アブラハム書 2
    脚注
    Theme

    第​2​章

    アブラハム、ウル​の​​を​って​カナン​の​​へ​かう。エホバ、ハラン​で​アブラハム​に​姿すがた​を​あらわされる。すべて​の​ふくいん​の​しゅくふく​が​アブラハム​の​そん​に、また​アブラハム​の​そん​を​とおして​すべて​の​ひと​に​やくそく​される。アブラハム、カナン​へ​き、つづいて​エジプト​に​かう。

    1 ​さて、しゅ​なる​かみ​が​ウル​の​​に​おいて​きん​を​ひどく​された​ので、わたし​の​きょうだいハラン​は​んだ。しかし、わたし​の​ちちテラ​は​なお、カルデヤ​の​ウル​の​​に​んで​いた。

    2 ​そして、わたし​アブラハム​は​サライ​を​めとり、わたし​の​きょうだいナホル​は​ミルカ​を​めとった。ミルカ​は​ハラン​の​むすめ​で​あった。

    3 ​さて、しゅ​は​わたし​に​われた。「アブラハム、あなた​は​くに​を​て、親族しんぞく​と​わかれ、ちち​の​いえ​を​はなれ、わたし​が​しめす​​に​き​なさい。」

    4 ​そこで、わたし​は​カルデヤ​の​ウル​の​​を​り、カナン​の​​に​かった。わたし​は​きょうだい​の​​ロト​と​その​つま、および​わたし​の​つま​サライ​を​れてった。わたし​の​ちち​も、わたしたち​が​ハラン​と​けた​​まで​わたし​に​ついて​た。

    5 ​そして、きん​が​やわらいだ。すると、ちち​は​ハラン​に​とどまり、そこ​に​んだ。ハラン​に​は​おおく​の​ひつじ​の​れ​が​あった​から​で​ある。ちち​は​ふたたび​ぐうぞうれいはい​に​もどり、その​ため​に​ハラン​に​とどまった。

    6 ​しかし、わたし​アブラハム​と​わたし​の​きょうだい​の​ロト​は、しゅ​に​いのった。すると、しゅ​は​わたし​に​あらわれて​われた。「って、ロト​を​ともなって​き​なさい。わたし​は​あなた​を​ハラン​から​し、こく​の​​に​おいて、あなた​を​わたし​の​​を​う​つかえ​びと​に​する​と​さだめた​から​で​ある。あなた​の​のち​の​そん​が​わたし​の​こえ​に​き​したがう​とき​に、わたし​は​その​​を​かれら​に​永遠えいえん​の​しょゆう​として​あたえる​で​あろう。

    7 ​わたし​は​しゅ​なる​あなた​の​かみ​で​ある。わたし​は​てん​に​み、​は​わたし​の​あしだい​で​ある。わたし​が​う み​の​うえ​に​​を​し​べる​と、それ​は​わたし​の​こえ​に​したがう。わたし​は​かぜ​と​​を​おこして​わたし​の​くるま​と​する。わたし​が​山々やまやま​に​かって『ここ​を​れ』​と​え​ば、よ、それら​は​とつじょいっしゅん​に​して​旋風せんぷう​に​より​られる。

    8 ​わたし​の​​は​エホバ​で​あり、わたし​は​はじめ​から​わり​を​って​いる。それゆえ、わたし​の​​は​あなた​の​うえ​に​ある。

    9 ​わたし​は​あなた​を​おおいなる​こくみん​と​し、あなた​を​はかれない​ほど​しゅくふく​し、あなた​の​​を​すべて​の​こくみん​の​あいだ​で​おおいなる​もの​と​しよう。あなた​は​あなた​の​のち​の​そん​に​とって​しゅくふく​の​もとい​と​なり、かれら​は​すべて​の​こくみん​に​この​つとめ​と​しんけん​を​たずさえて​く​で​あろう。

    10 ​わたし​は​あなた​の​​に​よって​かれら​を​しゅくふく​しよう。この​ふくいん​を​れる​すべて​の​もの​は​あなた​の​​に​よって​ばれ、あなた​の​そん​と​なされ、がって​あなた​を​ちち​として​たたえる​で​あろう。

    11 ​あなた​を​しゅくふく​する​もの​を​わたし​は​しゅくふく​し、あなた​を​のろう​もの​を​わたし​は​のろう。​の​すべて​の​ぞく​は、あなた(すなわち、あなた​の​しんけん)に​よって、また、この​けん​は​あなた​に​よって​つづく​と​いう​やくそく​を​わたし​は​あなた​に​あたえる​ので​あなた​の​そん(すなわち、あなた​の​しんけん)に​よって、また​あなた​の​のち​の​そん(すなわち、​どおり​の​そんにくたい​の​そん)に​よって、すくい​の​しゅくふく​すなわち​永遠えいえん​の​いのち​の​しゅくふく​で​ある​ふくいん​の​しゅくふく​を​さずけられる​で​あろう。」

