聖典
ヨシュア記3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 ヨシュアはあさはやき、イスラエルの人々ひとびとすべてとともにシッテムを出立しゅったつして、ヨルダンにき、それをわたらずに、そこに宿やどった。

2 のち、つかさたちは宿営しゅくえいなかめぐり、

3 たみめいじてった、「レビびとである祭司さいしたちが、あなたがたのかみしゅ契約けいやくはこをかきあげるのをるならば、あなたがたはそのところ出立しゅったつして、そのあとにしたがわなければならない。

4 そうすれば、あなたがたはくべきみちることができるであろう。あなたがたはまえにこのみちをとおったことがないからである。しかし、あなたがたとはことのあいだには、おおよそ二千キュビトの距離きょりをおかなければならない。それにちかづいてはならない」。

5 ヨシュアはまたたみった、「あなたがたはきよめなさい。あす、しゅがあなたがたのうちに不思議ふしぎおこなわれるからである」。

6 ヨシュアは祭司さいしたちにった、「契約けいやくはこをかき、たみ先立さきだってわたりなさい」。そこでかれらは契約けいやくはこをかき、たみ先立さきだってすすんだ。

7 しゅはヨシュアにわれた、「きょうからわたしはすべてのイスラエルのまえにあなたをたっとものとするであろう。こうしてわたしがモーセとともにいたように、あなたとともにおることをかれらにらせるであろう。

8 あなたは契約けいやくはこをかく祭司さいしたちにめいじてわなければならない、『あなたがたは、ヨルダンのみずぎわへくと、すぐ、ヨルダンのなかちとどまらなければならない』」。

9 ヨシュアはイスラエルの人々ひとびとった、「あなたがたはここにちかづいて、あなたがたのかみしゅ言葉ことばきなさい」。

10 そしてヨシュアはった、「けるかみがあなたがたのうちにおいでになり、あなたがたのまえから、カナンびと、ヘテびと、ヒビびと、ペリジびと、ギルガシびと、アモリびと、エブスびとを、かならはらわれることを、つぎのことによって、あなたがたはるであろう。

11 ごらんなさい。ぜんしゅ契約けいやくはこは、あなたがたに先立さきだってヨルダンをわたろうとしている。

12 それゆえ、いま、イスラエルの部族ぶぞくのうちから、部族ぶぞくごとにひとりずつ、わせて十二にんえらびなさい。

13 ぜんしゅなるかみはこをかく祭司さいしたちのあしうらが、ヨルダンのみずなかみとどまるとき、ヨルダンのみずながれをせきとめられ、うえからながれくだるみずはとどまって、うずたかくなるであろう」。

14 こうしてたみはヨルダンをわたろうとして天幕てんまくをいでち、祭司さいしたちは契約けいやくはこをかき、たみ先立さきだってったが、

15 はこをかくものがヨルダンにきて、はこをかく祭司さいしたちのあしみずぎわにひたると同時どうじに、——ヨルダンは刈入かりいれのあいだぢゅうきし一面いちめんにあふれるのであるが、——

16 うえからながれくだるみずはとどまって、はるかとおくのザレタンのかたわらにあるまちアダムのあたりで、うずたかち、アラバのうみすなわちしおうみほうながれくだるみずまったくせきとめられたので、たみはエリコにかってわたった。

17 すべてのイスラエルが、かわいたわたってあいだしゅ契約けいやくはこをかく祭司さいしたちは、ヨルダンのなかのかわいたっていた。そしてついにたみはみなヨルダンをわたおわった。