エノス書 1
    脚注

    エノスしょ

    第1章

    エノス、熱烈ねつれつ​に​いのり、つみ​の​ゆるし​を​る。しゅ​の​こえ​が​エノス​の​おもい​に​げて、将来しょうらい​レーマンじん​に​すくい​が​あたえられる​こと​を​やくそく​する。ニーファイじん、レーマンじん​を​ふたたび​ただそう​と​つとめる。エノス、ぶん​の​あがなぬし​の​こと​を​よろこぶ。げんぜんやく​四百二十​ねん

    1 ​さて​よ、わたし​​エノス​は、ちち​が​ただしい​ひと​で​あった​こと​を​って​いる。ちち​は​わたし​を​ちち​の​こと​で、また​しゅ​の​くんとう​と​くんかい​に​よって​おしえて​くれた​から​で​ある。かみ​の​​が​ほめ​たたえられる​よう​に。

    2 ​わたし​は、つみ​の​ゆるし​を​ける​に​さきって​かみ​の​まえ​で​あじわった​とう​に​ついて、あなたがた​に​べよう。

    3 よ、わたし​は​もり​で​けもの​を​ろう​と​して​かけた。かつて​わたし​は、ちち​が​永遠えいえん​の​いのち​と​せい​たち​の​よろこび​に​ついて​かたる​の​を​度々たびたびいて​いた​の​だが、その​ちち​の​こと​が、その​とき​に​なって​わたし​の​こころ​に​ふかく​​しみんで​きた。

    4 ​すると、わたし​の​れい​は​え​を​かんじた。それで、わたし​は​つくぬし​の​まえ​に​​ひざまずき、ぶんしん​の​ため​に​熱烈ねつれつ​な​いのり​と​懇願こんがん​を​もって​つくぬし​に​さけび​もとめた。わたし​は​一日いちにちじゅうつくぬし​に​さけび​もとめた。また​よる​に​なって​も、こえ​が​てん​に​とどく​よう​に、まだ​おおきな​こえ​を​げて​いた。

    5 ​すると、わたし​に​こえ​が​こえた。「エノス​よ、あなた​の​つみ​は​ゆるされた。あなた​は​しゅくふく​を​ける​で​あろう。」

    6 ​わたし​エノス​は、かみ​は​いつわり​を​われる​はず​が​ない​ので、わたし​の​つみ​が​すでに​ぬぐい​られた​の​を​った。

    7 ​それで​わたし​は、「しゅ​よ、それ​は​どうして​です​か」と​たずねた。

    8 ​そこで、しゅ​は​わたし​に​われた。「あなた​が、これまで​に​こえ​を​いた​こと​も​た​こと​も​ない​キリスト​を​しんじて​いる​から​で​ある。おおく​の​歳月さいげつ​が​ぎた​のち、キリスト​は​にく​に​あって​ぶんしん​を​あらわす​で​あろう。それゆえ、き​なさい。あなた​の​しんこう​が​あなた​を​つみ​の​ない​もの​と​した​の​で​ある。」

    9 ​さて、この​こと​を​いた​とき、同胞はらから​で​ある​ニーファイじん​の​さいわい​を​ねがう​ち​が​わいて​きた。それで​わたし​は、かれら​の​ため​に​わたし​の​こころ​の​すべて​を​かみ​に​そそぎ​した。

    10 ​わたし​が​この​よう​に​こころ​を​めて​いのって​いる​と、よ、ふたたび​しゅ​の​こえ​が​わたし​の​おもい​に​げて、つぎ​の​よう​に​われた。「わたし​は​あなた​の​同胞はらから​を、わたし​の​いましめ​を​まもる​勤勉きんべんさ​に​おうじて​おとずれよう。わたし​は​かれら​に​この​​を​あたえた。この​​は​せい​なる​​で​ある。ざいあく​の​ゆえ​で​なければ、わたし​は​これ​を​​のろわない。それゆえ、わたし​は​すでに​べた​よう​に、あなた​の​同胞はらから​を​おとずれよう。また、かれら​の​そむき​に​たいして​は、かれら​しん​の​こうべ​に​かなしみ​を​くだそう。」

