ヤコブ書 2
    脚注

    第​2​章

    ヤコブ、とみ​を​あいする​こと​や​こうまんてい​を​なん​する。同胞はらから​を​たすける​ため​で​あれ​ば、とみ​を​もとめる​こと​が​できる。ヤコブ、しゅ​の​みとめられない​さいけっこん​を​おこなう​こと​を​とがめる。しゅ​は​じん​たち​の​貞節ていせつ​を​よろこばれる。げんぜんやく​五百四十四​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​ニーファイ​の​、ニーファイ​の​おとうと​ヤコブ​が​ニーファイ​の​たみ​に​かたった​こと

    2 「さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​ヤコブ​は、まじめ​に​ぶん​の​つとめ​を​とうとんで​おおいなる​もの​と​する​と​いう​責任せきにん​を​かみ​から​けて​おり、また、わたし​の​ころも​から​あなたがた​の​つみ​を​のぞきたい​の​で、今日き ょ う​こう​して​神殿しんでん​に​て、あなたがた​に​かみ​の​こと​を​げる。

    3 ​あなたがた​も​って​いる​よう​に、わたし​は​された​しょく​に​これまで​つとめ​はげんで​きた。しかし​今日き ょ う​の​わたし​は、あなたがた​の​さいわい​を​ねがう​ち​と​心配しんぱい​が​これまで​より​も​おおきい​ので、こころ​が​しずんで​いる。

    4 よ、あなたがた​は、いままで​わたし​が​べて​きた​しゅ​の​こと​に​したがって​きた。

    5 ​しかし​よ、わたし​の​う​こと​を​よく​き​なさい。そして、わたし​が​てん​の​ぜんのう​の​そうぞうぬし​の​たすけ​に​よって、あなたがた​の​おもい​に​ついて​げる​こと​が​できる​と​いう​こと​を​り​なさい。それ​は​どう​いう​こと​か​と​いえ​ば、あなたがた​が、わたし​に​とって​じょう​に​まわしく、また​かみ​に​とって​も​まわしく​おもわれる​つみ​を​おかし​はじめて​いる​こと​で​ある。

    6 ​まことに、あなたがた​の​こころ​が​じゃあく​で​ある​こと​を​あなたがた​に​証言しょうげん​しなければ​ならない​の​は、わたし​に​とって​かなしい​こと​で​あり、また​わたし​は​この​ため​に、つくぬし​の​まえ​で​じて​ちぢみ​がる​おもい​で​ある。

    7 ​また、あなたがた​の​さい​の​まえ​で、あなたがた​の​こと​を​ひどく​​あからさま​に​はなさなければ​ならない​の​は、わたし​に​とって​かなしい​こと​で​ある。あなたがた​の​さい​の​おおく​は、かみ​の​まえ​に​あって​じょう​に​かんじ​やすく、きよく、繊細せんさい​で​ある。これ​は​かみ​に​とって​よろこばしい​こと​で​ある。

    8 ​そして​あなたがた​の​さい​は、よろこび​を​もたらす​かみ​の​こと、まことに​きずついた​こころ​を​いやす​こと​を​こう​と​して、ここ​に​た​こと​と​おもう。

    9 ​それゆえ、わたし​の​こころ​は​おもい。と​いう​の​は、かみ​から​けた​きびしい​命令めいれい​が​ある​ので、どうしても​あなたがた​の​ざいあく​に​ついて​あなたがた​を​いましめ​なければ​ならず、その​よう​に​する​こと​で、すでに​きず​を​って​いる​もの​たち​を​なぐさめ、その​きず​を​いやす​わり​に、ますます​その​きず​を​ふかく​する​こと​に​なって​しまう​から​で​ある。また、きず​を​って​いない​もの​たち​に​たいして​も、よろこび​を​もたらす​かみ​の​こと​を​あじわわせる​わり​に、短刀たんとう​で​かれら​の​こころ​を​し​つらぬき、繊細せんさい​な​こころ​を​きずつける​こと​に​なって​しまう​から​で​ある。

    10 ​しかし、この​つとめ​が​大変たいへん​で​あって​も、わたし​は​かみ​の​きびしい​命令めいれい​に​したがって​これ​を​たし、こころ​の​きよい​もの​と​くだかれた​こころ​を​つ​もの​の​まえ​で、また​ぜんのう​の​かみ​が​するどい​​で​らん​に​なる​ところ​で、あなたがた​の​あく​と​まわしい​おこない​に​ついて、あなたがた​に​げ​なければ​ならない。

