回復と教会歴史
ジョセフ・スミス・ジュニア
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「ジョセフ・スミス・ジュニア」教会歴史のテーマ

「ジョセフ・スミス・ジュニア」

ジョセフ・スミス・ジュニア

ジョセフ・スミス・ジュニアは末日聖徒イエス・キリスト教会を設立した預言者であり,初代大管長です。1805年,バーモントに暮らす貧しい家庭に生まれてから,1844年,イリノイ州の暴徒の手にかかって死ぬまでの間,ジョセフは複数の神聖な文書を世に出し,整備された都市を幾つも築き,数々の啓示を受けて神と人類家族に関するかけがえのない真理を回復し,主の指示の下,天の使いから授けられた権能に基づいて,イエス・キリストの教会を回復し,設立しました。

Joseph Smith The Prophet

ジョセフ・スミスの肖像画/ダン・ウェッジランド画

少年時代

スミス家は小作農として暮らす仲むつまじい家族で,貧しいために転居を繰り返していました。「夏のない年」で晩霜害に遭う1816年まで,ジョセフはニューイングランドの5つの町を転々としていました。食べていくため,その地域を離れざるを得なかったジョセフの家族は,宗教復興運動が盛んなために「熱く燃える地区」として知られていたニューヨーク州北部の一角に移り住みます。

スミス家の人々は正直で勤勉でしたが,近隣住民が残した言葉から察するに,この新しい町で完全に受け入れられることはなかったようです。ニューヨークで過ごした少年時代,10代であったジョセフ・スミスは,目に映る大自然の調和に安らぐ一方,人間同士の不調和にはうんざりしていました。また,神の慈しみに畏敬の念を覚えると同時に,自分自身の弱さに悩まされていたのです。

若きジョセフは新約聖書が教えるキリスト教に引かれていたものの,当時の教会同士の争いには困惑を隠せませんでした。赦しを得たい,またどの教会に加わればよいのかを知りたいという思いから,1820年春のある朝,ジョセフは森に行って祈りました。スミス家の農場近くにあるその森で,ジョセフは驚くべき示現を受けます。父なる神とイエス・キリストが,光の柱の中に御姿を現されたのです。この出来事は,後に「最初の示現」と呼ばれるようになりました。

教会の設立

ジョセフは当時,教えを宣べ伝えたわけでも改宗者を得たわけでもありませんが,末日聖徒はこの「最初の示現」を,ジョセフの預言者としての召しの始まりと考えています。教会を設立するための本格的な準備は,その3年後に始まります。ある晩,モロナイという名の天使が現れ,古代アメリカ文明の神聖な歴史が刻まれた記録が隠されていることを告げたのです。1827年にエマ・ヘイルと結婚してから程なくして,この天の使いはその記録をジョセフに託しました。ジョセフは神の力によって記録を翻訳し,翻訳を終えると「モルモン書」として出版しました。これは,聖書と肩を並べる古代の聖文を編さんした書物です。

モルモン書は当初より,改宗者を引きつけると同時に激しい反論を引き起こしていました。ジョセフがすぐに悟ったのは,聖書以外は容認できないと見なす宗教批評家たちや,モルモン書の翻訳にかかわる奇跡的な話を危険な迷信と捉える合理主義の批評家たちに対処しなければならないということでした。しかし,そのほか多くの人々は,祈りを通してこの書物に心動かされる経験をし,その教えに献身的に従うようになります。

モルモン書の翻訳が完成に近づく中,主は,正式に教会を組織するようジョセフ・スミスに指示を与えられました。この教会は1830年4月6日に設立され,聖書とモルモン書,絶えざる啓示,神からの霊的な賜物,古代の神権の権能の回復を基としていました。この信仰を奉じる者にとって,それは単なる新たな教会の設立にとどまりませんでした。神は散らされたイスラエルを再び集め,遠い昔に交わされた聖約を果たそうとしておられたのです。アメリカ大陸の先住民に関するモルモン書の預言に啓発されたジョセフは,すぐさま4人の宣教師を2,400キロの旅の果てにあるミシシッピ川西の先住民の村々に送り,福音を宣べ伝えさせました。その道すがら改宗した人々は,後にニューヨークやオハイオ,ミズーリで支部を建てることとなります。

啓示

教会の創設時にわずか24歳であり,自分の限界を痛感していたジョセフ・スミスは,新たにできた教会とその会員のため,度々神の導きを求めました。ジョセフが受けた導きは記録され,後に『教義と聖約』として知られる啓示の書にまとめて出版されています。これらの啓示では,オハイオ州カートランドに集合し,「心の清い者」が避け所と調和を見いだせる「シオン」という町をミズーリ州西部に築く備えをするようにという指示が教会員に与えられていました。シオンは義にかなった地,すなわち貧困のない,善が栄える地である必要がありました。シオンはまた,美しい町,すなわち芸術と教育,宗教が繁栄する地でなければならなかったのです。オハイオ州に移ったジョセフは,受けた啓示に基づいて経済システムを導入,それからミズーリ州まで旅をし,神殿の隅石を据えました。教会で初めて建設が計画された神殿です。

