ヤコブ書1
戻る 次へ

ヤコブしょ
ニーファイのおとうとヤコブのしょ

同胞はらからおしえるヤコブのこと。ヤコブ,キリストのきょうくつがえそうとするおとこせる。ニーファイのたみれきについてのこと

第1章

ヤコブとヨセフ,キリストをしんじてキリストのいましめをまもるようにひとびとすすめる。ニーファイの。ニーファイじんなかあくひろがる。げんぜんやく五百四十四ねんから四百二十一ねんいたる。

1 さてよ,リーハイがエルサレムをったときからもはや五十五ねんった。そして,ニーファイはわたしヤコブに,これらのことがらきざまれているちいさいはんについてあたえた。

2 かれはまたわたしヤコブに,いちばんとうといとおもうわずかなことだけをこのはんしるすこと,またニーファイのたみばれるこのたみれきについては,すこししかれてはならないことをめいじた。

3 ニーファイは,かれたみれきかれのほかのはんきざまなければならないこと,そしてこのちいさいはんはわたしがぞんして,わたしのそんつたえなければならないことをげた。

4 またしんせいせっきょうじゅうようけい,あるいはげんがあれば,それらのようてんをこのはんきざむように,そしてキリストのため,またわたしたちのたみのためにできるだけおおしるすようにとった。

5 わたしたちはしんこうち,またたみのことをおおいにしんぱいしていたので,しょうらいかれらになにこるかが,すでにあきらかにされていた。

6 また,わたしたちはおおくのけいけ,じゅうぶんげんれいさずかっていたので,しょうらいられるキリストのことも,しょうらいきずかれるキリストのおうこくのこともっていた。

7 それゆえ,わたしたちは,たみかみあんそくはいるようにするために,たみなかねっしんはたらいて,キリストのもとにかみいつくしみにあずかるようにかれらにすすめた。もしたみがそうしなければ,かつてイスラエルのらがにいたれんかみいかりをこしたときのように,かみはげしいいかりをしめして,わたしたちのたみあんそくはいってはならないとちかいをされるおそれがあったからである。

8 それで,わたしたちがかみねがったのは,すべてのひとかみそむことやかみいからせることをせず,キリストをしんじ,キリストのについてかんがえ,キリストのじゅうい,はずかしめをにんたいするよう,わたしたちがかれらをせっとくできるようにということであった。それゆえ,わたしヤコブは,あにニーファイからめいじられたことをたすせきにんけるのである。

9 ところで,ニーファイはとしってきて,ぶんちかいことをった。それでかれ一人ひとりおとこあぶらそそぎ,かれおうたちとうしたがってそのたみおさめるおうとし,とうしゃとした。

10 たみはニーファイをじょうあいしていた。ニーファイはかれらのだいまもであり,かれらをまもるためにラバンのつるぎるい,しょうがいたみさいわいのためにはたらいてきたからである。

11 そのために,たみかれおくにとどめておきたいとねがった。それでたみは,ニーファイにわっておさめるものを,それがだれであろうと,おうたちのとうしたがって,ニーファイ二せい,ニーファイ三せいなどとんだ。かれらのじっさいがどうであろうと,たみはこのようにんだのである。

12 そして,ニーファイはんだ。

13 さて,レーマンじんでないたみニーファイじんであったが,たみはそれぞれニーファイじん,ヤコブじん,ヨセフじんゾーラムじん,レーマンじん,レムエルじん,イシマエルじんばれた。

14 しかし,わたしヤコブは,こんこのようなたみべつしない。ニーファイのたみほろぼそうとするものをレーマンじん,ニーファイにこうっているものニーファイじん,すなわち,おうたちのとうしたがってニーファイのたみぶ。

15 さて,二だいおうせいになって,ニーファイのたみだいこころをかたくなにしはじめ,しょうあくしゅうにふけるようになった。そのあくしゅうとは,むかしダビデとむすソロモンが,おおくのつまとそばめをこのんだようなことである。

16 そのうえかれらは,おおくのきんぎんさがもとめるようになり,またしょうこうまんになりはじめた。

17 それで,わたしヤコブは,すでにしゅからつとたくされていたので,しん殿でんおしえをいたときにつぎことかれらにげた。

18 わたしヤコブとおとうとヨセフは,ニーファイのによってこのたみさいきょうにんじられていたからである。

19 そしてわたしたちは,もしぶんたちがちからかぎかみことたみおしえなければ,たみつみぶんたちのこうべけるというかくせきにんけたので,しゅたいしてぶんたちのつととうとんでおおいなるものとした。そしてわたしたちは,たみがわたしたちのころもにかかることのないように,ちからかぎはたらいた。そうしなければ,かれらのがわたしたちのころもにかかって,わたしたちはわりのみのないものとはみとめられないであろう。