    12 ​さて、しゅ​が​わたし​に​かたる​の​を​やめて、わたし​から​退しりぞかれた​のち、わたし​は​こころ​の​なか​で​った。「あなた​の​しもべ​は​あなた​を​熱心ねっしん​に​もとめて​きました。そして​いま、わたし​は​あなた​を​いだし​ました。

    13 ​あなた​は​てん使​を​つかわして、エルケナ​の​神々かみがみ​から​わたし​を​すくい​して​ください​ました。わたし​は​あなた​の​こえ​に​よく​き​したがう​よう​に​します​ので、あなた​の​しもべ​を​がらせて、やすらか​に​らせて​ください。」

    14 ​それで、わたし​アブラハム​は、しゅ​が​われた​よう​に​かけた。ロト​も​わたし​と​いっしょ​に​った。わたし​アブラハム​は​ハラン​を​た​とき、六十二さい​で​あった。

    15 ​わたし​は、カルデヤ​の​ウル​に​いた​とき​に​めとった​サライ​と、わたし​の​きょうだい​の​​ロト​と、わたしたち​が​あつめた​すべて​の​ざいさん​と、ハラン​で​た​人々ひとびと​を​ともない、カナン​の​​へ​かう​みち​に​て、みち​を​すすみ​ながら​てんまく​に​んだ。

    16 ​したがって、わたしたち​が​ハラン​から​ジェルション​を​とおって​カナン​の​​へ​かう​たび​を​して​いた​とき、永遠えいえん​は​わたしたち​の​おおい​で​あり、わたしたち​の​いわ​で​あり、わたしたち​の​すくい​で​あった。

    17 ​さて、わたし​アブラハム​は、ジェルション​の​​で​さいだん​を​きずき、しゅ​に​ささげ​もの​を​して、わたし​の​ちち​の​いえ​から​きん​が​って​かれら​が​ほろびる​こと​の​ない​よう​に​と​いのった。

    18 ​そののち、わたしたち​は、ジェルション​から​その​​を​とおって​シケム​の​​に​いた。それ​は​モレ​の​へい​に​あり、わたしたち​は​すでに​カナンびと​の​​の​さかい​に​はいって​いた。わたし​は​モレ​の​へい​の​そこ​で​せい​を​ささげ、こころ​から​しゅ​に​び​もとめた。すでに​この​ぐうぞうれいはい​を​する​民族みんぞく​の​​に​はいって​いた​から​で​ある。

    19 ​すると、しゅ​は​わたし​の​いのり​に​こたえて、わたし​に​あらわれ、「わたし​は​あなた​の​そん​に​この​​を​あたえる」と​われた。

    20 ​そこで、わたし​アブラハム​は、しゅ​の​ため​に​きずいた​さいだん​の​ところ​から​がり、そこ​から​ベテル​の​ひがし​の​やま​に​うつって​てんまく​を​った。西にし​に​は​ベテル、ひがし​に​は​アイ​が​あった。そこ​に​わたし​は​しゅ​の​ため​に​べつ​の​さいだん​を​きずいて、ふたたび​しゅ​の​​を​んだ。

    21 ​そして、わたし​アブラハム​は​なお​も​すすんで、みなみ​へ​たび​を​つづけた。その​​に​は​きん​が​つづいて​いた。そこで、わたし​アブラハム​は​エジプト​に​くだって​き、そこ​に​滞在たいざい​する​こと​に​した。きん​が​じょう​に​はげしく​なった​から​で​ある。

    22 ​さて、わたし​が​エジプト​に​はいろう​と​して​そこ​に​ちかづいた​とき、しゅ​は​わたし​に​われた。「よ、あなた​の​つまサライ​は、る​に​じょう​に​うつくしい​おんな​で​ある。

    23 ​それで、エジプトじん​は​サライ​を​る​と、『この​おんな​は​あの​おとこ​の​つま​だ』​と​って​あなた​を​ころし、サライ​は​かして​おく​で​あろう。それゆえ、あなた​は​つぎ​の​よう​に​おこなう​よう​に​しなさい。

    24 ​サライ​に、あなた​の​いもうと​で​ある​と​エジプトじん​に​わせ​なさい。そう​すれ​ば、あなた​の​いのち​は​たすかる​で​あろう。」

    25 ​そこで、わたし​アブラハム​は、しゅ​が​わたし​に​われた​こと​を​すべて​つま​サライ​に​げた。「だから、どうか​わたし​の​いもうと​だ​と​かれら​に​って​ほしい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなた​の​おかげ​で​​で​あり、わたし​の​いのち​は​あなた​に​よって​たすかる​で​あろう。」