    11 ​わたし​エノス​は、この​こと​を​く​と、しゅ​を​しんじる​しんこう​が​るぎない​もの​に​なって​きた。そして、わたし​の​同胞はらから、すなわち​レーマンじん​の​ため​に、なん​も​ながい​かん熱烈ねつれつ​に​しゅ​に​いのった。

    12 ​そして、わたし​が​いのり、ちから​の​かぎり​りょく​した​のち​に、しゅ​は​わたし​に、「あなた​の​しんこう​の​ゆえ​に、わたし​は​あなた​の​ねがい​を​のぞみ​どおり​に​とどけよう」と​われた。

    13 ​さて​よ、わたし​が​しゅ​に​のぞんだ​こと​と​は、わたし​の​たみ​の​ニーファイじん​が​いましめ​に​そむく​よう​に​なって、なんら​か​の​ほうほう​で​ほろぼされて​しまって​も、レーマンじん​が​ほろぼされ​なければ、しゅ​なる​かみ​が​せい​なる​うで​の​ちから​に​よって​で​も​わたし​の​たみ​ニーファイじん​の​ろく​を​のこし、それ​が​将来しょうらい​いつか​レーマンじん​に​つたえられて、かれら​が​すくい​に​​あずかれる​よう​に​して​いただく​こと​で​あった。

    14 現在げんざい​の​ところ、レーマンじん​を​真実しんじつ​の​しんこう​に​れ​もどそう​と​する​わたしたち​の​りょく​は、​むなしい​もの​と​なって​いる。かれら​は​はげしい​いかり​を​もって、なんとか​して​わたしたち​の​ろく​と​わたしたち​しん​を、それに​わたしたち​の​せん​の​すべて​の​つたえ​を​やして​しまおう​と​ちかって​いる​の​で​ある。

    15 ​しかし​わたし​は、しゅ​なる​かみ​が​わたしたち​の​ろく​を​のこす​ちから​を​って​おられる​こと​を​って​いた​ので、また​しゅ​なる​かみ​が​かつて​わたし​に、「あなたがた​は​かならず​あたえられる​と​しんじて​しんこう​を​もって​キリスト​の​​に​よって​もとめれば、なんでも​あたえられる」と​われた​ので、わたし​は​つづけて​かみ​に​さけび​もとめた。

    16 ​わたし​は​しんこう​を​って​いた​ので、わたしたち​の​ろく​を​のこす​よう​に​かみ​に​さけび​もとめた。すると​かみ​は、しん​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に​それら​の​ろく​を​レーマンじん​に​つたえる​と​せいやく​された。

    17 ​わたし​エノス​は、かみ​が​てられた​せいやく​の​とおり​に​なる​こと​を​って​いた​ので、こころ​が​やすらか​に​なった。

    18 ​また、しゅ​は​わたし​に​われた。「あなた​の​せん​たち​も、わたし​に​この​こと​を​もとめた。この​こと​は​かれら​の​しんこう​に​おうじて​おこなわれる​で​あろう。かれら​の​しんこう​も、あなた​の​しんこう​と​どうよう​で​あった。」

    19 ​そこで​わたし​エノス​は、ニーファイ​の​たみ​の​なか​を​めぐって、将来しょうらいこる​こと​を​げん​し、また​ぶん​の​き​した​こと​に​ついて​あかし​した。

