回復と教会歴史
什分の一
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「什分の一」教会歴史のテーマ

「什分の一」

什分の一

1838年,使徒トーマス・B・マーシュはジョセフ・スミスに,ミズーリ州ファーウェストの聖徒たちは奉献の律法に完全に従った生活をする方法について,さらなる指示を受けたいと願っていることを伝えました。17月8日,ファーウェストの教会指導者たちは集会を開き,主に,「あなたは什分の一として,あなたの民の財産のうちのどれほどをお求めになるか,あなたの僕にお示しください」と嘆願しました。2ジョセフ・スミスは,どれほどが求められるか,またその基金をどのように管理するべきかについて,二つの啓示を受けました。

このときまで,教会内で使われる什分の一という言葉は,金額にかかわらず,すべての自発的な献金を指していました。1831年に奉献と管理の職に関してジョセフ・スミスに与えられた啓示に従って,ミズーリ州とオハイオ州の聖徒たちは,余剰の物品や土地,道具,家財,時には現金を寄付しました。3寄付された資産に対する教会の管理体制は様々でした。ビショップは時折,土地の購入のために,あるいは貧しい人や困っている人を支援するために基金を使いました。建物の建築や教会書籍の印刷といったプロジェクトにおいては,「共同商会」または高等評議会が献金基金を管理運営しました。4

1838年7月8日の啓示において,主は聖徒たちの質問に答え,これらの指示が与えられました。啓示によると,当初聖徒たちは余剰の財産をすべて一旦寄付し,「その後,このように什分の一を納めた者は,毎年彼らの得る全利益の十分の一を納める」よう指示されています。 5その日さらに与えられた啓示により,教会指導者は,評議会を設け,これらの奉献された資産の配分方法を決める務めに当たるように指示されました。この評議会には当初,大管長会,ビショップ評議会,ファーウェストの高等評議会の会員が含まれていました。今日この評議会は,大管長会,十二使徒定員会,管理ビショプリックにより構成され,「什分の一配分評議会」と呼ばれています。7月26日,評議会は最初の集会を開きましたが,ミズーリ州における迫害のゆえに,聖徒たちはファーウェストで受けたこれらの啓示の指示を完全に遂行することができませんでした。6

1840年代初頭,教会指導者たちは,ノーブー神殿の建設を助けるために什分の一を納めることを強調し,什分の一を神殿参入の要件としました。この要件は,ユタ州で幾つかの神殿が奉献された1880年代に更新されました。19世紀後半,多妻結婚の実施をやめるよう教会に圧力をかけるべく,アメリカ合衆国政府が教会の資産を没収した後,教会の負債が急速に膨らみました。7教会指導者がアメリカ合衆国政府と和解するに至ってからほぼ10年後の1899年,教会は依然として負債から抜け出せずにいました。ロレンゾ・スノー大管長は,ユタ州セントジョージのタバナクルで説教をしているとき,神からの示現を受け, 什分の一の律法に従うことを強調するよう促されました。大管長はこう宣言しています。「将来に備え,正しい基の上にしっかりと足場を築きたいと望むすべての末日聖徒が,主の御心を行い,主の什分の一を完全に納めるべき時が来たのです。」8スノー大管長はユタ州全域の定住地を巡り,会員たちに,正直に什分の一を納めるように訴えると同時に,霊的および物質的両面での祝福を約束しました。スノー大管長の働きかけによって会員たちの決意が高まり,わずか数年以内に,後継者であるジョセフ・F・スミスは,教会の負債を完済することができたのでした。9

時がたち,大部分の聖徒の家計基盤が土地や資産の所持から現金に移行するにつれて,什分の一の納入方法も変わっていきました。19世紀には,聖徒たちはしばしば,家畜や農産物などの現物を納付しました。ノーブーに住む聖徒の多くは,神殿で働くために10日の内の1日をささげました。ソルトレーク・シティーには什分の一の管理事務所と中庭があり,穀物や野菜,商品,石材,木材,屋根板,家畜といった,納付された物品が保管されていました。10遠く離れた定住地では,地元のビショップの倉庫が同様に,地域社会の資産を蓄えるために使われていました。111838年の啓示において述べられているように年々の十分の一を計算するに当たり,教会員たちは,多くの人が賃金を得ていなかったので,土地評価の高騰のようなものを増加分として計算することがありました。1220世紀になると,現金所得や献金がより一般的になりました。13こうした変更を通じて,什分の一は常に,末日聖徒が自らの生活を神の業のために奉献するという戒めを履行するうえで最も明確な方法の一つでした。今日,什分の一基金は,神殿や集会所を建設し,家族歴史の探求を支援し,福音を人々に分かち合い,人道的支援を提供するといった様々な事柄のために使われています。

関連テーマ:「奉献と管理の職」「共同商会(協同制度)」「カートランド安全協会」