サムエル記下6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 ダビデはふたたびイスラエルのえりきのもの三万にんをことごとくあつめた。

    2 そしてダビデはって、自分じぶんともにいるすべてのたみともにバアレ・ユダへって、かみはこをそこからかきのぼろうとした。このはこはケルビムのうえしておられる万軍ばんぐんしゅをもってばれている。

    3 かれらはかみはこあたらしいくるませて、やまうえにあるアビナダブのいえからはこした。

    4 アビナダブのたち、ウザとアヒオとがかみはこせたあたらしいくるま指揮しきし、ウザはかみはこのかたわらに沿い、アヒオははこまえすすんだ。

    5 ダビデとイスラエルの全家ぜんかこと立琴たてごとつづみすずとシンバルとをもってうたをうたい、ちからをきわめて、しゅまえおどった。

    6 かれらがナコンのにきたとき、ウザはかみはこべて、それをおさえた。うしがつまずいたからである。

    7 するとしゅはウザにかっていかりをはっし、かれはこべたので、かれをそのたれた。かれかみはこのかたわらでんだ。

    8 しゅがウザをたれたので、ダビデはいかった。そのところ今日こんにちまでペレヅ・ウザとばれている。

    9 そのダビデはしゅおそれてった、「どうしてしゅはこがわたしのところることができようか」。

    10 ダビデはしゅはこをダビデのまちれることをこのまず、これをうつしてガテびとオベデエドムのいえはこばせた。

    11 かみはこはガテびとオベデエドムのいえに三かげつとどまった。しゅはオベデエドムとその全家ぜんか祝福しゅくふくされた。

    12 しかしダビデおうは、「しゅかみはこのゆえに、オベデエドムのいえとそのすべての所有しょゆう祝福しゅくふくされている」とき、ダビデはって、よろこびをもって、かみはこをオベデエドムのいえからダビデのまちにかきのぼった。

    13 しゅはこをかくものが六すすんだとき、ダビデはうしえたもの犠牲ぎせいとしてささげた。

    14 そしてダビデはちからをきわめて、しゅはこまえおどった。そのときダビデは亜麻あまぬののエポデをつけていた。

    15 こうしてダビデとイスラエルの全家ぜんかとは、よろこびのさけびと角笛つのぶえおとをもって、かみはこをかきのぼった。

    16 しゅはこがダビデのまちにはいったとき、サウルのむすめミカルはまどからながめ、ダビデおうしゅまえおどるのをて、こころのうちにダビデをさげすんだ。

    17 人々ひとびとしゅはこをかきれて、ダビデがそのためにった天幕てんまくなかのその場所ばしょいた。そしてダビデは燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいしゅまえにささげた。

    18 ダビデは燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげおわったとき万軍ばんぐんしゅによってたみ祝福しゅくふくした。

    19 そしてすべてのたみ、イスラエルのぜん民衆みんしゅうに、おとこにもおんなにも、おのおのパンの菓子かしにく一きれ、ほしぶどう一かたまりをあたえた。こうしてたみはみなおのおのそのいえかえった。

    20 ダビデが家族かぞく祝福しゅくふくしようとしてかえってきたとき、サウルのむすめミカルはダビデを出迎でむかえてった、「きょうイスラエルのおうはなんと威厳いげんのあったことでしょう。いたずらものが、はじらず、そのあらわすように、きょう家来けらいたちのはしためらのまえ自分じぶんあらわされました」。

    21 ダビデはミカルにった、「あなたのちちよりも、またその全家ぜんかよりも、むしろわたしをえらんで、しゅたみイスラエルのきみとせられたしゅまえおどったのだ。わたしはまたしゅまえおどるであろう。

    22 わたしはこれよりももっとかろんじられるようにしよう。そしてあなたのにはいやしめられるであろう。しかしわたしは、あなたがさきにった、はしためたちにほまれるであろう」。

    23 こうしてサウルのむすめミカルはまで子供こどもがなかった。