回復と教会歴史
七十人定員会
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「七十人定員会」教会歴史のテーマ

「七十人定員会」

七十人定員会

七十人はメルキゼデク神権の職です。1986年以降,七十人定員会の会員は,世界中の教会の運営を中央レベルあるいは地域レベルで支援する権限を持っています。しかしながら,教会歴史のほとんどの時期において,かつてステークにはそれぞれの七十人定員会がありました。

七十人定員会の最初の会員は,1835年2月28日に聖任されました。これはジョセフ・スミスが「ぶどう園で最後の刈り込みをする」ための特別な宣教師を召し,任命し始めたころでした。1その同じ月に,オリバー・カウドリ,デビッド・ホイットマー,マーティン・ハリスは,十二使徒を選ぶうえでジョセフ・スミスを助けました。十二使徒定員会は,新約聖書の使徒のように,世界中に福音を宣べ伝えるために任命された12人の大祭司から成る神権定員会です。教義と聖約で述べられた神権に関する指示によれば,七十人もまた「召されて,福音を宣べ伝え,異邦人と全世界に対する特別な証人となる」のです。これはイエスがその生涯の間,イスラエルの民に福音を宣べ伝えるように召された七十人をひな形としています。2

指示によれば,七十人は「十二使徒の権能と同等の権能を持つ定員会を構成する」が,七十人は使徒たちの指示の下に行動するとあります。この十二使徒会は,ユダヤ人と異邦人の双方に福音を宣言する「鍵」を持つ唯一の組織です。3

さらなる男性たちが召されるつれ,新たな七十人の定員会が組織されていきました。1844年のジョセフ・スミスの死後,35歳以下の長老たちのほとんどが七十人として召され,人数が増えるにしたがって多くの新しい定員会が組織されました。1846年までには,七十人定員会の数は35にまで達し,最終的に何百という定員会が組織されることとなります。19世紀後半における宣教師の大半は,こうした地元の七十人定員会の会員でした。4それぞれの定員会会員から選ばれた7人から成る評議会が,定員会を管理しました。つまり,七十人定員会は七十人第一評議会を構成する7人の男性により管理されていたのです。これらの男性たちは,権能において十二使徒定員会に次ぐ中央幹部として支持されました。1907年,ジョセフ・F・スミスは,七十人第一評議会は「十二使徒補助」として機能し,ある意味で「主イエス・キリストの使徒」として世界中に福音を宣べ伝えるために送られると教えました。5

教会の会員数が地球上で増すにつれ,十二使徒がそのすべての管理の責任を果たすことは困難となりました。1941年,大管長会は「十二使徒補助」として数人の男性を召すようになります。1961年になると,デビッド・O・マッケイ大管長は七十人第一評議会の会員を大祭司の職に聖任し,「十二使徒の指示の下にステークやワードに関する諸事をすべて整える」権能を与えるように指示しました。61975年10月のこと,スペンサー・W・キンボール大管長は,中央幹部のさらなる組織として七十人第一定員会を組織することを発表し,七十人第一評議会,十二使徒補助,そのほか新たに召された七十人でその定員会を満たしました。1986年10月,エズラ・タフト・ベンソン大管長は地元の指導者たちに向けて,地元の七十人定員会を廃止するように,また今後は男性たちを七十人の職に召したり,聖任したりすることのないように指示しました。それから指導者たちは,地元の七十人定員会に属していた会員たちを長老定員会に出席するように指示するか,大祭司に聖任するようにしました。

1986年以降,地元における七十人の職はなくなり,中央の七十人の職だけが残ることになりました。通常,七十人の会員は70歳で現役を退き,名誉幹部の称号を授けられます。七十人「第一」定員会の組織は,教会のごく初期にあった七十人定員会のひな形を更新するものとなりました。地元レベルではなく,中央レベルとなっただけです。1989年4月には,七十人第二定員会が組織されます。1997年から2005年にかけて,大管長会は第三から第八までの定員会を組織し,これらの定員会の会員を「地域七十人」として,七十人第一定員会の指示の下に置きました。今日の七十人は,世界中の教会を管理するに当たり,十二使徒定員会と大管長会を支援し,地域会長会の会員として奉仕し,ステークを組織し,地元や中央レベルの大会の場において末日聖徒を教えています。