    18 ​イエス・​キリスト​が​おおく​の​だい​な​せき​を​おこなわれなかった​と​う​もの​は、だれ​で​あろう​か。使​たち​の​​に​よって​おこなわれた​おおきな​せき​も​たくさん​あった。

    19 ​その​とう​に​数々かずかず​の​せき​が​おこなわれた​の​で​あれ​ば、どうして​かみ​は​せき​の​かみ​で​ある​こと​を​やめられた​の​で​あろう​か。それ​で​いて、わらない​かた​で​ある​と​える​で​あろう​か。よ、あなたがた​に​う​が、かみ​は​わって​は​おられない。もし​わって​おられる​と​すれ​ば、かみ​は​かみ​で​ある​こと​を​やめられた​の​で​あろう。しかし、かみ​は​かみ​で​ある​こと​を​やめて​は​おられず、いま​も​せき​の​かみ​で​あられる。

    20 かみ​が​ひと​の​ら​の​なか​で​せき​を​おこなう​の​を​やめられる​の​は、かれら​が​しんこう​に​おちいり、ただしい​みち​から​はなれ、たよる​べき​かみ​を​らない​ため​で​ある。

    21 よ、あなたがた​に​う​が、なにも​うたがわないで​キリスト​を​しんじる​もの​に​は、キリスト​の​​に​よって​御父おんちち​に​もとめる​もの​は​なんでも​あたえられる​で​あろう。この​やくそく​は​すべて​の​ひと​に、すなわち​​の​て​まで​およぶ​もの​で​ある。

    22 よ、かみ​の​おん​イエス・​キリスト​は、群衆ぐんしゅう​の​いて​いる​ところ​で、この​に​とどまる​こと​に​なって​いた​ぶん​の​​たち​と、ほか​の​すべて​の​​たち​に​つぎ​の​よう​に​われた。「ぜんかい​に​て​って、すべて​の​つくられた​もの​に​ふくいん​を​べ​つたえ​なさい。

    23 しんじて​バプテスマ​を​ける​もの​は​すくわれる。しかし、しんじない​もの​は​ばつ​の​さだめ​を​ける。

    24 しんじる​もの​に​は​つぎ​の​よう​な​​しるし​が​ともなう。すなわち、かれら​は​わたし​の​​に​よって​あくれい​を​し、あたらしい​こと​を​かたり、へび​を​げる​で​あろう。また​かれら​は、どく​を​んで​も​がい​を​けない。かれら​が​びょうにん​に​​を​け​ば、びょうにん​は​快復かいふく​する。

    25 なにも​うたがわないで​わたし​の​​を​しんじる​もの​に、わたし​は​ぶん​の​こと​が​たしか​で​ある​こと​を​しょうめい​する。​の​て​に​いたる​まで、その​とおり​に​する。」

    26 ​さて​よ、だれ​が​しゅ​の​わざ​に​かえる​で​あろう​か。​だれ​が​しゅ​の​われた​こと​を​てい​できる​で​あろう​か。だれ​が​しゅ​の​ぜんのう​の​ちから​に​反抗はんこう​して​てる​で​あろう​か。しゅ​の​わざ​を​あなどる​もの​が​だれか​いる​で​あろう​か。キリスト​の​ら​を​あなどる​もの​が、だれか​いる​で​あろう​か。よ、しゅ​の​わざ​を​あなどる​すべて​の​もの​よ、あなたがた​は​あやしみ、そして​ほろびる​で​あろう。

    27 ​おお、だから、あなどって​は​ならない。あやしんで​は​ならない。しゅ​の​こと​に​き​したがい​なさい。そして、あなたがた​が​ひつよう​と​して​いる​もの​は​なんでも、イエス​の​​に​よって​御父おんちち​に​もとめ​なさい。うたがって​は​ならない。しんじ​なさい。むかし​の​よう​に​なり、こころ​を​くして​しゅ​の​もと​に​て、しゅ​の​まえ​に​おそれ​おののいて、ぶん​の​すくい​を​達成たっせい​しなさい。

