回復と教会歴史
1826年—ジョセフ・スミスの裁判
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「1826年—ジョセフ・スミスの裁判」教会歴史のテーマ

「1826年—ジョセフ・スミスの裁判」

1826年—ジョセフ・スミスの裁判

1826年,ジョサイア・ストールはジョセフ・スミスを雇い入れ,ニューヨーク州とペンシルベニア州の境近くで,失われたスペインの銀を探す手助けをさせました。ところが,ストールの親族の一人と思われる地域住民が,石をのぞき込んで失われた宝を発見しようとしているとしてジョセフを訴えました。その結果, ジョセフは治安びん乱の罪で,シェナンゴ郡の治安判事アルバート・ニーリーのもとに出頭するよう命じられます。ジョセフの逮捕は,「逸失物が発見される可能性のある場所を見つけたかのように装うこと」を禁じるニューヨーク州の法令に基づくもののようでした。1この聴聞に関する4つの記録はいずれも,ジョセフはその直後,重大な法的責任を問われることが一切なかったことを示唆しています。そのほかの詳細に関してはそれぞれ異なり,互いに食い違いが見られる点も幾つかあります。2

ジョセフは自身の証言の中で,失われた宝を探すために時折聖見者の石を用いたことをすぐに認めていますが,そうした試みはすでに断念していました。彼自身の言葉によると,目に害が及ぶためです。そのような働きをジョセフが自ら進んで求めたことは一度もなく,「むしろそうした事業にかかわりを持つことは何であれ常に断っていました。」3判事は問題の石を詳しく調べ,ジョセフの父親であるジョセフ・スミス・シニア,ジョセフの雇い主ジョサイア・ストールを含むそのほかの証人に尋問しました。

ジョセフ・スミス・シニアとジョサイア・ストールは,ジョセフが聖見者の石を使ったのは単に友人を助けるため,あるいはストールの場合,ストールやそのほかの宝探しの請負人を助けるためであり,彼らの要請に応じたにすぎないと証言しました。ストールはジョセフを信頼しており,彼の働きに感謝していました。ジョセフ・シニアは,息子がこの世の宝を探すために,誤った方法で賜物を用いることのないよう願っており,神がその御心を年若き息子に示してくださるよう祈り求めていました。そのほかの証人の中には,ジョセフの能力を信じていると証言した者もいれば,信じていないと証言する者もいました。4

聴聞会が終わった後も,嫌疑は晴れないままでした。法廷記録とされる記録には,判事がジョセフを有罪としたとあります。ジョサイア・ストールの隣人は,裁判所はジョセフを「有罪とした」が,彼が若年であったため罰を猶予されたと主張しています。聴聞会でメモを取っていた判事の友人の一人は,判事がストールの証言を受け入れ,ジョセフを無罪としたと記しています。聴聞会に出席しなかったオリバー・カウドリは(彼は3年後にジョセフ・スミスに会うこととなる),すでに紛失した文書に照らして,ジョセフは治安を乱す者という容疑に関して無罪とされた可能性が最も高いと述べています。5