ヨハネによる福音書6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 そののち、イエスはガリラヤのうみ、すなわち、テベリヤみずうみこうぎしわたられた。

    2 すると、おおぜいの群衆ぐんしゅうがイエスについてきた。病人びょうにんたちになさっていたしるしをたからである。

    3 イエスはやまのぼって、弟子でしたちと一緒いっしょにそこでにつかれた。

    4 ときに、ユダヤじんまつりである過越すぎこし間近まぢかになっていた。

    5 イエスはをあげ、おおぜいの群衆ぐんしゅう自分じぶんほうあつまってるのをて、ピリポにわれた、「どこからパンをってきて、この人々ひとびとべさせようか」。

    6 これはピリポをためそうとしてわれたのであって、ご自分じぶんではしようとすることを、よくご承知しょうちであった。

    7 すると、ピリポはイエスにこたえた、「二百デナリのパンがあっても、めいめいがすこしずついただくにもりますまい」。

    8 弟子でしのひとり、シモン・ペテロの兄弟きょうだいアンデレがイエスにった、

    9 「ここに、大麦おおむぎのパン五つと、さかな二ひきとをっている子供こどもがいます。しかし、こんなにおおぜいのひとでは、それがなにになりましょう」。

    10 イエスは「人々ひとびとをすわらせなさい」とわれた。その場所ばしょにはくさおおかった。そこにすわったおとこかずは五千にんほどであった。

    11 そこで、イエスはパンをり、感謝かんしゃしてから、すわっている人々ひとびとあたえ、また、さかなをも同様どうようにして、かれらののぞむだけあたえられた。

    12 人々ひとびとがじゅうぶんにべたのち、イエスは弟子でしたちにわれた、「すこしでもむだにならないように、パンくずのあまりをあつめなさい」。

    13 そこでかれらがあつめると、五つの大麦おおむぎのパンをべてのこったパンくずは、十二のかごにいっぱいになった。

    14 人々ひとびとはイエスのなさったこのしるしをて、「ほんとうに、このひとこそにきたるべき預言者よげんしゃである」とった。

    15 イエスは人々ひとびとがきて、自分じぶんをとらえておうにしようとしているとって、ただひとり、またやま退しりぞかれた。

    16 夕方ゆうがたになったとき、弟子でしたちはうみべにくだり、

    17 ふねってうみわたり、こうぎしのカペナウムにきかけた。すでにくらくなっていたのに、イエスはまだかれらのところにおいでにならなかった。

    18 そのうえつよかぜいてきて、うみした。

    19 四、五十ちょうこぎしたとき、イエスがうみうえあるいてふねちかづいてこられるのをて、かれらはおそれた。

    20 すると、イエスはかれらにわれた、「わたしだ、おそれることはない」。

    21 そこで、かれらはよろこんでイエスをふねむかえようとした。するとふねは、すぐ、かれらがこうとしていたいた。

    22 その翌日よくじつうみこうぎしっていた群衆ぐんしゅうは、そこに小舟こぶねが一そうしかなく、またイエスは弟子でしたちと一緒いっしょ小舟こぶねにおりにならず、ただ弟子でしたちだけが船出ふなでしたのをた。

    23 しかし、すうそうの小舟こぶねがテベリヤからきて、しゅ感謝かんしゃされたのちパンを人々ひとびとべさせた場所ばしょちかづいた。

    24 群衆ぐんしゅうは、イエスも弟子でしたちもそこにいないとって、それらの小舟こぶねり、イエスをたずねてカペナウムにった。

    25 そして、うみこうぎしでイエスに出会であったのでった、「先生せんせい、いつ、ここにおいでになったのですか」。

    26 イエスはこたえてわれた、「よくよくあなたがたにっておく。あなたがたがわたしをたずねてきているのは、しるしをたためではなく、パンをべて満腹まんぷくしたからである。

    27 ちる食物しょくもつのためではなく、永遠えいえんいのちいたちない食物しょくもつのためにはたらくがよい。これはひとがあなたがたにあたえるものである。ちちなるかみは、ひとにそれをゆだねられたのである」。