    11 ​したがって、わたし​は​かみ​の​こと​の​そっちょくさ​の​まま、あなたがた​に​じつ​を​げ​なければ​ならない。よ、わたし​が​しゅ​に​たずねた​ところ、しゅ​の​こと​が​わたし​に​くだって、『ヤコブ​よ、神殿しんでん​に​き、わたし​が​あなた​に​さずける​こと​を​この​たみ​に​げ​らせ​なさい』​と​われた。

    12 ​さて​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​が​あなたがた​に​げ​らせる​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。あなたがた​と​そん​の​ため​の​やくそく​の​​で​ある​この​​に​じょう​に​ほう​に​ある​きん​や​ぎん、その​ほか​あらゆる​ちょう​な​​あらがね​を、あなたがた​の​おおく​は​さがし​もとめる​よう​に​なって​きた。

    13 ​この​よう​に​して​あなたがた​は、かみ​の​こころ​の​​が​あなたがた​に​ほほえんで、たくさん​の​とみ​を​​に​れた。ところが​ある​もの​たち​は、ほか​の​もの​より​ゆたか​に​とみ​を​た​こと​で​こころ​が​こうまん​に​なり、また​ぶん​の​ふく​が​こう​な​こと​で​ごうじょう​に​なって​たかぶり、さらに、ぶん​は​ほか​の​もの​より​も​すぐれて​いる​と​おもって​同胞はらから​を​くるしめて​いる。

    14 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​は​この​よう​な​こと​を​おこなって​いて、かみ​から​​と​される​と​おもう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。そう​で​は​ない。かえって​かみ​は​あなたがた​を​つみ​に​さだめられる。この​よう​な​こと​を​つづける​なら​ば、かみ​の​さばき​が​すみやか​に​くだる​に​ちがいない。

    15 ​おお、かみ​が​あなたがた​を​し​つらぬき、ひと​で​あなたがた​を​​に​ち​たおす​こと​も​お​でき​に​なる​こと​を、あなたがた​に​しめされる​よう​に。

    16 ​おお、かみ​が​あなたがた​を、この​ざいあく​と​まわしい​おこない​から​はなして​くださる​よう​に。おお、あなたがた​が​かみ​の​めいじられる​こと​を​き、こころ​の​こうまん​に​よって​れい​に​ほろび​を​まねかない​よう​に。

    17 同胞はらから​を​ぶんしん​の​よう​に​おもい​なさい。そして、すべて​の​ひと​と​したしく​し、あなたがた​の​よう​に​かれら​も​ゆたか​に​なれる​よう、しょゆうぶつ​を​しみ​なく​あたえ​なさい。

    18 ​しかし、とみ​を​もとめる​まえ​に​かみ​の​おうこく​を​もとめ​なさい。

    19 ​キリスト​に​のぞみ​を​いだいて​から​とみ​を​もとめる​なら​ば、とみ​は​られる​で​あろう。しかし、とみ​を​もとめる​もくてき​は、はだか​で​いる​もの​に​せ、えて​いる​もの​に​食物しょくもつ​を​あたえ、そくばく​されて​いる​もの​を​ゆう​に​し、びょうにん​や​くるしんで​いる​もの​を​すくう​など、ぜん​を​おこなう​こと​で​ある。

    20 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​は​こうまん​に​ついて​あなたがた​に​かたった。かみ​から​あたえられた​もの​を​こころ​の​なか​で​ほこって、隣人りんじん​を​くるしめ​なやまし、しいたげて​きた​もの​よ、あなたがた​は​いま​その​こと​を​どの​よう​に​かんがえて​いる​か。

    21 ​この​よう​な​こと​は、すべて​の​ひと​を​つくられた​かた​に​とって​まわしい​こと​で​ある​と​は​おもわない​か。かみ​の​​に​は、ひと​は​みなひとしく​とうとい​そんざい​で​ある。すべて​の​ひと​は​ちり​から​つくられて​いる。そして、かみ​の​いましめ​を​まもり、とこしえ​に​かみ​を​あがめる​と​いう​どういつ​の​もくてき​を​もって、かみ​に​より​つくられた​の​で​ある。

    22 ​わたし​は​これ​で、こうまん​に​ついて​あなたがた​に​かたる​こと​を​わり​に​する​が、もっと​ひどい​ざいあく​に​ついて​はなさなくて​よかった​なら​ば、あなたがた​の​こと​で​こころ​に​じょう​に​おおきな​よろこび​を​かんじた​で​あろう。

