回復と教会歴史
教会指導者の職の継承
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「教会指導者の職の継承」教会歴史のテーマ

「教会指導者の職の継承」

教会指導者の職の継承

「すべての人の心が悲しみでいっぱいです。ノーブーの通りまでもが嘆き悲しんでいるかのようです。」1844年6月27日,ジョセフ・スミスとハイラム・スミスがカーセージの監獄で殺害された後,バイレート・キンボールは夫ヒーバーにこう書き送っています。1当時,ヒーバーだけでなくほとんどの十二使徒がアメリカ合衆国東部に散り,アメリカ合衆国大統領選に向けて,ジョセフ・スミスの選挙運動をしていました。ジョン・テーラーとウィラード・リチャーズだけが,この殉教に際してジョセフとともにノーブーにおり,テーラーは暴徒が監獄を襲撃したときに受けた傷から回復しつつある状態でした。かつて大管長会でジョセフの顧問を務めたシドニー・リグドンはピッツバーグに移り,そこで教会の支部を建てていました。ノーブーにいた聖徒たちは悲嘆に暮れながらも,教会の敵対者からさらなる暴力を受けるのではと恐れ,将来を案じていました。

部外者たちは,教会が崩壊するであろうことを断言しました。New York Herald(『ニューヨークヘラルド』紙)は,ジョセフの死により,「モルモニズムは終焉に向かう。ジョー・スミスのような人物が二度と現れるはずがない。」と書いています。2預言者の死に衝撃を受けながらも,大半の聖徒たちは献身的な態度を崩しませんでした。ノーブーやその近辺に暴徒の襲撃があるとのうわさを耳にして間もなく,ブリガム・ヤングはこう教えました。「一人,あるいは数十人が死のうとも,神権を滅ぼすことはできず,主の業があらゆる国に広がるのを阻止することもできない。」3

継承を巡る1844年の論争

御業は進み行くという確信が聖徒たちに広まる中,だれが導き手となるかについては不確かなままでした。ジョセフ・スミスは比較的若くして亡くなっており,預言者の召しの継承については明確な計画を発表していなかったのです。もしもの場合にはハイラムがジョセフの後を継ぐと多くの人が考えていたものの,ハイラムは弟とともに殺されてしまいました。聖徒たちの中には,イエスが亡くなられた後で十二使徒が教会を導いたという先例が聖書にあることを頼りに,使徒たちが戻るのを待つ者もいました。4ノーブー近隣に暮らすある教会員は,人々が指導者候補として何人かの名前を挙げるのを耳にしたと話しています。使徒であるブリガム・ヤングとパーリー・P・プラット,シドニー・リグドン,ウィリアム・マークスステーク会長,当時11歳であったジョセフ・スミス三世などの名前が挙がっていたそうです。それに,カーセージの監獄にいるジョセフのもとに行こうとして暴徒に襲われ,負傷した筋金入りの聖徒,スティーブン・マーカムの名前までもが浮上していたと言います。5

多くの聖徒が,この問題を速やかに解決する必要性を感じていました。エマ・スミスは家の経済状況に不安を覚え,経済的な問題を管理する管財人を直ちに選任するよう,地元の指導者たちに訴えました。68月3日,ノーブーに到着したシドニー・リグドンは,当初,十二使徒の大半がノーブーに戻るのを待つことに同意していたものの,早期解決を主張するようになりました。ある集会ではこう述べています。「皆さんには指導者が必要です。指導者のもとで結束しなければ,皆さんは四方に吹き散らされてしまいます。」7

