モルモン書8
戻る 次へ

第8章

レーマンじん,ニーファイじんさがしてころす。『モルモンしょ』はしょうらいかみちからによってる。しゅわざたいしていかりとあらそいのことものせんげんされたかずかずわざわい。ニーファイじんろくは,あく退たいはいはいきょうだいる。げんやく四百ねんから四百二十一ねんいたる。

1 よ,わたしモロナイちちモルモンのろくげる。よ,わたしがことがらはわずかであり,それはちちからされたものである。

2 さて,クモラでのだいですさまじいたたかいののちよ,なんぽうほうげていたニーファイじんは,レーマンじんによってされ,とうとうぜんいんころされてしまった。

3 わたしのちちかれらにころされた。そして,わたしだけが一人ひとりのこり,わたしのたみめつぼうしるすことになった。よ,わたしのたみはもうってしまったので,わたしはちちからめいじられたことをたす。わたしはこののちレーマンじんころされるかどうかからない。

4 そこでわたしは,ろくしるして,なかかくそう。そうすれば,わたしはどこへこうとかまわない。

5 よ,ちちこのろくつくり,このろくもくてきいた。そしてまことに,わたしもはんがあればそれをきたいが,そのはない。また,あらがねもない。わたしはどくである。わたしのちちたたかいでころされ,しんぞくぜんいんころされてしまった。わたしにはとももなく,ところもない。また,しゅがわたしをいつまでかしてくださるか,わたしにはからない。

6 よ,わたしたちのしゅすくぬしらいりんから四百ねんった。

7 またよ,レーマンじんは,わたしのたみニーファイじんまちからまちへ,ほうからほうへとめて,とうとうニーファイじん一人ひとりもいなくなった。そのめつぼうはひどかった。まことに,わたしのたみニーファイじんめつぼうは,ひどくおどろくべきものである。

8 そしてよ,それをおこなわれたのはしゅである。またよ,レーマンじんたがいにたたかっていて,このぜんめんさつじんりゅうけつえないありさませており,だれもせんそうわるらない。

9 さてよ,わたしはもうニーファイじんのことについてべない。おもてにいるのはレーマンじんごうとうだけで,ほかにはだれもいないからである。

10 イエスのたちのほかに,まことのかみっているものはだれもいない。イエスのたちはたみあくがひどくなるまではこのんでいたが,あくじょうにひどくなったので,しゅかれらがたみとともにいることをおゆるしにならなかった。かれらがいまこのおもてにいるかどうか,だれもらない。

11 しかしよ,ちちとわたしはかつてかれらにい,かれらはわたしたちをおしみちびいてくれた。

12 このろくれ,このなかかんぜんなところがあるからといってなんしたりしないものは,これらのことよりもおおいなることるであろう。よ,わたしはモロナイである。できれば,わたしはあなたがたにすべてのことがららせたい。

13 よ,これでこのたみについてべるのをえる。わたしはモルモンのむすであり,わたしのちちはニーファイのそんであった。

14 わたしは,しゅたくしてこのろくかくものである。このろくはんは,しゅめいれいがあるので,きんせんじょうはまったくない。えきるためにこのろくはんしょゆうするものはだれもいないと,しゅじっさいっておられるからである。しかし,このはんろくじょうがある。これをあかるみにものに,しゅしゅくふくさずけられるであろう。

15 これをあかるみにちからは,かみからあたえられるのでなければ,だれもつことができない。かみは,かみえいこうひたすらけながらこれをあかるみにすように,あるいはながあいだらされているむかししゅせいやくたみさいわいのためにこれをおこなうようにのぞんでおられる。

16 このろくあかるみにものさいわいである。かみことのとおりに,これはくらやみからあかるみにされる。まことに,これはからされ,くらやみからかがやて,たみられるようになる。それはかみちからによっておこなわれる。

17 もしあやまがあるとすれば,それはひとあやまりである。しかしよ,わたしたちはまったくあやまりをいださない。それでも,かみはすべてのことをぞんじであるので,なんするものは,ごくまれるおそれのないようにようじんしなければならない。

18 「わたしにせよ。さもなければ,おまえをつ」とものは,しゅからきんじられていることをめいじないようにをつけなければならない。

19 それはよ,けいそつさばものおなじようにけいそつさばかれ,ひとむくいはとうにんおこないにおうじるものだからである。したがって,ものおなじようにしゅからたれるであろう。

20 よ,「『ひとってはならないし,さばいてもならない。さばきはわたしのすることである。ほうふくもわたしのすることである。わたしがかえしをする』と,しゅわれる」と,せいぶんべている。

21 しゅわざたいして,またイスラエルのいえであるしゅせいやくたみたいして,いかりとあらそいのことき,「しゅわざやそう。しゅはイスラエルのいえてたせいやくおもしはしない」とものは,たおされてなかまれるおそれがある。