    20 ​わたし​は、ニーファイ​の​たみ​が​レーマンじん​を、かみ​を​しんじる​真実しんじつ​の​しんこう​に​れ​もどそう​と​熱心ねっしん​に​つとめた​こと​を​あかし​する。しかし、わたしたち​の​はたらき​は​えき​で​あった。レーマンじん​の​ぞう​は​かたまって​いた。そして​かれら​は、じゃあく​な​性質せいしつ​に​まかせて​ばん​で​残忍ざんにん​で​​に​えた​たみ​と​なり、ぐうぞうれいはい​と​けがれ​に​ちた​たみ​と​なり、もうじゅう​を​食料しょくりょう​と​して​てんまく​に​み、みじかい​皮帯かわおび​を​こし​に​めて、あたま​を​そった​姿すがた​で​​を​さまよって​いた。かれら​は​ゆみ​や​づきとう​や​おの​を​使つかう​こと​を​とく​と​して​いた。また、かれら​の​おおく​は​生肉なまにく​の​ほか​は​なにも​べなかった。そして、かれら​は​えず​わたしたち​を​ほろぼそう​と​して​いた。

    21 ​さて、ニーファイ​の​たみ​は​​を​たがやし、あらゆる​こくもつ​や​じつ​を​つくり、おおきな​ちく​の​れ​や​あらゆる​ちく​の​れ、また、やぎ​や​やぎ、おおく​の​うま​を​って​いた。

    22 ​また、わたしたち​の​なか​に​は​じょう​に​おおく​の​げんしゃ​が​いた。しかし​たみ​は、ものかり​の​わるい、ごうじょう​な​たみ​で​あった。

    23 ​それで、じょう​に​きびしく、せんそう​と​あらそい​と​めつぼう​に​ついて​き、げん​し、また​​や​永遠えいえん​の​らいかみ​の​さばき​と​ちから​など、これら​すべて​の​こと​を​えず​おもこ​させ、しゅ​を​おそれる​ち​を​いだく​よう​に、えず​かれら​を​ふるたせる​ほか​に、ほうほう​は​なかった。これら​の​こと​と、きわめて​そっちょく​に​かたる​こと​の​ほか​に、かれら​が​すみやか​に​めつぼう​に​ちて​く​の​を​とどめる​ほうほう​は​なかった​と、わたし​は​う。わたし​が​かれら​に​ついて​しるす​の​は、じょう​の​とおり​で​ある。

    24 ​わたし​は​一生いっしょう​の​あいだ、ニーファイじん​と​レーマンじん​と​の​せんそう​を​て​きた。

    25 ​さて、わたし​は​もう​とし​を​った。わたしたち​の​せん​リーハイ​が​エルサレム​を​った​とき​から、すでに​百七十九​ねん​が​った。

    26 ​わたし​は、ぶん​も​やがて​はか​に​はいらなければ​ならない​こと​を​った。わたし​は​この​たみ​に​おしえ​を​き、げん​しなければ​ならない​こと、また​キリスト​に​ある​しん​に​したがって​こと​を​げ​らせ​なければ​ならない​こと​を、かみ​の​ちから​に​よって​かんじて​きた。それで​わたし​は、生涯しょうがい​それ​を​べ​つたえ、ぞく​の​こと​より​も​それ​を​よろこび​と​して​きた。

    27 ​わたし​は​もなく​あんそく​の​しょ​へ​く。それ​は、あがなぬし​の​もと​で​の​あんそく​で​ある。わたし​は、あがなぬし​に​よって​あんそく​を​る​こと​を​って​いる​から​で​ある。わたし​は​ぶん​の​す​べき​からだ​が​​の​もの​を​て、あがなぬし​の​まえ​に​つ​​の​ある​こと​に​よろこび​を​かんじる。その​とき、わたし​は​よろこんで​あがなぬし​の​かお​を​はいする​で​あろう。そして、あがなぬし​は​わたし​に、「しゅくふく​された​もの​よ、わたし​の​もと​に​なさい。わたし​の​ちち​の​まい​に​は、あなた​の​ため​に​よう​された​しょ​が​ある」と​われる​で​あろう。アーメン。