リグドンは自分が教会の指導者,つまり「後見人」となる可能性を示唆していました。当時ノーブーにいた4人の使徒(パーリー・P・プラットとジョージ・A・スミスが戻り,ジョン・テーラーとウィラード・リチャーズに合流した)は,忍耐強く待つよう勧めました。自分たちが教会を管理するようになることを予期していたのではなかったにしても,使徒たちには,教会の行く末に関して自分たちが中心的な役割を果たすと考えるに十分な根拠がありました。教義と聖約の初版にある,1835年に与えられた神権に関する教えの中で,十二使徒は大管長会または教会のいかなる管理評議会とも同等の権能を持つ定員会を構成するとされており,十二使徒には,国々の門戸を開き,当時組織されていたステークのほか,全世界に教会を確立する鍵が与えられていました。8ジョセフ・スミスはノーブーにおいて,集合した聖徒たちの中で教会を管理することに関し,使徒たちにさらなる役割を与えていました。教会の出版物の管理や,教会の各伝道部から流入する改宗者の移民の定住を支援する任務を委任していたのです。

またジョセフ・スミスは,教えに教えを加えて聖徒全般に教える前に,新たな啓示や儀式についても,内密な集会において使徒たちに話していました。人が持つ神から受け継いだ特質について,ジョセフは公に説く何年も前に,十二使徒定員会の会員に教えていたのです。9そして,彼らに多妻結婚を紹介し,聖徒たちの将来の住まいをさらに西へと探し求める計画を彼らとともに立てていました。最も重要な点は,ジョセフが使徒の大半に神殿の儀式を委ねており,それをほかの人に施せるようにしていたことです。10使徒たちは今や,全世界に教会を築く鍵だけでなく,神殿にかかわる鍵も有しており,ジョセフの死後,こうした重要な業を推し進めるうえで独自の役割を担う立場にありました。事実,ジョセフは自分の命が危ういことを案じており,亡くなる数か月前,私的な会合で十二使徒にこう告げたと,何人かの使徒が後に証言しています。「わたしはこの教会を導くという重荷と責任を,わたしの肩から皆さんの肩に移します。」11

ブリガム・ヤングとそのほか4人の使徒がノーブーに戻ったのは,1844年8月6日のことでした。ジョセフ・スミスとハイラム・スミスが亡くなったという第一報を聞いたとき,衝撃で胸が張り裂ける思いだったと,ブリガム・ヤングは後に語っています。その喪失への動揺が和らげられたのは,預言者と祝福師が死のうとも,王国の鍵は使徒が持っているというはっきりとした考えが頭に浮かんだ時です。12ブリガム・ヤングはノーブーにおいて,集まった使徒たちと会ってともに話し合い,預言者の継承問題について主の御心を祈り求めました。

ヤングが到着した2日後,シドニー・リグドンは,神殿用地から丘を下ったところにある森で朝の祈り会を開こうと人々を集めました。ヤングはその日の朝,使徒たちと会合を持つ予定でしたが,リグドンの集会について耳にすると計画を変更し,集まる人々に会いに行きました。リグドンが預言者の継承問題の解決を急いでいるのを目にすると,ヤングは新しい指導者を支持するため,その日の午後に再び集まるよう聖徒たちに呼びかけました。ヤングは午後の集会において,「せめて1か月でも預言者の死を悼んでから,立ち上がり,主の望んでおられることを人々に伝えたいと思う」気持ちがあることを認めたうえで,早急に判断を下す必要に迫られ,聖会として聖徒たちを集めたことを告げたのです。そうして,十二使徒を教会の指導者として支持するよう求めました。13「ジョセフの外套がヤングの肩に掛けられたことが,聖徒たちには明らかでした。」ウィルフォード・ウッドラフは,イギリスの聖徒たちに送る報告書にそう記しています。14その説教の間,ヤングの声が驚くほどジョセフ・スミスにそっくりだったと,ハワード・イーガンはジェシー・リトルに話しています。「目隠しをされていたら,ジョセフ以外の人が話しているとはとうてい思わなかったことでしょう。」15ブリガム・ヤングの変貌として知られるようになったこの出来事に関する当時の記録を見ると,その集会に集った多くの聖徒が,ヤングが確かにジョセフ・スミスの後継者であると理解したことが分かります。そのときヤングの容貌と声が変わった奇跡については,数年後,数十人の聖徒たちがさらに詳しい記録を残しています。16