    23 ​しかし、あなたがた​の​もっと​ひどい​ざいあく​の​ため​に、かみ​の​こと​が​わたし​に​おもく​のしかかって​いる。よ、しゅ​は​こう​われる。『この​たみ​の​ざいあく​は​ますます​ひどく​なって​いる。かれら​は​聖文せいぶん​を​かい​して​おらず、ダビデ​と​その​むす​ソロモン​に​ついて​しるされて​いる​こと​を​もって、ぶん​たち​が​みだら​な​おこない​を​して​いる​こと​の​わけ​に​しよう​と​して​いる。

    24 よ、ダビデ​と​​ソロモン​は​じつおおく​の​つま​と​そばめ​を​った​が、それ​は、わたし​の​​に​まわしい​こと​で​あった。』

    25 ​そして、しゅ​は​われる。『それゆえ​わたし​は、わたし​の​うで​の​ちから​に​よって​この​たみ​を​エルサレム​の​​から​し、ヨセフ​の​こし​から​た​もの​の​なか​から​一ぽん​の​​に​かなった​えだ​を​わたし​の​ため​に​こせる​よう​に​した。

    26 ​それゆえ​しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、この​たみ​が​むかし​の​もの​たち​の​よう​な​おこない​を​する​の​を​ゆるさない。』

    27 ​したがって、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​の​う​こと​を​き、しゅ​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。万軍ばんぐん​の​しゅ​は​こう​われる。『あなたがた​の​なか​の​どの​おとこ​も、つま​は​ひと​しか​って​は​ならない。また、そばめ​は​ひと​も​って​は​ならない。

    28 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、じん​たち​の​貞節ていせつ​を​よろこばしく​おもう。みだら​な​おこない​は、わたし​の​​に​まわしい​こと​で​ある。

    29 ​さて、この​たみ​は、わたし​の​いましめ​を​まもらなければ​ならない。さもなければ、​は​たみ​の​ため​に​​のろわれる​で​あろう。』

    30 万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。『将来しょうらい​わたし​の​ため​に​そん​を​こしたい​と​おもう​とき​が​れば、わたし​は​たみ​に​めいじよう。その​命令めいれい​が​ない​あいだ​は、たみ​は​これら​の​こと​に​き​したがわなければ​ならない。

    31 よ、しゅ​なる​わたし​は、エルサレム​の​​に​む​わたし​の​たみ​の​むすめ​たち​と、わたし​の​たみ​が​む​ぜん​の​むすめ​たち​が、おっと​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に​かなしむ​の​を​なげく​の​を​いた。

    32 ​わたし​が​エルサレム​から​みちびき​した​この​たみ​の​うつくしい​むすめ​たち​の​さけび​が、わたし​の​たみ​の​おとこ​たち​の​こと​を​わたし​に​うったえる​の​を、わたし​は​ほうって​おく​こと​は​できない。

    33 おとこ​たち​は、わたし​の​たみ​の​むすめ​たち​を、彼女かのじょ​たち​の​やさしさ​に​んで​れい​の​よう​に​して​は​ならない。さもなければ、わたし​は​おとこ​たち​に​ひどい​のろい​を​くだし、かれら​を​ほろぼして​しまう​で​あろう。おとこ​たち​は​むかし​の​もの​の​よう​に​​みだら​な​おこない​を​して​は​ならない。』​万軍ばんぐん​の​しゅ​は​この​よう​に​われる。

    34 ​さて​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​は​ちち​リーハイ​に​も​この​いましめ​が​あたえられた​こと​を​って​いる。したがって、あなたがた​は​ぜん​から​この​いましめ​を​って​いた。に​も​かかわらず、あなたがた​は、おこなって​は​ならない​これら​の​こと​を​おこなった​ので、おもい​つみ​の​せんこく​を​けた​の​で​ある。

    35 よ、あなたがた​は、同胞はらから​で​ある​レーマンじん​より​も​​ひどい​ざいあく​を​おかした。あなたがた​は​さい​の​まえ​に​くない​ほん​を​しめして、かんじ​やすい​つま​の​むね​を​け​させ、ども​たち​の​しんらい​を​うしなった。かれら​の​こころ​の​むせびき​が​かみ​の​みもと​に​のぼって、あなたがた​を​うったえて​いる。また、あなたがた​を​める​かみ​の​こと​が​きびしい​ため​に、おおく​の​もの​が​こころ​に​ふかい​きず​を​って、んだ​よう​に​なって​いる。」