聖典
列王紀下22
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第22章

1 ヨシヤは八さいおうとなり、エルサレムで三十一ねんあいだおさめた。はははボヅカテのアダヤのむすめで、をエデダといった。

2 ヨシヤはしゅにかなうことおこない、先祖せんぞダビデのみちあゆんでみぎにもひだりにもまがらなかった。

3 ヨシヤおうだい十八ねんおうはメシュラムのアザリヤのである書記官しょきかんシャパンをしゅみやにつかわしてった、

4 だい祭司さいしヒルキヤのもとへのぼってって、しゅみやにはいってきたぎん、すなわちもんまもものたみからあつめたものの総額そうがくかれかぞえさせ、

5 それを工事こうじをつかさどるしゅみや監督かんとくものわたさせ、かれらからしゅみや工事こうじをするものにそれをわたして、みややぶれをつくろわせなさい。

6 すなわち木工もっこう建築けんちく石工いしくにそれをわたし、またみやつくろ材木ざいもくいしわせなさい。

7 ただしかれらは正直しょうじきことおこなうから、かれらにわたしたぎんについてはかれらと計算けいさんするにおよばない」。

8 そのときだい祭司さいしヒルキヤは書記官しょきかんシャパンにった、「わたしはしゅみや律法りっぽうしょつけました」。そしてヒルキヤがその書物しょもつをシャパンにわたしたので、かれはそれをんだ。

9 書記官しょきかんシャパンはおうのもとへき、おう報告ほうこくしてった、「しもべどもはみやにあったぎんみなして、それを工事こうじをつかさどるしゅみや監督かんとくものわたしました」。

10 書記官しょきかんシャパンはまたおうげて「祭司さいしヒルキヤはわたしに一つの書物しょもつわたしました」とい、それをおうまえんだ。

11 おうはその律法りっぽうしょ言葉ことばくと、そのころもいた。

12 そしておう祭司さいしヒルキヤと、シャパンのアヒカムと、ミカヤのアクボルと、書記官しょきかんシャパンと、おう大臣だいじんアサヤとにめいじてった、

13 「あなたがたはって、このつかった書物しょもつ言葉ことばについて、わたしのため、たみのため、またユダ全国ぜんこくのためにしゅたずねなさい。われわれの先祖せんぞたちがこの書物しょもつ言葉ことばしたがわず、すべてわれわれについてしるされていることおこなわなかったために、しゅはわれわれにむかって、おおいなるいかりをはっしておられるからです」。

14 そこで祭司さいしヒルキヤ、アヒカム、アクボル、シャパンおよびアサヤはシャルムのつまであるおんな預言者よげんしゃホルダのもとへった。シャルムはハルハスのであるテクワので、衣装いしょうべやをまもものであった。そのときホルダはエルサレムの下町したまちんでいた。かれらがホルダにげたので、

15 ホルダはかれらにった、「イスラエルのかみしゅはこうおおせられます、『あなたがたをわたしにつかわしたひといなさい。

16 しゅはこうわれます、よ、わたしはユダのおうんだあの書物しょもつのすべての言葉ことばにしたがって、わざわいをこのところと、ここにんでいるたみくだそうとしている。

17 かれらがわたしをてて神々かみがみこうをたき、自分じぶんたちのつくったもろもろのものをもって、わたしをいからせたからである。それゆえ、わたしはこのところにむかっていかりのはっする。これはえることがないであろう』。

18 ただししゅたずねるために、あなたがたをつかわしたユダのおうにはこういなさい、『あなたがいた言葉ことばについてイスラエルのかみしゅはこうおおせられます、

19 あなたは、わたしがこのところと、ここにんでいるたみにむかって、これはとなり、のろいとなるであろうとうのをいたときこころい、しゅまえにへりくだり、ころもいてわたしのまえいたゆえ、わたしもまたあなたのうことをいたのであるとしゅわれる。

20 それゆえ、よ、わたしはあなたを先祖せんぞたちのもとにあつめる。あなたはやすらかにはかあつめられ、わたしがこのところくだすもろもろのわざわいることはないであろう』」。かれらはこの言葉ことばおうかえった。