回復と教会歴史
ヒーバー・J・グラント
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「ヒーバー・J・グラント」教会歴史のテーマ

「ヒーバー・J・グラント」

ヒーバー・J・グラント

ヒーバー・J・グラントは,末日聖徒イエス・キリスト教会の第7代大管長です。グラントは1856年にソルトレーク・シティーで生まれ,母親のレイチェル・リッジウェイ・アイビンス・グラントに育てられました。父親のジェデダイア・グラント(ブリガム・ヤング大管長の顧問)が,ヒーバーが生まれてわずか数日後に亡くなったからです。ヒーバーは23歳でステーク会長に召され,その2年後に使徒に聖任されます。使徒として奉仕した36年の間に,アメリカ先住民の会員とともに働き,その多くを神権指導者に聖任しました。また日本に初となる伝道部を組織して管理し,イギリスおよびヨーロッパの伝道部会長も務めたのです。使徒を務める中で最も劇的な出来事の一つは,1893年,神に助けを求めながらローンを組んで教会を救ったことです。当時,教会は一夫多妻を禁じる法律や投資の失敗による影響から経済的に立ち直っていませんでしたが,グラントの尽力によって,教会は全国的な経済危機にあって財政崩壊から守られたのです。1グラントは使徒として,後には大管長として,知恵の言葉を厳密に守るよう熱心に呼びかけ,忠実に従うならば末日聖徒は大いなる知識と証を得るだろうと約束しました。

Heber J. Grant

ヒーバー・J・グラント長老の肖像画

ヒーバー・J・グラントは1918年から1945年まで大管長を務め,末日聖徒の多いロッキー山脈沿い以外の地域へと,教会が広がりゆくのを見守りました。グラントは19世紀における集合の中心地から離れた場所へ移住することは教会の教えと完全に一致していると聖徒たちに断言し,1923年にロサンゼルスステークを組織します。これは,末日聖徒のごく少ない都市に初めて設立されたステークでした。グラントはハワイ州ライエ神殿,カナダのアルバータ州カードストン神殿,アリゾナ州メサ神殿を奉献しました。また,大学に通う末日聖徒に宗教教育を行うプログラム,宗教教育インスティテュートの創設をはじめとする取り組みを監督し,全世界で学び,働き,暮らす教会員たちを強めたのです。

グラントが教会を率いていた期間は,大恐慌のため,多くの会員が経済的に苦労していました。広く及んだ経済危機を会員たちが乗り越えられるよう幾つか異なる対策を試験的に行った後,大管長会は教会保全計画を立てました。後に「教会福祉プログラム」と呼ばれるこの計画は,経済的な苦難を軽減する教会の働きをさらに促進するものでした。

ヒーバー・J・グラントの生涯における出来事やテーマについて,詳しくは「回復の預言者」のビデオをhistory.ChurchofJesusChrist.orgまたは福音ライブラリーアプリでご覧ください。

関連テーマ:知恵の言葉(教義と聖約89章)」,「日本