列王紀下5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 スリヤおう軍勢ぐんぜいちょうナアマンはその主君しゅくんおもんじられた有力ゆうりょくひとであった。しゅがかつてかれもちいてスリヤに勝利しょうりさせられたからである。かれだい勇士ゆうしであったが、らいびょうをわずらっていた。

    2 さきにスリヤびとが略奪りゃくだつたいんでてきたとき、イスラエルのからひとりの少女しょうじょとらえてった。彼女かのじょはナアマンのつまつかえたが、

    3 そのおんな主人しゅじんにむかって、「ああ、主人しゅじんがサマリヤにいる預言者よげんしゃともにおられたらよかったでしょうに。かれはそのらいびょうをいやしたことでしょう」とったので、

    4 ナアマンはって、その主君しゅくんに、「イスラエルのからきたむすめがこういうこといました」とげると、

    5 スリヤおうった、「それではきなさい。わたしはイスラエルのおう手紙てがみきましょう」。そこでかれぎん十タラントと、きん六千シケルと、ちゃくたずさえてった。

    6 かれがイスラエルのおうってった手紙てがみには、「この手紙てがみがあなたにとどいたならば、わたしの家来けらいナアマンを、あなたにつかわしたことと承知しょうちください。あなたにかれのらいびょうをいやしていただくためです」とあった。

    7 イスラエルのおうはその手紙てがみんだときころもいてった、「わたしはころしたり、かしたりすることのできるかみであろうか。どうしてこのひとは、らい病人びょうにんをわたしにつかわして、それをいやせとうのか。あなたがたは、かれがわたしにあらそいをしかけているのをって警戒けいかいするがよい」。

    8 かみひとエリシャは、イスラエルのおうがそのころもいたことをき、おうひとをつかわしてった、「どうしてあなたはころもいたのですか。かれをわたしのもとにこさせなさい。そうすればかれはイスラエルに預言者よげんしゃのあることをるようになるでしょう」。

    9 そこでナアマンはうまくるまとをしたがえてきて、エリシャのいえ入口いりぐちった。

    10 するとエリシャはかれ使者ししゃをつかわしてった、「あなたはヨルダンへって七たびあらいなさい。そうすれば、あなたのにくはもとにかえってきよくなるでしょう」。

    11 しかしナアマンはいかってり、そしてった、「わたしは、かれがきっとわたしのもとにてきてち、そのかみしゅんで、その箇所かしょうえうごかして、らいびょうをいやすのだろうとおもった。

    12 ダマスコのかわアバナとパルパルはイスラエルのすべてのかわみずにまさるではないか。わたしはこれらのかわあらってきよまることができないのであろうか」。こうしてかれをめぐらし、いかってった。

    13 そのとき、しもべたちはかれちかよってった、「わがちちよ、預言者よげんしゃがあなたに、なにおおきなことをせよとめいじても、あなたはそれをなさらなかったでしょうか。ましてかれはあなたに『あらってきよくなれ』とうだけではありませんか」。

    14 そこでナアマンはくだってって、かみひと言葉ことばのように七たびヨルダンにひたすと、そのにくがもとにかえっておさにくのようになり、きよくなった。

    15 かれはすべての従者じゅうしゃれてかみひとのもとにかえってきて、そのまえってった、「わたしはいま、イスラエルのほか、ぜんのどこにもかみのおられないことをりました。それゆえ、どうぞ、しもべのおくものけてください」。

    16 エリシャはった、「わたしのつかえるしゅきておられる。わたしはなにけません」。かれはしいてけさせようとしたが、それをこばんだ。

    17 そこでナアマンはった、「もしおけにならないのであれば、どうぞ騾馬らばに二つちをしもべにください。これからのちしもべは、かみには燔祭はんさい犠牲ぎせいもささげず、ただしゅにのみささげます。

    18 どうぞしゅがこのことを、しもべにおゆるしくださるように。すなわち、わたしの主君しゅくんがリンモンのみやにはいって、そこでれいはいするとき、わたしのによりかかることがあり、またわたしもリンモンのみやをかがめることがありましょう。わたしがリンモンのみやをかがめるとき、どうぞしゅがそのことを、しもべにおゆるしくださるように」。

    19 エリシャはかれった、「やすんじてきなさい」。ナアマンがエリシャをはなれてすこったとき、

    20 かみひとエリシャのしもべゲハジはった、「主人しゅじんはこのスリヤびとナアマンをいたわって、かれたずさえてきたものけなかった。しゅきておられる。わたしはかれのあとをいかけて、かれからすこし、ものけよう」。

    21 そしてゲハジはナアマンのあとをったが、ナアマンは自分じぶんのあとからかれはしってくるのをて、くるまからり、かれむかえて、「かわったことがあるのですか」とうと、

    22 かれった、「無事ぶじです。主人しゅじんがわたしをつかわしてわせます、『ただいまエフライムの山地さんちから、預言者よげんしゃのともがらのふたりの若者わかものが、わたしのもとにましたので、どうぞかれらにぎん一タラントとちゃくあたえてください』」。

    23 ナアマンは、「どうぞ二タラントをけてください」とってかれにしい、ぎん二タラントを二つのふくろれ、ちゃくえて、自分じぶんのふたりのしもべにわたしたので、かれらはそれをってゲハジのさきってすすんだが、

    24 かれおかにきたとき、それをかれらのからっていえのうちにおさめ、人々ひとびとおくりかえしたので、かれらはった。

    25 かれがはいって主人しゅじんまえつと、エリシャはかれった、「ゲハジよ、どこへってきたのか」。かれった、「しもべはどこへもきません」。

    26 エリシャはった、「あのひとくるまをはなれて、あなたをむかえたとき、わたしのこころはあなたと一緒いっしょにそこにいたではないか。いまきんけ、着物きものけ、オリブはたけ、ぶどうはたけひつじうし、しもべ、はしためをけるときであろうか。

    27 それゆえ、ナアマンのらいびょうはあなたにき、ながくあなたの子孫しそんおよぶであろう」。かれがエリシャのまえていくとき、らいびょうはっしてゆきのようにしろくなっていた。