ヤコブ書2
戻る 次へ

第2章

ヤコブ,とみあいすることやこうまんていなんする。はらからたすけるためであれば,とみもとめることができる。しゅは,ニーファイじんなかおとこはだれも二人ふたりじょうつまってはならないとめいじられる。しゅじんたちのていせつよろこばれる。げんぜんやく五百四十四ねんから四百二十一ねんいたる。

1 ニーファイの,ニーファイのおとうとヤコブがニーファイのたみかたったこと

2 「さて,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしヤコブは,まじめにぶんつとめをとうとんでおおいなるものとするというせきにんかみからけており,また,わたしのころもからあなたがたのつみのぞきたいので,今日きょうこうしてしん殿でんて,あなたがたにかみことげる。

3 あなたがたもっているように,わたしはされたしょくにこれまでつとはげんできた。しかし今日きょうのわたしは,あなたがたのさいわいをねがちとしんぱいがこれまでよりもおおきいので,こころしずんでいる。

4 よ,あなたがたは,いままでわたしがべてきたしゅことしたがってきた。

5 しかしよ,わたしのうことをよくきなさい。そして,わたしがてんぜんのうそうぞうぬしたすけによって,あなたがたのおもについてげることができるということをりなさい。それはどういうことかといえば,あなたがたが,わたしにとってじょうまわしく,またかみにとってもまわしくおもわれるつみおかはじめていることである。

6 まことに,あなたがたのこころじゃあくであることをあなたがたにしょうげんしなければならないのは,わたしにとってかなしいことであり,またわたしはこのために,つくぬしまえじてちぢがるおもいである。

7 また,あなたがたのさいまえで,あなたがたのことをひどくあからさまはなさなければならないのは,わたしにとってかなしいことである。あなたがたのさいおおくは,かみまえにあってじょうかんじやすく,きよせんさいである。これはかみにとってよろこばしいことである。

8 そしてあなたがたのさいは,よろこびをもたらすかみこと,まことにきずついたこころいやことこうとして,ここにたこととおもう。

9 それゆえ,わたしのこころおもい。というのは,かみからけたきびしいめいれいがあるので,どうしてもあなたがたのざいあくについてあなたがたをいましめなければならず,そのようにすることで,すでにきずっているものたちをなぐさめ,そのきずいやわりに,ますますそのきずふかくすることになってしまうからである。また,きずっていないものたちにたいしても,よろこびをもたらすかみことあじわわせるわりに,たんとうかれらのこころつらぬき,せんさいこころきずつけることになってしまうからである。

10 しかし,このつとめがたいへんであっても,わたしはかみきびしいめいれいしたがってこれをたし,こころきよものくだかれたこころものまえで,またぜんのうかみするどらんになるところで,あなたがたのあくまわしいおこないについて,あなたがたにげなければならない。

11 したがって,わたしはかみことそっちょくのまま,あなたがたにじつげなければならない。よ,わたしがしゅたずねたところ,しゅことがわたしにくだって,『ヤコブよ,しん殿でんき,わたしがあなたにさずけることをこのたみらせなさい』とわれた。

12 さてよ,わたしの同胞はらからよ,わたしがあなたがたにらせることつぎのとおりである。あなたがたとそんのためのやくそくであるこのじょうほうにあるきんぎん,そのほかあらゆるちょうあらがねを,あなたがたのおおくはさがもとめるようになってきた。

13 このようにしてあなたがたは,かみこころがあなたがたにほほえんで,たくさんのとみれた。ところがあるものたちは,ほかのものよりゆたかにとみたことでこころこうまんになり,またぶんふくこうなことでごうじょうになってたかぶり,さらに,ぶんはほかのものよりもすぐれているとおもって同胞はらからくるしめている。

14 さて,わたしの同胞はらからよ,あなたがたはこのようなことをおこなっていて,かみからとされるとおもうか。よ,わたしはあなたがたにう。そうではない。かえってかみはあなたがたをつみさだめられる。このようなことをつづけるならば,かみさばきがすみやかにくだるにちがいない。

15 おお,かみがあなたがたをつらぬき,ひとであなたがたをたおすこともおできになることを,あなたがたにしめされるように。

16 おお,かみがあなたがたを,このざいあくまわしいおこないからはなしてくださるように。おお,あなたがたがかみめいじられることき,こころこうまんによってれいほろびをまねかないように。

