回復と教会歴史
力をもたらすエンダウメント
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「力をもたらすエンダウメント」教会歴史のテーマ

「力をもたらすエンダウメント」

力をもたらすエンダウメント

1831年にジョセフ・スミスに与えられた啓示の中で,初期の教会員は「すべての国民の中に出て行〔き〕」,イスラエルを集めるようにと命じられます。主は,彼らが「送り出される」前に「高いところから力を授けられ」ることを約束されました。1約束された天からの力は,オハイオ州カートランドで主の宮の奉献に関連して五旬節を祝った期間など,1836年初頭の幾つかの出来事を伴いました。ジョセフ・スミスは,後に紹介した神殿の儀式も「エンダウメント」と呼んでいますが,天からの力,すなわち「力をもたらすエンダウメント」という言葉は,しばしばカートランドで授けられたあふれるほどの霊的な賜物と神権の鍵の回復に関連して使われます。2

「力を授けられる」という言葉は,ルカ24章に登場します。イエス・キリストが弟子たちに向けて,全世界に福音を宣べ伝えよという最後の使命をお与えになる場面です。弟子たちは,「上から力を授けられる」場所,すなわちエルサレムからその働きを始めることになっていました。3多くのキリスト教徒は,この約束が御霊の賜物に関連したものであって,使徒2章に記録されているとおり,五旬節の日に初めて成就したと理解していました。4

カートランドにおいてジョセフ・スミスに与えられたさらなる啓示では,天からの力を受けるには主の宮で聖会を開かなければならないと言われています。5ジョセフ・スミスとカートランドの聖徒たちは,犠牲を払って神殿を完成させ,その力を受けるために霊的な備えをしました。その備えには,天と交わりを持てるほどの心の清さを象徴する洗いと油注ぎの儀式が含まれていました。神殿の奉献が行われる数か月前のこと,ウィリアム・W・フェルプスはこう書いています。「わたしたちは最初に心を清め,罪を捨て,すべての人を赦し,……清潔でこざっぱりした服を身に着け,頭に油を塗り,すべての戒めを守ることによって,清くなる準備をしています。」6

1836年3月27日と31日に行われた神殿の奉献式と,,3月30日の聖会において,天からの示現や異言の賜物といった輝かしい霊的な現れがあったと,ジョセフ・スミスらは報告しています。74月3日,ジョセフ・スミスとオリバー・カウドリは,イエス・キリストの示現を目にし,聖書に登場する数人の預言者の訪れを受けました。 8ジョセフはこのときのことを「五旬節のように確かに力が授けられた」と述べ,間もなくヒーバー・C・キンボールらを教会歴史上初の外国での伝道に送り出したのでした。9

Jesus Christ Appears to the Prophet Joseph Smith and Oliver Cowdery

1836年4月3日,カートランド神殿に御姿を現された救い主の描写