ヤコブ書 1
    脚注

    ヤコブしょ
    ニーファイ​の​おとうと​ヤコブ​の​しょ

    同胞はらから​に​き​おしえる​ヤコブ​の​こと。ヤコブ、キリスト​の​きょう​を​くつがえそう​と​する​おとこ​を​い​せる。ニーファイ​の​たみ​の​れき​に​ついて​の​こと

    第​1​章

    ヤコブ​と​ヨセフ、キリスト​を​しんじて​キリスト​の​いましめ​を​まもる​よう​に​人々ひとびと​に​き​すすめる。ニーファイ​の​。ニーファイじん​の​なか​に​あく​が​ひろがる。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、リーハイ​が​エルサレム​を​った​とき​から​もはや​五十五​ねん​が​った。そして、ニーファイ​は​わたし​​ヤコブ​に、これら​の​ことがら​が​きざまれて​いる​ちいさい​はん​に​ついて​​を​あたえた。

    2 かれ​は​また​わたし​ヤコブ​に、いちばん​とうとい​と​おもう​わずか​な​こと​だけ​を​この​はん​に​しるす​こと、また​ニーファイ​の​たみ​と​ばれる​この​たみ​の​れき​に​ついて​は、すこし​しか​れて​は​ならない​こと​を​めいじた。

    3 ​ニーファイ​は、かれ​の​たみ​の​れき​は​かれ​の​ほか​の​はん​に​きざま​なければ​ならない​こと、そして​この​ちいさい​はん​は​わたし​が​ぞん​して、​わたし​の​そん​に​つたえ​なければ​ならない​こと​を​げた。

    4 ​また​神聖しんせい​な​せっきょう​や​じゅうよう​な​けい、あるいは​げん​が​あれ​ば、それら​の​ようてん​を​この​はん​に​きざむ​よう​に、そして​キリスト​の​ため、また​わたしたち​の​たみ​の​ため​に​できる​だけ​おおく​しるす​よう​に​と​った。

    5 ​わたしたち​は​しんこう​を​ち、また​たみ​の​こと​を​おおいに​心配しんぱい​して​いた​ので、将来しょうらいかれら​に​なに​が​こる​か​が、すでに​あきらか​に​されて​いた。

    6 ​また、わたしたち​は​おおく​の​けい​を​け、十分じゅうぶん​な​げん​の​れい​を​さずかって​いた​ので、将来しょうらいられる​​キリスト​の​こと​も、将来しょうらいきずかれる​キリスト​の​おうこく​の​こと​も​って​いた。

    7 ​それゆえ、わたしたち​は、たみ​が​かみ​の​あんそく​に​はいる​よう​に​する​ため​に、たみ​の​なか​で​熱心ねっしん​に​はたらいて、​キリスト​の​もと​に​て​かみ​の​いつくしみ​に​あずかる​よう​に​かれら​に​き​すすめた。もし​たみ​が​そう​しなければ、かつて​イスラエル​の​ら​が​​に​いた​れん​の​​に​かみ​の​いかり​を​こした​とき​の​よう​に、かみ​が​はげしい​いかり​を​しめして、わたしたち​の​たみ​も​あんそく​に​はいって​は​ならない​と​ちかい​を​される​おそれ​が​あった​から​で​ある。

    8 ​それで、わたしたち​が​かみ​に​ねがった​の​は、すべて​の​ひと​が​かみ​に​そむく​こと​や​かみ​を​いからせる​こと​を​せず、キリスト​を​しんじ、キリスト​の​​に​ついて​かんがえ、キリスト​の​じゅう​を​い、​の​はずかしめ​を​忍耐にんたい​する​よう、わたしたち​が​かれら​を​せっとく​できる​よう​に​と​いう​こと​で​あった。それゆえ、わたし​ヤコブ​は、あに​ニーファイ​から​めいじられた​こと​を​たす​責任せきにん​を​ける​の​で​ある。

    9 ​ところで、ニーファイ​は​い​が​すすみ、ぶん​の​​が​ちかい​こと​を​った。それで​かれ​は​ひと​の​おとこ​に​あぶら​を​そそぎ、かれ​を​おう​たち​の​とう​に​したがって​その​たみ​を​おさめる​おう​と​し、とうしゃ​と​した。

    10 たみ​は​ニーファイ​を​じょう​に​あいして​いた。ニーファイ​は​かれら​の​だい​な​まも​で​あり、かれら​を​まもる​ため​に​​ラバン​の​つるぎ​を​るい、生涯しょうがいたみ​の​さいわい​の​ため​に​はたらいて​きた​から​で​ある。

    11 ​その​ため​に、たみ​は​かれ​の​​を​おく​に​とどめて​おきたい​と​ねがった。それで​たみ​は、ニーファイ​に​わって​おさめる​もの​を、それ​が​だれ​で​あろう​と、おう​たち​の​とう​に​したがって、ニーファイ​二せい、ニーファイ​三せい​など​と​んだ。かれら​の​じっさい​の​​が​どう​で​あろう​と、たみ​は​この​よう​に​んだ​の​で​ある。

    12 ​そして、ニーファイ​は​んだ。

    13 ​さて、​レーマンじん​で​ない​たみ​は​​ニーファイじん​で​あった​が、たみ​は​それぞれ​ニーファイじん、ヤコブじん、ヨセフじん​ゾーラムじん、レーマンじん、レムエルじん、イシマエルじん​と​ばれた。

    14 ​しかし、わたし​ヤコブ​は、こん​この​よう​な​​で​たみ​を​べつ​しない。ニーファイ​の​たみ​を​ほろぼそう​と​する​もの​を​レーマンじん​と​び、ニーファイ​に​こう​を​って​いる​もの​を​​ニーファイじん、すなわち、おう​たち​の​とう​に​したがって​​ニーファイ​の​たみ​と​ぶ。

    15 ​さて、二​だい​の​おう​の​せい​に​なって、ニーファイ​の​たみ​は​だい​に​こころ​を​かたくな​に​し​はじめ、しょう悪習あくしゅう​に​ふける​よう​に​なった。その​悪習あくしゅう​と​は、むかし​ダビデ​と​むす​ソロモン​が、おおく​の​つま​と​そばめ​を​このんだ​よう​な​こと​で​ある。

    16 ​そのうえ​かれら​は、おおく​の​きん​と​ぎん​を​さがし​もとめる​よう​に​なり、また​しょうこうまん​に​なり​はじめた。

    17 ​それで、わたし​ヤコブ​は、すでに​しゅ​から​つとめ​を​たくされて​いた​ので、神殿しんでん​で​おしえ​を​いた​とき​に​つぎ​の​こと​を​かれら​に​げた。

    18 ​わたし​ヤコブ​と​おとうと​ヨセフ​は、ニーファイ​の​​に​よって​この​たみ​の​さい​と​きょう​に​にんじられて​いた​から​で​ある。

    19 ​そして​わたしたち​は、もし​ぶん​たち​が​ちから​の​かぎり​かみ​の​こと​を​たみ​に​おしえ​なければ、たみ​の​つみ​を​ぶん​たち​の​こうべ​に​ける​と​いう​かく​で​責任せきにん​を​けた​ので、しゅ​に​たいして​ぶん​たち​の​つとめ​を​とうとんで​おおいなる​もの​と​した。そして​わたしたち​は、たみ​の​​が​わたしたち​の​ころも​に​かかる​こと​の​ない​よう​に、ちから​の​かぎり​はたらいた。そう​しなければ、かれら​の​​が​わたしたち​の​ころも​に​かかって、わたしたち​は​わり​の​​に​み​の​ない​もの​と​は​みとめられない​で​あろう。

    True