2000–2009
主は皆さんの名前を御存じです
脚注

Hide Footnotes

テーマ

主は皆さんの名前を御存じです

主が皆さんを名前で呼ばれるのを聞いたことはないかもしれませんが,主は一人一人を御存じで,皆さんの名前を知っておられます。

それは「1820年の早春,美しい晴れた日の朝」のことでした。14歳のジョセフ・スミスは森に入ってひざまずき祈り,「筆紙に尽くし難がたい輝きと栄光を持つ二人の御方が〔自分〕の上の空中に立っておられるのを見」ました。ジョセフはこう語っています。「そのうちの御一方がわたしに語りかけ,わたしの名を呼び,別の御方を指して,『これはわたしの愛する子である。彼に聞きなさい』と言われた。114歳のジョセフの心境を想像できるでしょうか。父なる神と御子イエス・キリストにまみえ,御父から自分の名前を呼ばれたのです。

聖なる森を訪れたとき,わたしは自分がジョセフ・スミスの立場だったらどう感じただろうかと想像しました。その静かなひととき,御霊みたまは鼓動するわたしの胸に,そこが神聖な場所であり,預言者ジョセフ・スミスが告げたことがすべて真実であるとささやきました。すると,強い実感がわいてきたのです。わたしたちは皆,ジョセフの信仰,勇気,そして神に従いたいという確固とした望みによって祝福を受けているという実感です。ジョセフはその謙遜けんそんな祈りに対する答えを受け,御父とその愛する御子にまみえました。わたしは聖なる森で,御父がジョセフ・スミスの名前を御存じだっただけでなく,わたしたち一人一人の名前も御存じであり,この大いなる驚くべき業においてジョセフ・スミスが重要な役割を持っていたのと同じように,わたしたちもこの末日において重要な役割を担になっていることを確信しました。

御父が皆さんを,名前を含めて個人的に御存じであることを知っているでしょうか。聖文はこれが真実であると教えています。エノスは,祈るために森に入ったときのことをこう記しています。「わたしに声が聞こえた。『エノスよ,あなたの罪は 赦ゆるされた。あなたは祝福を受けるであろう。』2モーセは祈っただけでなく,神と顔を合わせて話し,神からこのように言われました。「わたしの子モーセよ,わたしはあなたに一つの業を用意している。3主はヤコブの名前を御存じで,地上でのヤコブの使命をより正確に表すために,その名を イスラエルに変えられました。4同様に,主はパウロやアブラハム,サラの名前も変えられました。教義と聖約第25章で,エマ・スミスは生きていくうえでの慰めと導きを受けます。主はその祝福を次のような言葉で授けられます。「わたしがあなた,すなわちわたしの娘エマ・スミスに語る間,主なるあなたの神の声を聴きなさい。5

主が皆さんを名前で呼ばれるのを聞いたことはないかもしれませんが,主は一人一人を御存じで,皆さんの名前を知っておられます。ニール・A・マックスウェル長老はこう言いました。「神はずっと昔から皆さん一人一人を御存じであったことを…… 証あかしします(教義と聖約93:23参照)。神は遠い昔から皆さんを愛してこられました。すべての星の名前(詩篇147:4イザヤ40:26参照)だけでなく,皆さんの名前,そして皆さんの喜びや悲しみもすべて御存じです。」6

天の御父がわたしたちの名前と必要を御存じであると,どうしたら分かるのでしょうか。ロバート・D・ヘイルズ長老はこう勧告しています。「聖典を開いてください。ひざまずいて祈ってください。信仰をもって願い求めてください。聖霊のささやきに耳を傾けてください。……堪え忍び,粘り強く福音に従って生活してください。」7

ジョセフも同じことをしました。ジョセフの証は,天の御父が一人一人を御存じで愛しておられることを,わたしたち皆が知るうえで助けになります。わたしたちは確かに「天父の娘です。天父はわたしたちを愛し〔ておられます。〕」8ジェフリー・R・ホランド長老はこう語りました。「神がだれかをほかの人より大切にしたり,慈いつくしんだりすることはありません。……自分に自信のない人や,不安を抱えている人,自分を否定的にとらえている人,そのほか〔すべての人を〕神は愛しておられ〔ます〕。……神は競技場で走る わたしたち一人一人に,この競技が参加者同士の争いではなく,罪との戦いであると呼びかけて……おられ〔るのです〕。」9

ジョセフ・スミスはこの知識を得ましたが,人生が容易になったわけではありません。実のところ,仲間や大人から強い圧力を受けました。ジョセフ・スミスの生涯はわたしたち一人一人に重要な手本を示しています。何をすべきか迷うとき,仲間から強いプレッシャーを受けているとき,また誘惑に囲まれていると思ったり,自分は価値がない,あるいは孤独だと感じたりするときに,ジョセフの教えを当てはめることができます。祈ることができるのです。聖なる御子イエス・キリストの御名みなによって神を呼び求め,慰め,導き,指示を願うことができます。問題が生じて,どうしたらよいか分からなかったことはないでしょうか。ジョセフはこう言いました。「わたしは心の中で深く考えさせられ,大きな不安を感じないではいられなかった。……わたしはしばしば心に問うた。『何をしなければならないのだろうか。』」10

