聖典
ヨシュア記24
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第24章

1 ヨシュアは、イスラエルのすべての部族ぶぞくをシケムにあつめ、イスラエルの長老ちょうろう、かしら、さばきびと、つかさたちをせて、ともかみまえすすた。

2 そしてヨシュアはすべてのたみった、「イスラエルのかみしゅは、こうおおせられる、『あなたがたの先祖せんぞたち、すなわちアブラハムのちち、ナホルのちちテラは、むかし、ユフラテかわこうにみ、みな、ほかの神々かみがみつかえていたが、

3 わたしは、あなたがたの先祖せんぞアブラハムを、かわこうからして、カナンのぜんみちびとおり、その子孫しそんした。わたしはかれにイサクをあたえ、

4 イサクにヤコブとエサウをあたえ、エサウにはセイルの山地さんちあたえて、所有しょゆうとさせたが、ヤコブとそのともたちはエジプトにくだった。

5 わたしはモーセとアロンをつかわし、またエジプトのうちに不思議ふしぎをおこなって、これにわざわいくだし、そののちあなたがたをみちびした。

6 わたしはあなたがたのちちたちを、エジプトからみちびし、あなたがたがうみにきたとき、エジプトびとは、戦車せんしゃ騎兵きへいとをもって、あなたがたのちちたちを紅海こうかいってきた。

7 そのとき、あなたがたのちちたちがしゅばわったので、しゅくらやみをあなたがたとエジプトびととのあいだき、うみかれらのうえかたむけてかれらをおおわれた。あなたがたは、わたしがエジプトでしたことをた。そしてながあいだ荒野あらのんでいた。

8 わたしはまたヨルダンのこうがわんでいたアモリびとのに、あなたがたをみちびれた。かれらはあなたがたとたたかったので、わたしはかれらをあなたがたのわたして、かれらのさせ、かれらをあなたがたのまえからほろぼしった。

9 ついで、モアブのおうチッポルのバラクがって、イスラエルにてきし、ひとをつかわし、ベオルのバラムをまねき、あなたがたをのろわせようとしたが、

10 わたしがバラムにこうとしなかったので、かれは、かえって、あなたがたを祝福しゅくふくした。こうしてわたしはかれからあなたがたをすくした。

11 そしてあなたがたは、ヨルダンをわたって、エリコにきたが、エリコの人々ひとびとはあなたがたとたたかい、アモリびと、ペリジびと、カナンびと、ヘテびと、ギルガシびと、ヒビびと、およびエブスびとも、あなたがたとたたかったが、わたしはかれらをあなたがたのわたした。

12 わたしは、あなたがたのまえに、くまばちをおくって、あのアモリびとのふたりのおうを、あなたがたのまえからはらった。これはあなたがたのつるぎ、または、あなたがたのゆみによってではなかった。

13 そしてわたしは、あなたがたが自分じぶんろうしなかったを、あなたがたにあたえ、あなたがたがてなかったまちを、あなたがたにあたえた。そしてあなたがたはいまそのところんでいる。あなたがたはまた自分じぶんつくらなかったぶどうはたけと、オリブはたけべている』。

14 それゆえ、いま、あなたがたはしゅおそれ、まことと、まごころと、真実しんじつとをもって、しゅつかえ、あなたがたの先祖せんぞが、かわこう、およびエジプトでつかえた神々かみがみのぞって、しゅつかえなさい。

15 もしあなたがたがしゅつかえることを、こころよしとしないのならば、あなたがたの先祖せんぞが、かわこうでつかえた神々かみがみでも、または、いまあなたがたののアモリびとの神々かみがみでも、あなたがたのつかえるものを、きょう、えらびなさい。ただし、わたしとわたしのいえとはともしゅつかえます」。

16 そのときたみこたえてった、「しゅてて、神々かみがみつかえるなど、われわれはけっしていたしません。

17 われわれのかみしゅがみずからわれわれと、われわれの先祖せんぞとを、エジプトの奴隷どれいいえからみちびのぼり、またわれわれのまえで、あのおおいなるしるしをおこない、われわれのくすべてのみちまもり、われわれがとおったすべての国民こくみんなかでわれわれをまもられたからです。

18 しゅはまた、このんでいたアモリびとなど、すべてのたみを、われわれのまえからはらわれました。それゆえ、われわれもしゅつかえます。しゅはわれわれのかみだからです」。

19 しかし、ヨシュアはたみった、「あなたがたはしゅつかえることはできないであろう。しゅせいなるかみであり、ねたむかみであって、あなたがたのつみ、あなたがたのとがを、ゆるされないからである。

20 もしあなたがたがしゅてて、ことなる神々かみがみつかえるならば、あなたがたにさいわいをくだされたのちにも、ひるがえってあなたがたにわざわいをくだし、あなたがたをほろぼしつくされるであろう」。

21 たみはヨシュアにった、「いいえ、われわれはしゅつかえます」。

22 そこでヨシュアはたみった、「あなたがたはしゅえらんで、しゅつかえるとった。あなたがたみずからその証人しょうにんである」。かれらはった、「われわれは証人しょうにんです」。

23 ヨシュアはまたった、「それならば、あなたがたのうちにある、ことなる神々かみがみのぞり、イスラエルのかみしゅに、こころかたむけなさい」。

24 たみはヨシュアにった、「われわれのかみしゅに、われわれはつかえ、そのこえきしたがいます」。

25 こうしてヨシュアは、そのたみ契約けいやくをむすび、シケムにおいて、さだめと、おきてを、かれらのためにもうけた。

26 ヨシュアはこれらの言葉ことばかみ律法りっぽうしょにしるし、おおきないしって、そのところで、しゅ聖所せいじょにあるかしのしたにそれをて、

27 ヨシュアは、すべてのたみった、「よ、このいしはわれわれのあかしとなるであろう。しゅがわれわれにかたられたすべての言葉ことばを、いたからである。それゆえ、あなたがたが自分じぶんかみてることのないために、このいしが、あなたがたのあかしとなるであろう」。

28 こうしてヨシュアはたみを、おのおのそのぎょうらせた。

29 これらのことのちしゅのしもべ、ヌンのヨシュアは百十さいんだ、

30 人々ひとびとかれをそのぎょうのうちのテムナテ・セラにほうむった。テムナテ・セラは、エフライムの山地さんちで、ガアシやまきたにある。

31 イスラエルはヨシュアのにあるあいだ、またしゅがイスラエルのためにおこなわれたもろもろのことをっていて、ヨシュアのあとにのこった長老ちょうろうたちがにあるあいだ、つねにしゅつかえた。

32 イスラエルの人々ひとびとが、エジプトからたずさのぼったヨセフのほねは、むかしヤコブがぎんまいで、シケムのちちハモルのらからったシケムのうちの地所じしょ一部いちぶほうむられた。これはヨセフの子孫しそんぎょうとなった。

33 アロンのエレアザルもんだ。人々ひとびとかれを、そのピネハスにあたえられたまちで、エフライムの山地さんちにあるギベアにほうむった。