ヨシュア記18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 そこでイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうは、その征服せいふくしたので、シロにあつまり、そこに会見かいけん幕屋まくやてた。

    2 そのとき、イスラエルの人々ひとびとのうちに、まだぎょうかちらない部族ぶぞくが、七つのこっていたので、

    3 ヨシュアはイスラエルの人々ひとびとった、「あなたがたは、先祖せんぞかみしゅが、あなたがたにあたえられたりにくのを、いつまでおこたっているのですか。

    4 部族ぶぞくごとに三にんずつをしなさい。わたしはその人々ひとびとをつかわしましょう。かれらはっていって、そのめぐり、おのおののぎょうのために、それを図面ずめんにして、わたしのところへってこなければならない。

    5 かれらはそのを七つの部分ぶぶんけなければならない。ユダはみなみのその領地りょうちにとどまり、ヨセフのいえきたのその領地りょうちにとどまらなければならない。

    6 あなたがたは、そのを七つにけて、図面ずめんにし、それをここに、わたしのところへってこなければならない。わたしはここで、われわれのかみしゅまえに、あなたがたのために、くじをくであろう。

    7 レビびとは、あなたがたのうちになにぶんをもたない。しゅ祭司さいしたることが、かれらのぎょうだからである。またガドとルベンとマナセのはん部族ぶぞくとは、ヨルダンのこうがわひがしほうで、すでにそのぎょうけた。それはしゅのしもべモーセが、かれらにあたえたものである」。

    8 そこでその人々ひとびとってった。その図面ずめんつくるために人々ひとびとに、ヨシュアはめいじてった、「あなたがたはって、そのめぐり、それを図面ずめんにして、わたしのところにってかえりなさい。わたしはシロで、しゅまえに、あなたがたのために、ここでくじをきましょう」。

    9 こうしてその人々ひとびとって、そのめぐり、町々まちまちにしたがって、それを七つの部分ぶぶんとし、図面ずめんにして、書物しょもつきしるし、シロの宿営しゅくえいにおるヨシュアのもとへってきた。

    10 ヨシュアはシロで、かれらのためにしゅまえに、くじをいた。そしてヨシュアはそのところで、イスラエルの人々ひとびとに、それぞれのぶんとして、あたえた。

    11 まずベニヤミンの子孫しそん部族ぶぞくのために、その家族かぞくにしたがって、くじをいた。そしてそのくじによって領地りょうちは、ユダの子孫しそんと、ヨセフの子孫しそんとのあいだにあった。

    12 すなわち、そのきたほうさかいは、ヨルダンにはじまり、エリコのきたのわきにのぼり、また西にしほう山地さんちをとおってのぼり、ベテアベンの荒野あらのたっしてきる。

    13 そこから、そのさかいはルズにすすみ、ルズのみなみのわきにいたる。ルズはベテルである。ついでそのさかいしたベテホロンのみなみやまにあるアタロテ・アダルにくだり、

    14 西にしほうでは、ベテホロンのみなみにあるやまからみなみまがり、ユダの子孫しそんまちキリアテ・バアルにいたってきる。キリアテ・バアルはキリアテ・ヤリムである。これが西にしほうさかいであった。

    15 またみなみほうは、キリアテ・ヤリムのはしはじまり、そのさかいはそこからエフロンにおもむき、ネフトアのみずみなもといたり、

    16 ついでそのさかいは、レパイムのたにきたはしにあるベンヒンノムのたにおろすやまはしくだり、すすんでエブスびとのわきのみなみ、ヒンノムのたにくだり、またしたってエンロゲルにいたり、

    17 きたまがってエンシメシにおもむき、アドミムのさかたいするゲリロテにおもむき、ルベンびとボハンのいしくだり、

    18 ベテアラバのわきをきたすすんで、アラバにくだり、

    19 そのさかいは、ベテホグラのきたのわきにすすみ、ヨルダンの南端なんたんで、しおうみきた入海いりうみいたってきる。これがみなみさかいである。

    20 ヨルダンはひがしほうさかいとなっていた。これがベニヤミンの子孫しそんの、その家族かぞくにしたがってぎょう四方しほうさかいである。

    21 ベニヤミンの子孫しそん部族ぶぞくが、その家族かぞくにしたがって町々まちまちは、エリコ、ベテホグラ、エメクケジツ、

    22 ベテアラバ、ゼマライム、ベテル、

    23 アビム、パラ、オフラ、

    24 ケパル・アンモニ、オフニ、ゲバ。すなわち十二の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら

    25 またギベオン、ラマ、ベエロテ、

    26 ミヅパ、ケピラ、モザ、

    27 レケム、イルピエル、タララ、

    28 ゼラ、エレフ、エブスすなわちエルサレム、ギベア、キリアテ・ヤリム。すなわち十四の町々まちまちと、それにぞくする村々むらむら。これがベニヤミンの子孫しそんの、その家族かぞくにしたがってぎょうである。