1830年代初頭,主が与えられた啓示に従って,ジョセフ・スミスは死後の神の王国に関する新たな理解について教えました。伝統的なキリスト教が説く天国と地獄の区分とは相いれないものです。ジョセフはまた啓示により,「預言者の塾」を設立して一般教育と宗教教育の両方を施し,「知恵の言葉」と呼ばれる,従う者には霊的な祝福も約束された健康の律法を紹介しました。ジョセフとその顧問たちは,シオンの町の設計図も描きました。これは,後に築かれるアメリカ西部の都市に多大な影響を与えることとなります。

しかし,シオンの建設に向けて喜びを感じる一方,ジョセフは個人的および社会的な悲劇も経験しました。ジョセフとエマの間に生まれた最初の5人の子供のうち,4人は幼くして亡くなっています。オハイオ州とミズーリ州の双方において,教会への激しい敵対心は暴力に発展しました。オハイオ州では,教会に批判的な人々がジョセフにタールを塗り,羽根を付けました。ミズーリ州では,教会の発展に対する怒りが,奴隷やアメリカ先住民に同情的なモルモンの態度に対する懸念と相まって,ジャクソン郡から教会員を追放するよう暴徒たちを駆り立てました。シオンの建設予定地を失ったことは,ジョセフにとって痛手でした。ミズーリ州の聖徒たちを家に帰そうと何度も試みていたからです。突き詰めると,ジョセフの政治に対する情熱を形造ったのは,アメリカ合衆国憲法 で謳われていた少数派の宗教を保護するという約束であり,その約束を守っていなかったアメリカ合衆国政府でした。

1830年代の中ごろ,ミズーリの教会員が寄留している間,ジョセフはカートランドで教会を築くことに力を注ぎました。十二使徒を聖任し,主が自分に授けてくださった啓示をまとめて出版し,最初の神殿,すなわち神の宮を完成させ,奉献したのです。この神殿の奉献式では御霊が豊かに注がれ,示現においてイエス・キリストが御姿を現され,預言者エリヤが現れて聖書の預言を成就しました。

危機と対立

神殿の建設費用とミズーリ州での損失,カートランドへの移住はすべて,教会の財政を圧迫しました。1837年,ジョセフらは経済的な発展を図り,たいていの銀行が頼りにする巨額の投資家を少数抱えるのではなく,少額の株主を多数抱える金融機関を組織しました。この事業に対する期待は非常に高いものでした。ところが全国的な金融恐慌のために,この金融機関はその後年内に破たんし,ジョセフと地域の多くの人々は悲惨な状況に陥ってしまいます。

この苦難のさなか,ジョセフは末日聖徒初となる宣教師をヨーロッパに送り,教会の中心地をミズーリに移します。しかし,同州に移住して来る聖徒たちの数が増えるにつれ,聖徒たちの影響力に対する地元住民の懸念は激化しました。1838年,大統領選挙日のこと,ミズーリ州のある郡では市民が聖徒たちの投票を力づくで妨害し,別の郡ではモルモンの居住者を追放する議案が可決されたのです。それ以後,聖徒たちに対する暴力行為は広まる一方で,聖徒たちが自己防衛を試みると,その自己防衛の行為はミズーリ州知事による「撲滅令」を正当化する根拠として用いられてしまいます。

州の民兵と和平交渉を試みる中,ジョセフは身柄を拘束され,正規の手続きなしに死刑を言い渡されます。民兵の士官がその執行命令に率直な異議を唱えていなかったなら,ジョセフは命を落としていたでしょう。処刑は免れたものの,ジョセフは1838年の冬から1939年にかけて収監されたままであり,他方,妻と幼い4人の子供たち,教会員たちはミズーリ州を追放され,凍てついたミシシッピ川を渡らなければなりませんでした。1839年にジョセフがリバティーの監獄から書いた苦悩の手紙は,苦しみと不正,まことの権威を持つ御方の特質に関する霊感に満ちた教えで,今なお末日聖徒に影響を与えています。

ノーブーでの新しい教え

1839年,ミズーリ州議員の多くはモルモン共同体に対する軍事行為のために流れる費用に不満の声を上げ始め,大量逮捕が良い手立てかどうか,疑問を投げかけるようになりました。ジョセフ・スミスを有罪にしようとする世論の圧力は依然としてあったものの,ジョセフ自身も,そのほか収監されていた末日聖徒も,ほとんどが7月までに釈放される,あるいは逃亡を見逃されるなどしていました。ジョセフはイリノイ州で教会員たちに合流すると,マラリア流行の折には病人を癒し,それからノーブーの町を建設しました。この町は,改宗者たちが大西洋をへて移民し,アメリカ合衆国やカナダの聖徒に加わるにつれ,急速に発展していきます。

