回復と教会歴史
ジョセフ・スミスと多妻結婚
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「ジョセフ・スミスと多妻結婚」教会歴史のテーマ

「ジョセフ・スミスと多妻結婚」

ジョセフ・スミスと多妻結婚

末日聖徒は,一夫一妻制,すなわち一人の男性と一人の女性による結婚は,結婚に関する主の不変の律法であると信じています。1聖書の時代,主は御自身の民の一部に多妻結婚,すなわち一人の夫が複数の妻を持つ結婚を行うように命じられました。2末日聖徒イエス・キリスト教会の初期の会員の中にも,神の預言者を通して与えられたこの戒めを受け入れ,従った人々がいました。

ジョセフ・スミスは多妻結婚を実施するよう命じる啓示を受けた後,複数の妻をめとり,この制度を親しい同僚たちに紹介しました。この原則は,ジョセフ自身とそのほかの教会員にとって,回復における最も受け入れ難い事柄の一つでした。多妻結婚は信仰の試しであり,論議と反対を引き起こしました。当初末日聖徒の中には,自らの感覚とはまったく異質の,聖書時代における慣習の回復を歓迎した人はほとんどいませんでした。しかし,後に多くの末日聖徒が,自身のためらいを克服し,この制度を受け入れる勇気を得るうえで助けとなった力強い霊的経験について証を述べています。

初期における多妻結婚の実施に関する詳細については,多くは知られていません。この慣習の実践者たちは,そうした行動を内密に保つように求められていたからです。したがって,初期の多妻結婚に関する歴史的な記録はごくわずかです。詳細を伝える当時の記録はほとんどなく,後年の回顧録は必ずしも信頼できるものではありません。 聖徒たちは,ジョセフ・スミスとそのほかの初期の末日聖徒による多妻結婚の実施に関して,重要な話を幾つか伝えています。初期の多妻結婚に関する詳しい情報については,次を参照してください。「末日聖徒イエス・キリスト教会における多妻結婚」 福音のテーマの論文 topics.lds.org.

関連テーマ: 「ジョセフ・スミス・ジュニア」, 「エマ・ヘイル・スミス」, 「ファニー・アルジャー」, 「ノーブーエクスポジター」