サムエル記下12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 しゅはナタンをダビデにつかわされたので、かれはダビデのところにきてった、「あるまちにふたりのひとがあって、ひとりはみ、ひとりはまずしかった。

    2 んでいるひと非常ひじょうおおくのひつじうしっていたが、

    3 まずしいひと自分じぶんった一とうちいさいめす小羊こひつじのほかはなにっていなかった。かれがそれをそだてたので、その小羊こひつじかれおよびかれ子供こどもたちととも成長せいちょうし、かれ食物しょくもつべ、かれのわんからみ、かれのふところでて、かれにとってはむすめのようであった。

    4 ときに、ひとりのたびびとが、そのんでいるひとのもとにきたが、自分じぶんひつじまたはうしのうちから一いっとうって、自分じぶんところにきたたびびとのために調理ちょうりすることをしみ、そのまずしいひと小羊こひつじって、これを自分じぶんところにきたひとのために調理ちょうりした」。

    5 ダビデはそのひとことをひじょうにいかってナタンにった、「しゅきておられる。このことをしたそのひとぬべきである。

    6 かつそのひとはこのことをしたため、またあわれまなかったため、その小羊こひつじを四ばいにしてつぐなわなければならない」。

    7 ナタンはダビデにった、「あなたがそのひとです。イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、『わたしはあなたにあぶらそそいでイスラエルのおうとし、あなたをサウルのからすくいだし、

    8 あなたに主人しゅじんいえあたえ、主人しゅじんつまたちをあなたのふところにあたえ、またイスラエルとユダのいえをあなたにあたえた。もしすくなかったならば、わたしはもっとおおくのものをあなたにくわえたであろう。

    9 どうしてあなたはしゅ言葉ことばかろんじ、そのまえ悪事あくじをおこなったのですか。あなたはつるぎをもってヘテびとウリヤをころし、そのつまをとって自分じぶんつまとした。すなわちアンモンの人々ひとびとのつるぎをもってかれころした。

    10 あなたがわたしをかろんじてヘテびとウリヤのつまをとり、自分じぶんつまとしたので、つるぎはいつまでもあなたのいえはなれないであろう』。

    11 しゅはこうおおせられる、『よ、わたしはあなたのいえからあなたのうえわざわいおこすであろう。わたしはあなたのまえであなたのつまたちをって、となりびとにあたえるであろう。そのひとはこの太陽たいようまえつまたちと一緒いっしょるであろう。

    12 あなたはひそかにそれをしたが、わたしはぜんイスラエルのまえと、太陽たいようまえにこのことをするのである』」。

    13 ダビデはナタンにった、「わたしはしゅつみをおかしました」。ナタンはダビデにった、「しゅもまたあなたのつみのぞかれました。あなたはぬことはないでしょう。

    14 しかしあなたはこのおこないによっておおいにしゅあなどったので、あなたにうまれる子供こどもはかならずぬでしょう」。

    15 こうしてナタンはいえかえった。さてしゅは、ウリヤのつまがダビデにんだたれたので、病気びょうきになった。

    16 ダビデはそののためにかみ嘆願たんがんした。すなわちダビデは断食だんじきして、へやにはいり終夜しゅうやした。

    17 ダビデのいえ長老ちょうろうたちは、かれのかたわらにってかれからおこそうとしたが、かれきようとはせず、またかれらと一緒いっしょ食事しょくじをしなかった。

    18 七日なぬかにそのんだ。ダビデの家来けらいたちはそのんだことをダビデにげるのをおそれた。それはかれらが、「よ、のなおきているあいだに、われわれがかれかたったのにかれはその言葉ことばきいれなかった。どうしてかれにそのんだことをげることができようか。かれみずからをがいするかもれない」とおもったからである。

    19 しかしダビデは、家来けらいたちがたがいにささやきうのをて、そのんだのをさとり、家来けらいたちにった、「んだのか」。かれらはった、「なれました」。

    20 そこで、ダビデはからがり、あらい、あぶらをぬり、その着物きものえて、しゅいえにはいってはいした。そののち自分じぶんいえき、もとめて自分じぶんのために食物しょくもつそなえさせてべた。

    21 家来けらいたちはかれった、「あなたのなさったこのことはなんでしょうか。あなたはきているあいだはそののために断食だんじきしてかれました。しかしぬと、あなたはきて食事しょくじをなさいました」。

    22 ダビデはった、「きているあいだに、わたしが断食だんじきしていたのは、『しゅがわたしをあわれんで、このかしてくださるかもれない』とおもったからです。

    23 しかしいまんだので、わたしはどうして断食だんじきしなければならないでしょうか。わたしはふたたかれをかえらせることができますか。わたしはかれところくでしょうが、かれはわたしのところかえってこないでしょう」。

    24 ダビデはつまバテシバをなぐさめ、彼女かのじょところにはいって、彼女かのじょともたので、彼女かのじょおとこんだ。ダビデはそのをソロモンとづけた。しゅはこれをあいされた。

    25 そして預言者よげんしゃナタンをつかわし、めいじてそのをエデデアとばせられた。

    26 さてヨアブはアンモンの人々ひとびとのラバをめておうまちった。

    27 ヨアブは使者ししゃをダビデにつかわしてった、「わたしはラバをめてみずまちりました。

    28 あなたはいまのこりのたみあつめ、このまちかってじんをしき、これをりなさい。わたしがこのまちって、ひとがわたしのをもって、これをぶようにならないためです」。

    29 そこでダビデはたみをことごとくあつめてラバへき、めてこれをった。

    30 そしてダビデはかれらのおうかんむりをそのあたまからりはなした。それはきんおもさは一タラントであった。宝石ほうせきがはめてあり、それをダビデのあたまいた。ダビデはそのまちからぶんどりもの非常ひじょうおおした。

    31 またダビデはそのうちのたみして、かれらをのこぎりや、てつのつるはし、てつのおのを使つか仕事しごとにつかせ、また、れんがつくりの労役ろうえきにつかせた。かれはアンモンの人々ひとびとのすべてのまちにこのようにした。そしてダビデとたみとはみなエルサレムにかえった。