回復と教会歴史
ジョセフ・スミス—最初の示現の記録
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「ジョセフ・スミス—最初の示現の記録」教会歴史のテーマ

「ジョセフ・スミス—最初の示現の記録」

ジョセフ・スミス—最初の示現の記録

ジョセフ・スミスは14歳のとき,ニューヨーク州の西部にあった両親の家の近くの森で,父なる神とイエス・キリストが御姿を現したと記録しました。自分の罪,またどの宗派に従うべきかということに心を悩ませ,ジョセフは集会に出席したり,聖文を読んだり,祈ったりして導きを求めました。その答えとして,天の顕れを受けます。ジョセフは,現在知られている最初の示現について複数回,人に伝え,記録しました。この示現に関する4つの記録を,自ら記す,あるいは筆記させています。

Ask of God- Joseph Smith's First Vision

聖なる森におけるジョセフ ・スミスの絵

ジョセフ・スミスは生涯の間に,最初の示現に関する二つの記録を出版しました。最初の記録は今日「ジョセフ・スミス—歴史」として知られているもので,「高価な真珠」に収められており,最も有名な記録となりました。ジョセフ・スミスの初期の自叙伝と,後に日記の中に記録された未出版の二つの記録は,1960年代に末日聖徒イエス・キリスト教会の歴史家たちが再発見して出版するまで,一般には忘れられていました。直に得られた記録に加えて,同時代に生きた人々によるジョセフ・スミスの示現の詳細な記録も5つ存在します。

当然,強調点や細かな点で相違が生じるものの,最初の示現に関する様々な記録の話の筋は一貫しています。歴史家は,人はある経験について長年にわたり,様々な所でそれぞれ異なる聴衆に繰り返し語るとき,毎回,強調点や詳細が異なってくることを想定しています。話を繰り返すことによって生じる違いは架空の話である証拠だと,誤って主張する人もいます。しかし,記録があまりなかったころに比べ,豊富な歴史記録により,この特筆すべき出来事についてさらに学ぶことができるのです。

関連テーマ: 覚醒と信仰復興パルマイラとマンチェスター聖なる森とスミス一家の農場