    28 ためし​の​生涯しょうがい​に​あって​かしこく​あり​なさい。あらゆる​けがれ​を​のぞき​なさい。もとめる​もの​を​ぶん​の​よくぼう​の​ため​に​えき​な​もの​に​せず、むしろ​どんな​ゆうわく​に​も​けないで、まこと​の​ける​かみ​に​つかえよう​と​いう、かっ​と​した​けつ​を​もって​もとめ​なさい。

    29 ​あなたがた​は、​ふさわしくない​まま​で​バプテスマ​を​ける​こと​の​ない​よう​に​しなさい。​ふさわしくない​まま​で​キリスト​の​せいさん​を​けない​よう​に​しなさい。むしろ​あなたがた​は、​ふさわしい​じょうたい​で​すべて​の​こと​を​おこない、しかも、ける​かみ​の​おん​イエス・​キリスト​の​​に​よって​おこなう​よう​に​しなさい。この​よう​に​おこない、さい​まで​しのぶ​なら​ば、あなたがた​は​けっして​される​こと​は​ない​で​あろう。

    30 よ、わたし​は​いましゃ​の​なか​から​かたって​いる​か​の​よう​に​あなたがた​に​べて​いる。わたし​は​あなたがた​が​将来しょうらい、わたし​の​こと​を​​に​れる​こと​を​って​いる​から​で​ある。

    31 完全かんぜん​な​ところ​が​ある​から​と​いう​こと​で、わたし​を​なん​して​は​ならない。わたし​の​ちち​を​も、完全かんぜん​な​ところ​が​ある​から​と​いう​こと​で​なん​して​は​ならない​し、ちち​より​も​まえ​に​しるして​きた​人々ひとびと​も、なん​して​は​ならない。むしろ​これまで​の​わたしたち​より​も、あなたがた​が​もっと​かしこく​なれる​よう​に​と、わたしたち​の​完全かんぜん​な​ところ​を​あなたがた​に​あきらか​に​して​くださった​かみ​に、感謝かんしゃ​しなさい。

    32 ​さて​よ、わたしたち​は、わたしたち​の​なか​で​改良かいりょう​エジプト​​と​ばれて​いる​​で、わたしたち​の​って​いる​こと​に​したがって​この​ろく​を​いて​きた。この​​は、わたしたち​に​つたえられ、わたしたち​の​こと​の​使つかかた​に​おうじて​えられた​もの​で​ある。

    33 ​もし​わたしたち​の​はん​が​十分じゅうぶん​に​おおきかった​なら​ば、わたしたち​は​ヘブライ​で​しるした​で​あろう。しかし、ヘブライ​も​わたしたち​に​よって​えられて​きた。もし​わたしたち​が​ヘブライ​で​しるせた​なら​ば、よ、わたしたち​の​ろく​は​完全かんぜん​な​ところ​が​まったく​なかった​で​あろう。

    34 ​しかし​しゅ​は、わたしたち​が​しるして​きた​こと​を​ぞんじ​で​あり、また​わたしたち​の​げん​を​って​いる​たみ​は​ほか​に​ない​と​いう​こと​も、ぞんじ​で​ある。そして、わたしたち​の​げん​を​って​いる​たみ​は​ほか​に​ない​ので、しゅ​は​わたしたち​の​げん​を​ほんやく​する​しゅだん​を​そなえられた。

    35 ​また、これら​の​こと​を​しるした​の​は、しんこう​に​おちいった​同胞はらから​の​​が、わたしたち​の​ころも​に​りかかる​の​を​ける​ため​で​ある。

    36 よ、わたしたち​が​同胞はらから​に​ついて​のぞんで​きた​これら​の​こと、まことに、かれら​が​ふたたび​キリスト​に​ついて​る​こと​が​できる​よう​に​する​こと​は、この​​に​んで​いた​すべて​の​せい​たち​の​いのり​に​かなって​いる。

    37 しゅ​イエス・​キリスト​が、しんこう​に​おうじて​かれら​の​いのり​を​とどけて​くださる​よう​に。また​ちち​なる​かみ​が、イスラエル​の​いえ​と​わされた​せいやく​を​おもこして​くださる​よう​に。そして、ちち​なる​かみ​が​かれら​を、イエス・​キリスト​の​​を​しんじる​しんこう​に​よって、とこしえ​に​しゅくふく​して​くださる​よう​に。アーメン。