列王紀下20
戻る 次へ

第20章

1 そのころ、ヒゼキヤは病気びょうきになってにかかっていた。アモツの預言者よげんしゃイザヤはかれのところにきてった、「しゅはこうおおせられます、『いえひと遺言ゆいごんをなさい。あなたはにます。きながらえることはできません』」。

2 そこでヒゼキヤはかおかべけてしゅいのってった、

3 「ああしゅよ、わたしが真実しんじつ真心まごころをもってあなたのまえあゆみ、あなたのにかなうことをおこなったのをどうぞおもおこしてください」。そしてヒゼキヤははげしくいた。

4 イザヤがまだ中庭なかにわないうちにしゅ言葉ことばかれのぞんだ、

5 かえして、わたしのたみきみヒゼキヤにいなさい、『あなたのちちダビデのかみしゅはこうおおせられる、わたしはあなたのいのりき、あなたのなみだた。よ、わたしはあなたをいやす。三にはあなたはしゅみやのぼるであろう。

6 かつ、わたしはあなたのよわいを十五ねんす。わたしはあなたと、このまちとをアッスリヤのおうからすくい、わたしののため、またわたしのしもべダビデのためにこのまちまもるであろう』」。

7 そしてイザヤはった、「しいちじくのひとかたまりをってきて、それを腫物はれものにつけさせなさい。そうすればなおるでしょう」。

8 ヒゼキヤはイザヤにった、「しゅがわたしをいやされることと、三にわたしがしゅいえのぼることについて、どんなしるしがありましょうか」。

9 イザヤはった、「しゅ約束やくそくされたことをおこなわれることについては、しゅからこのしるしをられるでしょう。すなわち日影ひかげが十すすむか、あるいは十退しりぞくかです」。

10 ヒゼキヤはこたえた、「日影ひかげが十すすむことはたやすいことです。むしろ日影ひかげを十退しりぞかせてください」。

11 そこで預言者よげんしゃイザヤがしゅばわると、アハズのとき計のうえすすんだ日影ひかげを、十退しりぞかせられた。

12 そのころ、バラダンのであるバビロンのおうメロダクバラダンは、手紙てがみおくものたせて使節しせつをヒゼキヤにつかわした。これはヒゼキヤがんでいることをいたからである。

13 ヒゼキヤはかれらをよろこむかえて、宝物ほうもつくら金銀きんぎん香料こうりょう貴重きちょうあぶらおよび武器ぶきくら、ならびにその倉庫そうこにあるすべてのものかれらにせた。いえにあるものも、くににあるものも、ヒゼキヤがかれらにせないものは一つもなかった。

14 そのとき預言者よげんしゃイザヤはヒゼキヤおうのもとにきてった、「あの人々ひとびとなにいましたか。どこからきたのですか」。ヒゼキヤはった、「かれらはとおくにから、バビロンからきたのです」。

15 イザヤはった、「かれらはあなたのいえなにましたか」。ヒゼキヤはこたえてった、「わたしのいえにあるものみなました。わたしの倉庫そうこのうちには、わたしがかれらにせないものは一つもありません」。

16 そこでイザヤはヒゼキヤにった、「しゅ言葉ことばきなさい、

17 しゅわれる、よ、すべてあなたのいえにあるもの、および、あなたの先祖せんぞたちが今日こんにちまでにみたくわえたものの、バビロンにはこられるる。なにのこるものはないであろう。

18 また、あなたのからるあなたのたちもられ、バビロンのおう宮殿きゅうでん宦官かんがんとなるであろう』」。

19 ヒゼキヤはイザヤにった、「あなたがわれたしゅ言葉ことば結構けっこうです」。かれは「せめて自分じぶんにあるあいだ、平和へいわ安全あんぜんがあればいことではなかろうか」とおもったからである。

20 ヒゼキヤのその事績じせきとその武勇ぶゆうおよび、かれ貯水池ちょすいち水道すいどうつくって、まちみずいたことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

21 ヒゼキヤはその先祖せんぞたちとともねむって、そのマナセがかわっておうとなった。