聖典
ヨシュア記2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2章

1 ヌンのヨシュアは、シッテムから、ひそかにふたりの斥候せっこうをつかわしてかれらにった、「って、そのとくにエリコをさぐりなさい」。かれらはって、をラハブという遊女ゆうじょいえにはいり、そこにまったが、

2 エリコのおうに、「イスラエルの人々ひとびとのうちのすうめいもの今夜こんやこのさぐるために、はいってきました」とものがあったので、

3 エリコのおうひとをやってラハブにった、「あなたのところにきて、あなたのいえにはいった人々ひとびとをここへしなさい。かれらはこのくにのすべてをさぐるためにきたのです」。

4 しかし、おんなはすでにそのふたりのひとれてかれらをかくしていた。そして彼女かのじょった、「たしかにその人々ひとびとはわたしのところにきました。しかし、わたしはその人々ひとびとがどこからきたのかりませんでしたが、

5 たそがれときもんじるころに、その人々ひとびときました。どこへったのかわたしはりません。いそいであとをいなさい。いつけるでしょう」。

6 そのじつ彼女かのじょはすでにかれらをれて屋根やねにのぼり、屋上おくじょうならべてあった亜麻あまくきなかかれらをかくしていたのである。

7 そこでその人々ひとびとかれらのあとをってヨルダンのみちすすみ、わたかった。あとをものくとすぐもんざされた。

8 ふたりのひとがまだないうち、ラハブは屋上おくじょうにのぼってかれらのところにきた。

9 そしてかれらにった、「しゅがこのをあなたがたにたまわったこと、わたしたちがあなたがたをひじょうにおそれていること、そしてこのたみがみなあなたがたのまえふるえおののいていることをわたしはっています。

10 あなたがたがエジプトからてこられたときしゅがあなたがたのまえ紅海こうかいみずされたこと、およびあなたがたが、ヨルダンのこうがわにいたアモリびとのふたりのおうシホンとオグにされたこと、すなわちふたりを、全滅ぜんめつされたことを、わたしたちはいたからです。

11 わたしたちはそれをくと、こころえ、あなたがたのゆえに人々ひとびとまった勇気ゆうきうしなってしまいました。あなたがたのかみしゅうえてんにも、したにも、かみでいらせられるからです。

12 それで、どうか、わたしがあなたがたを親切しんせつあつかったように、あなたがたも、わたしのちちいえ親切しんせつあつかわれることをいましゅをさしてちかい、たしかなしるしをください。

13 そしてわたしの父母ふぼ兄弟きょうだい姉妹しまいおよびすべてかれらにぞくするものをきながらえさせ、わたしたちのいのちすくって、まぬかれさせてください」。

14 ふたりのひと彼女かのじょった、「もしあなたがたが、われわれのこのことをらさないならば、われわれはいのちにかけて、あなたがたをすくいます。またしゅがわれわれにこのたまわるとき、あなたがたを親切しんせつあつかい、真実しんじつをつくしましょう」。

15 そこでラハブはつなをもってかれらをまどからつりおろした。そのいえまち城壁じょうへきうえっていて、彼女かのじょはその城壁じょうへきうえんでいたからである。

16 ラハブはかれらにった、「追手おってわないように、あなたがたはやまって、三あいだそこにかくし、追手おってかえってくのをって、それからってきなさい」。

17 ふたりのひと彼女かのじょった、「あなたがわれわれにちかわせたこのちかいについて、われわれはつみおかしません。

18 われわれがこのとき、わたしたちをつりおろしたまどに、このあかいとのひもをむすびつけ、またあなたの父母ふぼ兄弟きょうだい、およびあなたのちち家族かぞくをみなあなたのいえあつめなさい。

19 ひとりでもいえ戸口とぐちからそとて、ながされることがあれば、そのめはそのひと自身じしんのこうべにすでしょう。われわれにつみはありません。しかしあなたのいえなかにいるひとをかけてながすことがあれば、そのめはわれわれのこうべにすでしょう。

20 またあなたが、われわれのこのことをらすならば、あなたがわれわれにちかわせたちかいについては、われわれにつみはありません」。

21 ラハブはった、「あなたがたのおおせのとおりにいたしましょう」。こうしてかれらをおくしたので、かれらはった。そして彼女かのじょあかいひもをまどむすんだ。

22 かれらはってやまにはいり、追手おってかえるのをって、三あいだそこにとどまった。追手おってかれらをあまねくみちさがしたが、ついにつけることができなかった。

23 こうしてふたりのひとはまたやまくだり、かわわたって、ヌンのヨシュアのもとにきて、そのったことをつぶさにべた。

24 そしてヨシュアにった、「ほんとうにしゅはこのくにをことごとくわれわれのにおあたえになりました。このくに住民じゅうみんはみなわれわれのまえふるえおののいています」。