17 同胞はらからぶんしんのようにおもいなさい。そして,すべてのひとしたしくし,あなたがたのようにかれゆたかになれるよう,しょゆうぶつしみなくあたえなさい。

18 しかし,とみもとめるまえかみおうこくもとめなさい。

19 キリストにのぞみをいだいてからとみもとめるならば,とみられるであろう。しかし,とみもとめるもくてきは,はだかでいるものせ,えているものしょくもつあたえ,そくばくされているものゆうにし,びょうにんくるしんでいるものすくうなど,ぜんおこなことである。

20 さて,わたしの同胞はらからよ,わたしはこうまんについてあなたがたにかたった。かみからあたえられたものをこころなかほこって,りんじんくるしめなやまし,しいたげてきたものよ,あなたがたはいまそのことをどのようにかんがえているか。

21 このようなことは,すべてのひとつくられたかたにとってまわしいことであるとはおもわないか。かみには,ひとみなひとしくとうとそんざいである。すべてのひとはちりからつくられている。そして,かみいましまもり,とこしえにかみをあがめるというどういつもくてきをもって,かみによりつくられたのである。

22 わたしはこれで,こうまんについてあなたがたにかたることをわりにするが,もっとひどいざいあくについてはなさなくてよかったならば,あなたがたのことでこころじょうおおきなよろこびをかんじたであろう。

23 しかし,あなたがたのもっとひどいざいあくのために,かみことがわたしにおもくのしかかっている。よ,しゅはこうわれる。『このたみざいあくはますますひどくなっている。かれらはせいぶんかいしておらず,ダビデとそのむすソロモンについてしるされていることをもって,ぶんたちがみだらなおこないをしていることのわけにしようとしている。

24 よ,ダビデとソロモンじつおおくのつまとそばめをったが,それは,わたしのまわしいことであった。』

25 そして,しゅわれる。『それゆえわたしは,わたしのうでちからによってこのたみをエルサレムのからし,ヨセフのこしからものなかから一ぽんにかなったえだをわたしのためにこせるようにした。

26 それゆえしゅなるかみであるわたしは,このたみむかしものたちのようなおこないをするのをゆるさない。』

27 したがって,わたしの同胞はらからよ,わたしのうことをき,しゅことみみかたむけなさい。ばんぐんしゅはこうわれる。『あなたがたのなかのどのおとこも,つま一人ひとりしかってはならない。また,そばめは一人ひとりってはならない。

28 しゅなるかみであるわたしは,じんたちのていせつよろこばしくおもう。みだらなおこないは,わたしのまわしいことである。

29 さて,このたみは,わたしのいましめをまもらなければならない。さもなければ,たみのためにのろわれるであろう。』

30 ばんぐんしゅわれる。『しょうらいわたしのためにそんこしたいとおもときれば,わたしはたみめいじよう。そのめいれいがないあいだは,たみはこれらのことにしたがわなければならない。

31 よ,しゅなるわたしは,エルサレムのむわたしのたみむすめたちと,わたしのたみぜんむすめたちが,おっとあくまわしいおこないのためにかなしむのをなげくのをいた。

32 わたしがエルサレムからみちびしたこのたみうつくしいむすめたちのさけびが,わたしのたみおとこたちのことをわたしにうったえるのを,わたしはほうっておくことはできない。

33 おとこたちは,わたしのたみむすめたちを,かのじょたちのやさしさにんでれいのようにしてはならない。さもなければ,わたしはおとこたちにひどいのろいをくだし,かれらをほろぼしてしまうであろう。おとこたちはむかしもののようにみだらなおこなをしてはならない。』ばんぐんしゅはこのようにわれる。

34 さてよ,わたしの同胞はらからよ,あなたがたはちちリーハイにもこのいましめがあたえられたことをっている。したがって,あなたがたはぜんからこのいましめをっていた。にもかかわらず,あなたがたは,おこなってはならないこれらのことをおこなったので,おもつみせんこくけたのである。

35 よ,あなたがたは,同胞はらからであるレーマンじんよりもひどいざいあくおかした。あなたがたはさいまえくないほんしめして,かんじやすいつまむねけさせ,どもたちのしんらいうしなった。かれらのこころのむせびきがかみのみもとにのぼって,あなたがたをうったえている。また,あなたがたをめるかみこときびしいために,おおくのこころふかきずってんでしまった。」