ノーブーにおいて,ジョセフはレスリングやダンス,観劇などの娯楽を楽しみました。このような活動は当時,多くの宗派からは聖職者にあるまじき行為と見なされていましたが,末日聖徒の社会では,神の祝福に満たされた豊かな人生の一部としてますます奨励されるようになっていたのです。

ジョセフが初期に受けた啓示を通して明らかとなった真理に基づく教えや宗教行為は,ジョセフ・スミスと同時代の人々の多くが抱く期待と一致するものばかりではありませんでした。「人もまた初めに神とともにいた」と教える啓示が1833年に与えられると,ジョセフはノーブーにおいて,人間は最終的に神に似た者となり得ることを教えました。1836年に受けた啓示により,バプテスマを受けることなく亡くなった兄のアルビンがバプテスマの祝福をすべて受けられると知ったジョセフは,古代に行われていた死者のためのバプテスマをノーブーで回復しました。1830年代初頭,創世記を翻訳していたジョセフは,一夫多妻について疑問を持ちました。そうしてノーブーで,多妻結婚の実施が回復されるという啓示を受けたのです。これは,1800年代における聖徒たちの生活に多大な影響を与えています。十二使徒を含め,80人ほどの男女が多妻結婚を実施したのです。

教会の組織に関する重大な変更も,ノーブーで起こりました。霊感を受けたジョセフは,「扶助協会」という女性の組織を設立し,この組織は主の業に不可欠なものだと教えたのです。ジョセフの妻であるエマが,扶助協会の初代会長を務めました。十二使徒がイギリスでの伝道から戻ると,ジョセフは実質的な責任を与え,将来に向けて彼らを教会の指導者として備えました。ジョセフはノーブーにおいて,神殿で交わした聖約により,地上で結び固められた家族は天でも永遠に結ばれることができると教え,家族と神殿を,回復された教会の中心に据えました。

発展しつつある町でジョセフの政治的な影響力が非常に強まっていることに対する一部の人々の恐れとジョセフの新しい教えとが相まって,教会内で著名な会員が教会を離れるとともに,近隣都市に住む有力な人物らが反対運動を起こすようになり,ミズーリ州当局は教会員の逮捕と追放を新たに試みるようになりました。人生最後の数年間,ジョセフ・スミスは繰り返し身を隠すことを余儀なくされ,時にはさらに西方,人の少ないアメリカの辺境地域(または,アメリカ合衆国西部で当時メキシコの領土であった地域)に居を移すことも考えました。亡くなる3か月前,ジョセフは五十人評議会という組織を作りました。末日聖徒の宗教の自由を保護し,文字どおり地上における神の王国の礎を据えるためです。ジョセフはこの評議会の会員と協力し,定住できるような土地を探したのでした。

1844年の夏,ノーブー市議会は,教会の離反者による新聞,Nauvoo Expositor(『ノーブーエクスポジター』紙) を,中傷的な記事の掲載に関して糾弾し,印刷機の取り壊しを命じます。同議会がこの決議を承認したものの,その責任はノーブー市長であるジョセフ・スミスが取ることとなりました。印刷機の取り壊しに激怒したジョセフ・スミスの敵は,最終的に暴力へと駆り立てられます。ジョセフをノーブー市以外で裁判にかけるべきだという訴えが強くなり,地元の新聞は,ジョセフが末日聖徒多数の都市を去ることを拒めば皆殺しの戦いが始まると脅す記事まで掲載します。自分の身の安全に不安を感じたものの,ジョセフは近隣のイリノイ州カーセージで裁判を受けることに同意しました。

6月25日,ジョセフは家族に別れを告げました。当時,長女が13歳,妻のエマは妊娠5か月で,末の息子を宿していました。暴徒がカーセージの監獄を襲ったのは,その2日後のことです。ジョセフ・スミスは兄のハイラムが殺されるのを見た後,自身も銃弾を少なくとも3発,胸と背中に受けて亡くなりました。享年38歳でした。

ジョセフを酷評する人々は,この殺害は馴染みのない宗教の影響から市民生活を守るために妥当なものであったと考え,その死によってジョセフの組織した教会が崩壊することを期待しました。これに対し,ジョセフを愛する末日聖徒たちは,自らの血によって証を結び固めた殉教者としてジョセフを見ました。そうして,ジョセフを通して回復された教えと儀式,権能を固く守り,証したのです。

関連テーマ: 「ジョセフ・スミス—最初の示現の記録」「モルモン書の翻訳」「聖書のジョセフ・スミス訳」「ジョセフ・スミスとエマ・ヘイル・スミスの家族」「ジョセフ・シニアとルーシー・マック・スミスの家族」「ジョセフ・スミスと多妻結婚」「1826年—ジョセフ・スミスの裁判」「ジョセフ・スミスの預言」「ジョセフ・スミスの啓示」「1844年—アメリカ合衆国大統領へ向けたジョセフ・スミスの選挙運動」「ジョセフとハイラム・スミスの死」「エマ・ヘイル・スミス」「ジョセフ・スミスの足の手術」