回復と教会歴史
アメリカ南北戦争
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「アメリカ南北戦争」教会歴史のテーマ

アメリカ南北戦争

アメリカ南北戦争

1832年のクリスマスの日,ジョセフ・スミスは奴隷制度を巡って将来起こるアメリカ合衆国の北部諸州と南部諸州の対立について啓示を受けました。サウスカロライナ州で戦争が勃発し,やがてそれが「すべての国」の戦争につながると主は宣言されました。1当時,新しく制定された連邦関税法に従うことをサウスカロライナ州が拒否したために危機が起こり,状況が激化して内戦になるのではないかと多くのアメリカ人が不安に思いました。そのとき政府は内戦を回避しましたが,緊張状態は続き,アメリカ合衆国の北部諸州と南部諸州の間で奴隷制度を巡って社会的,政治的,経済的な溝が深まって行きました。

1860年の大統領選挙の期間,アメリカ最南部諸州の政治家と有権者は,エイブラハム・リンカーンの立候補によって奴隷制度が脅かされるのではないかと考えていました。リンカーンが当選したとき,南部諸州は即座に南部連合国を結成し始めました。そこにはアメリカ合衆国からの独立を宣言するという意図が込められていました。1861年にリンカーンが大統領に就任した後に緊張状態が高まり,サウスカロライナ州のサムター要塞において南部連合大隊と合衆国陸軍兵士の間の武力紛争が勃発しました。リンカーンは反逆を鎮圧するよう軍隊に指示し,残りの州は南部連合国か合衆国のいずれかの側につき始めました。ヨーロッパ諸国はこの戦争の始まりに関心を寄せ,北部と南部の両方に対して外交ルートを開きました。南部連合国はすぐに合衆国に対して武力攻撃を開始し,北部と南部を隔てる前線の至る所で戦いが激しさを増して行きました。2

Fort Sumter

サムター要塞

末日聖徒は,集合してアメリカ西部にシオンを築くようにとの預言者の呼びかけに引き続き従っていたので,紛争をほぼ回避することができました。紛争地域にとどまっていた支部の幾つかは戦争に巻き込まれ,戦いのいずれかの側につく聖徒が何人かいました。1861年にブリガム・ヤングは,ユタ州セントジョージ付近で綿産業を起こす任務を託して何人かの教会員を派遣しました。南部連合国が綿の流通を停止した後,この任務は合衆国に綿を提供するための重要な役割を担うようになりました。3戦争が拡大していく中,リンカーンは西部の郵便配達や電報システムを襲撃から守るため,ヤングに志願制軍隊を編成するよう要請しました。それに応じてヤングは,戦争の生存者を巡回するための連隊を指揮するようロト・スミスを任命し,スミスはその功績によって表彰を受けました。

1865年4月に南部連合国のロバート・E・リー将軍がバージニア州の裁判所で降伏を宣言したことによって南北戦争は事実上終結しました。この戦争によって最終的にアメリカ合衆国で70万人以上の命が犠牲となりました。これはアメリカにおける紛争で史上最多の数です。4この戦争の結果,合法であった奴隷制度が廃止され,アフリカ系アメリカ人の奴隷が解放されました。5