1844年8月8日,その集会に集った聖徒たちは,宣教師として,またノーブーの指導者としての使徒たちの忠実さを目の当たりにし,ジョセフ・スミスが約束した神殿の儀式を受けることを切望しました。ジョセフの外套がブリガム・ヤングの肩に掛けられたことに安堵した聖徒たちは,教会の指導者として十二使徒を圧倒的に支持したのです。それからの3年間,シドニー・リグドン,ジェームズ・J・ストラングその他の人々は,独自の教派を作り,一部の教会員を引き入れました。17しかし,ほとんどの聖徒たちは十二使徒に従ってノーブー神殿の完成に向けて働き,神殿の祝福を受け,現在ユタ州となっている西部への移住に参加したのです。十二使徒定員会は定員会会長であるブリガム・ヤングの指示の下,定員会全体で教会を導いていましたが,1847年にヤングが顧問たちを召して大管長会を再組織してからは,定員会全体で導くことはなくなりました。

預言者継承の様式の確立

その後は教会の大管長が亡くなると,十二使徒定員会が評議会を開き,大管長会を再組織する日取りと方法を決めていました。定員会の会長がこの評議会を導き,教会の大管長に指名されたのです。オーソン・プラットとウィルフォード・ウッドラフは二人とも,ブリガム・ヤングの後を継ぐ「正式な権利」がジョン・テーラーにあると教えました。それは,テーラーが十二使徒定員会の会長だったからです。18テーラーが亡くなると,教会の大管長としてジョージ・Q・キャノンを支持するべきではないかと言う者が定員会の中に何人かいました。キャノンは大管長会の顧問を長く務めていたものの,十二使徒定員会の会長ではありませんでした。十二使徒はこの度もまた定員会の会長を支持することに決め,当時の会長ウィルフォード・ウッドラフを支持しました。こうして,先任使徒が大管長となって教会を導くという様式が確立したのです。19

1835年に十二使徒定員会が組織されて以来,同定員会の会長を務める者は序列(Seniority)によって決められていました。しかし,序列を決める要素は19世紀に何度か変更されています。当初,定員会の会員は年齢に従って序列が決められていました。定員会の空席を埋めるために新しい使徒が召されるようになると,序列は定員会に召された日付順で決まるようになりました。ブリガム・ヤングは1861年,先任順位は召された日付ではなく,聖任された日付を基に決めると明言しました。そのために,ウィルフォード・ウッドラフとジョン・テーラーの順序が入れ替わりました。二人とも同じ日に召されましたが,聖任された日は数か月ずれていたのです。1875年,ブリガム・ヤングは,先任順位は使徒を続けて務めた期間を反映するという条件をこれに付け加えました。そこで,ジョン・テーラーとウィルフォード・ウッドラフは,途中定員会を抜けて再び戻ったオーソン・ハイドとオーソン・プラットよりも前の順位になりました。ロレンゾ・スノーの下で教会が導かれていた1900年,十二使徒はさらに,継続して十二使徒定員会で奉仕した期間を基にして先任順位を決めるという具体的な条件を付け加えました。この条件は非常に重要なものでした。というのは,ブリガム・ヤングは息子ブリガム・ヤング・ジュニアを,本人が十二使徒定員会に入る何年も前に使徒として聖任していたからです。この変更により,同定員会内の先任順位の先頭がジョセフ・F・スミスとなり,教会の大管長として彼がスノーの後を継ぐこととなったのです。20

ヤング,テーラー,ウッドラフが大管長を務めていた際には,それぞれ先任者の死後3年程の期間を置いてから大管長会を再組織していました。ところが第4代大管長のウィルフォード・ウッドラフは,自分の死後,新たな大管長会を支持するのを遅らせることのないようにと十二使徒に求めたのです。ロレンゾ・スノーは,ほとんど間髪を入れずに大管長会を組織しました。後継者たちもそれに倣っています。21教会は今日も,引き続きこの様式に従って預言者の継承を行っているのです。

関連テーマ:「十二使徒定員会」「大管長会」「ジョセフとハイラム・スミスの死」「シドニー・リグドン」「ブリガム・ヤング」