回復と教会歴史
教会の名称
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「教会の名称」教会歴史のテーマ

「教会の名称」

教会の名称

モルモン書は,イエス・キリストがニーファイ人を訪れられたとき,教会がキリストの名で呼ばれるべきであると教えられたことを伝えています。キリストの名によってバプテスマを受けた人は,「キリストの教会」の一員となりました(3ニーファイ26:2127:8も参照)。新約聖書において,パウロは初期のクリスチャンを「聖徒たち」と呼んでいます(エペソ1:12コリント1:1)。自分たちの時代がイエス・キリストの再臨に近いと信じていた,回復されたキリストの教会の会員たちは,昔の聖徒と区別するために,自らを「末日聖徒」と呼びました。

キリストの教会(1829-1834年)

教会が組織される前,オリバー・カウドリはすでにモルモン書の前例に倣い,教会の名前を「キリストの教会」とするよう提案していました。1教会が組織された日,ジョセフ・スミスは啓示により「キリストの教会の長老」に召されました。2それ以降,初期の啓示は教会を「キリストの教会」,そして会員を「聖徒」として繰り返し言及しています。3

末日聖徒の教会(1834-1838年)

キリスト教徒の団体で「キリストの教会」と呼ばれたのは,回復されたキリストの教会だけではありませんでした。ニューイングランドにはこの名称を用いていた会衆派教会が幾つか存在し,またクリスチャンであることを公表していた信者たちは,時々,クリスチャンの総称として「キリストの教会」を用いていました。1834年5月3日,カートランド州オハイオで開かれた大会において,長老たちはほかのクリスチャンと自分たちを区別するために,教会の名称を「末日聖徒の教会」と変更するかについて賛否の決を採りました。4この新しい名称は明確さを出すのに役立っただけでなく,教会に敵対する者によって使われていた「モルモン」や「モルモン人」という言葉を教会から遠ざけることにもなりました。5

末日聖徒イエス・キリスト教会(The Church of Jesus Christ of Latter Day Saints) (1838-1851年)

この変更後でさえ,教会員は時折,古い名称を使う,あるいは「末日聖徒キリスト教会」という新旧を合わせた名称を用いることもありました。6末日聖徒がミズーリ州ファーウェストに定住して間もなく,「わたしの教会は,終わりの時にこのように,すなわち末日聖徒イエス・キリスト教会と呼ばれなければならない」という啓示により,それまでの二つの名称を合わせた新たな名称が提示されました。7現代に至るまで,この名称は教会の正式な名称となってきました。

末日聖徒イエス・キリスト教会(The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints )(1851年-現在)

ジョセフ・スミスの死後,分派した様々なグループが“Latter Day Saints”(末日聖徒)を名乗りました。ところがユタ州へ移住後の1849年,ユタを基盤とした教会をほかのグループと区別する目的で,教会指導者はdを小文字にし,さらにハイフンを入れた“The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints”(末日聖徒イエス・キリスト教会)という名称を用いるようになりました。81876年,最終的に統一されたこの名称に合わせ,教義と聖約115:4の大文字とつづりが変更されました。

20世紀初頭になると,多くの末日聖徒が「モルモン」や「LDS」と名乗るようになりました。それに続いて「モルモン教会」や「LDS教会」という名称が広く使われ,教会指導者と会員,一般の人々も頻繁に用いるようになりました。1960年代,1970年代,教会指導者は,こうした俗称ではなく,啓示によって与えられた教会名,あるいはそれを短くした「イエス・キリスト教会」を用いるよう強調しました。92001年,大管長会は「救い主の御名を全世界に宣言する責任」の一端として,啓示によって明らかにされた教会名を使用することの重要性を繰り返しました。10

関連テーマ: キリストの教会の設立集会