聖典
サムエル記下8
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第8章

1 こののちダビデはペリシテびとをって、これを征服せいふくした。ダビデはまたペリシテびとのからメテグ・アンマをった。

2 かれはまたモアブをち、かれらをさせ、なわをもってかれらをはかった。すなわち二すじのなわをもってころすべきものはかり、一すじのなわをもってかしておくものはかった。そしてモアブびとは、ダビデのしもべとなって、みつぎをおさめた。

3 ダビデはまたレホブのであるゾバのおうハダデゼルが、ユフラテかわのほとりにその勢力せいりょく回復かいふくしようとしてくところをった。

4 そしてダビデはかれから騎兵きへい千七百にん歩兵ほへい二万にんった。ダビデはまた一百の戦車せんしゃうまのこして、そのほかの戦車せんしゃうまはみなそのあしすじった。

5 ダマスコのスリヤびとが、ゾバのおうハダデゼルをたすけるためにきたので、ダビデはスリヤびと二万二千にんころした。

6 そしてダビデはダマスコのスリヤに守備しゅびたいいた。スリヤびとは、ダビデのしもべとなって、みつぎをおさめた。しゅはダビデにすべてそのところ勝利しょうりあたえられた。

7 ダビデはハダデゼルのしもべらがっていたきんたてうばって、エルサレムにってきた。

8 ダビデおうはまたハダデゼルのまち、ベタとベロタイから、ひじょうにおおくの青銅せいどうった。

9 ときにハマテのおうトイは、ダビデがハダデゼルのすべての軍勢ぐんぜいやぶったことをき、

10 そのヨラムをダビデおうのもとにつかわして、かれにあいさつし、かつしゅくべさせた。ハダデゼルはかつてしばしばトイとたたかいをまじえたが、ダビデがハダデゼルとたたかってこれをやぶったからである。ヨラムがぎんうつわきんうつわ青銅せいどううつわたずさえてきたので、

11 ダビデおう征服せいふくしたすべての国民こくみんからってささげた金銀きんぎんともにこれらをもしゅにささげた。

12 すなわちエドム、モアブ、アンモンの人々ひとびと、ペリシテびと、アマレクからもの、およびゾバのおうレホブのハダデゼルからたぶんどりものともにこれをささげた。

13 こうしてダビデは名声めいせいた。かれかえってきてからしおたにでエドムびと一万八千にんころした。

14 そしてエドムに守備しゅびたいいた。すなわちエドムのぜん守備しゅびたいき、エドムびとはみなダビデのしもべとなった。しゅはダビデにすべてそのところ勝利しょうりあたえられた。

15 こうしてダビデはイスラエルのぜんおさめ、そのすべてのたみ正義せいぎ公平こうへいおこなった。

16 ゼルヤのヨアブはぐんちょう、アヒルデのヨシャパテは史官しかん

17 アヒトブのザドクとアビヤタルのアヒメレクは祭司さいし、セラヤは書記官しょきかん

18 エホヤダのベナヤはケレテびととペレテびとのちょう、ダビデのたちは祭司さいしであった。