22 しゅのすべてのやくそくたされるまで,しゅえいえんもくてきつづくからである。

23 イザヤげん調しらべなさい。よ,わたしはそれをしるすことはできないが,まことによ,あなたがたにっておく。このしょゆうしていて,わたしよりもまえったせいたちはさけ。まことに,かれらはからしゅさけぶ。そして,しゅきておられるように,しゅかれらとわしたせいやくおもされるであろう。

24 しゅは,同胞はらからのためにささげられたせいたちのいのぞんじである。またしゅは,かれらのしんこうぞんじである。かれらは,しゅによってやまやまうつすことができた。かれらは,しゅによってうごかすこともできた。また,しゅことちからによってろうたおした。まことに,しゅことちからのために,えるかれらをがいすることができず,もうじゅうどくじゃがいくわえることができなかった。

25 またよ,かれらのいのは,しょうらいこれらのものをすことをしゅからゆるされるもののためにもささげられた。

26 だれも,これらのものはることはないとってはならない。しゅわれたので,これらのものはかならるからである。これらのものはしゅによってからる。だれもそれをさまたげることはできない。それは,せきがやんでしまったとわれるだいる。あたかもひとしゃなかからかたるかのようにそれはる。

27 せいたちのみつけっしゃやみわざのことでしゅさけんでうったえるだいに,それはる。

28 まことに,かみちからていされ,もろもろのきょうかいけがれたものとなり,きょうかいものたちがこうまんこころたかぶるだいに,それはる。まことに,きょうかいどうしゃたちときょうたちがこころこうまんにして,かれらのきょうかいぞくするものたちさえねたみのるようになるだいに,それはる。

29 まことに,ほかのくにぐにぼうふうめるけむりのことをつただいに,それはあらわる。

30 またそのとき,さまざまにおけるせんそうせんそうのうわさとしんのこともつたくであろう。

31 まことに,おもてにひどいけがれがあり,さつじんごうとういつわりとあざむきとみだらなおこないとあらゆるまわしいおこないがあるだいに,また,「これをおこなえ。あれをおこなえ。それをしてもかまわないしゅわりのべんしてくださる」とものおおくいるだいに,それはる。しかし,このようにものわざわいである。かれらはじゅうなかにおり,ざいあくなわけているからである。

32 まことに,「わたしのところになさい。きんせんえにあなたがたのつみゆるされる」ときょうかいもうけられているだいに,それはる。

33 おお,じゃあくでよこしまでごうじょうたみよ,なぜあなたがたはえきようとしてぶんしんのためにきょうかいもうけたのか。なぜあなたがたはかみせいなることえてぶんばつさだまねくようにしたのか。よ,かみけいたよりなさい。よ,これらのことがすべてかならじょうじゅするときが,そのだいるからである。

34 よ,これらのことがあなたがたのなかこるそのだいに,もなくかならるものについて,しゅおおいなるおどろくべきことをわたしにしめしてくださった。

35 よ,わたしはあなたがたがここにいるかのようにかたっているが,あなたがたはまだこのにいない。しかしよ,イエス・キリストがわたしにあなたがたをせてくださったので,わたしはあなたがたがおこなうことをっている。

36 わたしは,あなたがたがこころこうまんにしてあることをっている。こころこうまんにしてたかぶることをしないものはわずかしかいない。こうまんものは,じょうはなやかなふくて,ねたみやあらそい,あくはくがい,またあらゆるざいあくまる。また,あなたがたのきょうかい,まことにすべてのきょうかいは,あなたがたのこころこうまんなためにけがれたものになってしまった。

37 よ,あなたがたは,まずしいひととぼしいひとびょうにんくるしんでいるひとあいするじょうに,きんせんざいさんはなやかなふくあいし,あなたがたのきょうかいかざることをたいせつにする。

38 おお,しょくするもののためにぶんしんけがれたものたちよ,ぜんしゃたちよ,きょうたちよ,なぜあなたがたはかみせいなるきょうかいけがしたのか。なぜあなたがたは,キリストのけるのをじるのか。なぜあなたがたは,きゅうこうふくが,けっしてきないあのこうじょうたいよりもおおきながあることをかんがえないのか。それはほまのためである。

39 なぜあなたがたは,いのちのないものでぶんしんかざりながら,えているひととぼしいひともののないひとびょうにんくるしんでいるひとごしにし,かれらにちゅうはらわないのか。

40 まことに,なぜあなたがたは,えきるためにみつまわしいおこなくわだて,やもめをしゅまえなげかなしませ,みなしごもしゅまえなげかなしませ,かれらのちちおっとがあなたがたのこうべほうふくおよぶよううったえて,なかからしゅさけぶようにさせるのか。

41 よ,ほうふくつるぎがあなたがたにせまっている。しゅはもはやせいたちのたんがんをそのままにしておかれないので,しゅがあなたがたにかれらののためにほうふくされるときがすぐにるであろう。