ジョセフはどのようにして慰めと導きを得たのでしょうか。聖文を研究し,その中にある約束について深く考え,「『神に願い求め』ようと決意した」のです。11あの美しい春の日に受けた答えは,ジョセフの人生と進むべき道をすっかり変えました。ジョセフは確信を得たのです。神とイエス・キリストについての証を得たジョセフは,その証によって忍耐と粘り強さをもって福音に従うことができました。仲間の圧力や迫害を物ともしませんでした。それはジョセフの言葉から分かります。「わたしは示現を見た。わたしはそれを知っていた。神がそれを御存じであるのを,わたしは知っていた。わたしはそれを否定でき……なかった。」12ジョセフは自らの証によって確固として立つことができました。皆さんも同じことができます。

仲間から誘惑を受けそうになったときは,祈り,信仰をもって尋ね求め,聖霊のささやきに耳を傾けましょう。そして福音に従って生活するのです。ジョセフは自分の不完全さや弱さを痛切に感じたとき,再び祈りました。その祈りの答えとして,天使モロナイの訪れを受けました。ジョセフはこう記しています。「その方はわたしの名を呼び,……神がわたしのなすべき業を備えておられること……をわたしに告げられた。」13

祈るとき,主はわたしたちが自分の役目を果たせるように導き,備えてくださいます。ある夏,ブリガム・ヤング大学の国際フォークダンスチームの一員としてヨーロッパを巡業しているときに大切な教訓を学びました。そのときわたしは病気になり,落胆し,途中で投げ出して,家に帰りたいと思っていました。わたしたちはスコットランドにいて,教会員,求道者,宣教師のために公演を行うところでした。皆で祈りをささげるために伝道本部へ行くと,前庭にある石版が目に留まりました。石版にはこのような言葉が彫られていました。「あなたが何者であろうとも,自らの務めを十分に果たしなさい。」この言葉は稲妻のように心に突き刺さりました。まるで石版が語りかけているかのようで,わたしの心は一変したのです。言葉を読んだ瞬間,自分にはダンスの公演で果たすべき務めがあるだけでなく,生涯にわたって果たすべき務めがあり,自らの務めを「十分に果た〔す〕」ことが重要であると悟ったのです。14

主は何を期待しておられるのでしょうか。御自身の来臨に先立って,わたしたちが自分の役目を果たすよう期待しておられます。またみもとへ戻り,ともに住むにふさわしいことを示すように望んでおられます。御自身のようになることを望んでおられるのです。ジョセフの模範に倣ならいましょう。先ほど聖歌隊が歌った賛美歌の歌詞がわたしは大好きです。「恐れずみ父の助けに頼る」。15英語の歌詞にあるundauntedという言葉は,くじけないで目的を遂げること,固い決意を持ち勇敢であることを意味します。ジョセフは自らを,敵対する者の王国を「妨げ悩ます者」と呼んでいます。こう語っています。「敵対する者が,……わたしが彼の王国を妨げ悩ます者になると定められていたことに気づいたかのように思われる。16わたしは自分の聖典の余白に「妨げ悩ます者になろう!」と書きました。御父の助けに頼りましょう。

ジョセフ・スミスが示した模範に倣うなら,わたしたちは重要な役割を果たすことができます。主はジョセフ・スミスがその神聖な使命を果たせるように強められました。そして皆さんをも強めてくださるでしょう。聖なる天使を遣わしてお教えになることさえあるでしょう。皆さんへの課題はこうです。皆さんは天使の訪れを受けられるような場所にいるでしょうか。十分に心を研ぎ澄ませているでしょうか。確固として主を信頼しているでしょうか。

わたしたちは,主の預言者ジョセフ・スミスによって,完全な福音が地上に回復された時代に生きています。わたしたちを導くためにモルモン書が与えられている時代に生きています。また生ける預言者がいて,地上に神権の権能があり,聖なる神殿で家族を永遠に結び固める権能がある時代に生きています。今は確かに「決して忘れられない」時代なのです。17

一人一人が確固とした信仰を持ち,証を得るためにジョセフ・スミスが示した模範に従えるよう祈ります。また,主の御名を自分自身に受けることで,救い主を代表するにふさわしくあるよう祈ります。主はこう約束されました。「わたしが造ろうとする新しい天と,新しい地がわたしの前にながくとどまるように,……あなたの名は,ながくとどまる。」18

回復されたイエス・キリストの福音に対する証は,わたしの人生において導き手となり,錨いかりとなってきました。今日きょう皆さんの前に立ち,心からこう言えることに感謝します。「感謝を神に捧ささげん,予言者の導き。」19疑問の答えを求めて祈り,そのときに授かった知識に忠実であり続けた14歳の少年の誠実さに感謝しています。

皆さん一人一人は,この大いなる驚くべき業の中で果たすべき役割があります。救い主は皆さんを助け,手を取って導いてくださいます。20主は皆さんの名前を御存じです。イエス・キリストの聖なる 御名によって証します。アーメン。