列王紀下2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 しゅがつむじかぜをもってエリヤをてんのぼらせようとされたとき、エリヤはエリシャとともにギルガルをった。

    2 エリヤはエリシャにった、「どうぞ、ここにとどまってください。しゅはわたしをベテルにつかわされるのですから」。しかしエリシャはった、「しゅきておられます。またあなたもきておられます。わたしはあなたをはなれません」。そしてかれらはベテルへくだった。

    3 ベテルにいる預言者よげんしゃのともがらが、エリシャのもとにてきてかれった、「しゅがきょう、あなたの師事しじする主人しゅじんをあなたからられるのをっていますか」。かれった、「はい、っています。あなたがたはだまっていてください」。

    4 エリヤはかれった、「エリシャよ、どうぞ、ここにとどまってください。しゅはわたしをエリコにつかわされるのですから」。しかしエリシャはった、「しゅきておられます。またあなたもきておられます。わたしはあなたをはなれません」。そしてかれらはエリコへった。

    5 エリコにいた預言者よげんしゃのともがらが、エリシャのもとにきてかれった、「しゅがきょう、あなたの師事しじする主人しゅじんをあなたからられるのをっていますか」。かれった、「はい、っています。あなたがたはだまっていてください」。

    6 エリヤはまたかれった、「どうぞ、ここにとどまってください。しゅはわたしをヨルダンにつかわされるのですから」。しかしかれった、「しゅきておられます。またあなたもきておられます。わたしはあなたをはなれません」。そしてふたりはすすんでった。

    7 預言者よげんしゃのともがら五十にんって、かれらにむかって、はるかにはなれてっていた。かれらふたりは、ヨルダンのほとりにったが、

    8 エリヤは外套がいとうり、それをいてみずつと、みず左右さゆうわかれたので、ふたりはかわいたつちうえわたることができた。

    9 かれらがわたったとき、エリヤはエリシャにった、「わたしがられて、あなたをはなれるまえに、あなたのしてほしいこともとめなさい」。エリシャはった、「どうぞ、あなたのれいの二つのぶんをわたしにがせてください」。

    10 エリヤはった、「あなたはむずかしいこともとめる。あなたがもし、わたしがられて、あなたをはなれるのをるならば、そのようになるであろう。しかしないならば、そのようにはならない」。

    11 かれらがすすみながらかたっていたときくるまうまがあらわれて、ふたりをへだてた。そしてエリヤはつむじかぜっててんにのぼった。

    12 エリシャはこれをて「わがちちよ、わがちちよ、イスラエルの戦車せんしゃよ、その騎兵きへいよ」とさけんだが、ふたたかれなかった。そこでエリシャは自分じぶん着物きものをつかんで、それを二つにき、

    13 またエリヤのからちた外套がいとうげ、かえってきてヨルダンのきしった。

    14 そしてエリヤのからちたその外套がいとうってみずち、「エリヤのかみしゅはどこにおられますか」とい、かれみずつと、みず左右さゆうわかれたので、エリシャはわたった。

    15 エリコにいる預言者よげんしゃのともがらはかれちかづいてるのをて、「エリヤのれいがエリシャのうえにとどまっている」とった。そしてかれらはかれむかえ、そのまえして、

    16 かれった、「しもべらのところちからつよものが五十にんいます。どうぞかれらをつかわして、あなたの主人しゅじんたずねさせてください。しゅれいかれきあげて、かれやまたにげたのかもれません」。エリシャは「つかわしてはならない」とったが、

    17 かれじるまで、しいたので、かれは「つかわしなさい」とった。それでかれらは五十にんものをつかわし、三あいだたずねたが、かれいださなかった。

    18 エリシャのなおエリコにとどまっているときかれらがかえってきたので、エリシャはかれらにった、「わたしは、あなたがたに、ってはならないとげたではないか」。

    19 まち人々ひとびとはエリシャにった、「られるとおり、このまち場所ばしょいがみずわるいので、この流産りゅうざんおこすのです」。

    20 エリシャはった、「あたらしいさらしおって、わたしにってきなさい」。かれらはってきた。

    21 エリシャはみずみなもとって、しおをそこにれてった、「しゅはこうおおせられる、『わたしはこのみずみずにした。もはやここには流産りゅうざんおこらないであろう』」。

    22 こうしてそのみずはエリシャのったとおりにみずになって今日こんにちいたっている。

    23 かれはそこからベテルへのぼったが、のぼって途中とちゅうちいさい子供こどもらがまちからてきてかれをあざけり、かれにむかって「はげあたまよ、のぼれ。はげあたまよ、のぼれ」とったので、

    24 かれはふりかえってかれらをしゅをもってかれらをのろった。するとはやしなかから二とうぐまがてきて、そのともらのうち四十二にんいた。

    25 かれはそこからカルメルやまき、そこからサマリヤにかえった。