    28 そこで、かれらはイエスにった、「かみのわざをおこなうために、わたしたちはなにをしたらよいでしょうか」。

    29 イエスはかれらにこたえてわれた、「かみがつかわされたものしんじることが、かみのわざである」。

    30 かれらはイエスにった、「わたしたちがてあなたをしんじるために、どんなしるしをおこなってくださいますか。どんなことをしてくださいますか。

    31 わたしたちの先祖せんぞ荒野あらのでマナをべました。それは『てんよりのパンをかれらにあたえてべさせた』といてあるとおりです」。

    32 そこでイエスはかれらにわれた、「よくよくっておく。てんからのパンをあなたがたにあたえたのは、モーセではない。てんからのまことのパンをあなたがたにあたえるのは、わたしのちちなのである。

    33 かみのパンは、てんからくだってきて、このいのちあたえるものである」。

    34 かれらはイエスにった、「しゅよ、そのパンをいつもわたしたちにください」。

    35 イエスはかれらにわれた、「わたしがいのちのパンである。わたしにものけっしてえることがなく、わたしをしんじるものけっしてかわくことがない。

    36 しかし、あなたがたにったが、あなたがたはわたしをたのにしんじようとはしない。

    37 ちちがわたしにあたえてくださるものみな、わたしにるであろう。そして、わたしにものけっしてこばみはしない。

    38 わたしがてんからくだってきたのは、自分じぶんのこころのままをおこなうためではなく、わたしをつかわされたかたのみこころをおこなうためである。

    39 わたしをつかわされたかたのみこころは、わたしにあたえてくださったものを、わたしがひとりもうしなわずに、おわりのによみがえらせることである。

    40 わたしのちちのみこころは、しんじるものが、ことごとく永遠えいえんいのちることなのである。そして、わたしはその人々ひとびとおわりのによみがえらせるであろう」。

    41 ユダヤじんらは、イエスが「わたしはてんからくだってきたパンである」とわれたので、イエスについてつぶやきはじめた。

    42 そしてった、「これはヨセフのイエスではないか。わたしたちはその父母ふぼっているではないか。わたしはてんからくだってきたと、どうしていまいうのか」。

    43 イエスはかれらにこたえてわれた、「たがいにつぶやいてはいけない。

    44 わたしをつかわされたちちきよせてくださらなければ、だれもわたしにることはできない。わたしは、その人々ひとびとおわりのによみがえらせるであろう。

    45 預言者よげんしゃしょに、『かれらはみなかみおしえられるであろう』といてある。ちちからいてまなんだものは、みなわたしにるのである。

    46 かみからもののほかに、だれかがちちたのではない。そのものだけがちちたのである。

    47 よくよくあなたがたにっておく。しんじるものには永遠えいえんいのちがある。

    48 わたしはいのちのパンである。

    49 あなたがたの先祖せんぞ荒野あらのでマナをべたが、んでしまった。

    50 しかし、てんからくだってきたパンをべるひとは、けっしてぬことはない。

    51 わたしはてんからくだってきたきたパンである。それをべるものは、いつまでもきるであろう。わたしがあたえるパンは、いのちのためにあたえるわたしのにくである」。

    52 そこで、ユダヤじんらがたがいろんじてった、「このひとはどうして、自分じぶんにくをわたしたちにあたえてべさせることができようか」。

    53 イエスはかれらにわれた、「よくよくっておく。ひとにくべず、また、そのまなければ、あなたがたのうちいのちはない。

    54 わたしのにくべ、わたしのものには、永遠えいえんいのちがあり、わたしはそのひとおわりのによみがえらせるであろう。

    55 わたしのにくはまことの食物しょくもつ、わたしのはまことのものである。

    56 わたしのにくべ、わたしのものはわたしにおり、わたしもまたそのひとにおる。

    57 けるちちがわたしをつかわされ、また、わたしがちちによってきているように、わたしをべるものもわたしによってきるであろう。

    58 てんからくだってきたパンは、先祖せんぞたちがべたがんでしまったようなものではない。このパンをべるものは、いつまでもきるであろう」。

    59 これらのことは、イエスがカペナウムの会堂かいどうおしえておられたときにわれたものである。

    60 弟子でしたちのうちのおおくのものは、これをいてった、「これは、ひどい言葉ことばだ。だれがそんなことをいておられようか」。

    61 しかしイエスは、弟子でしたちがそのことでつぶやいているのを見破みやぶって、かれらにわれた、「このことがあなたがたのつまずきになるのか。

    62 それでは、もしひとまえにいたところのぼるのをたら、どうなるのか。

    63 ひとかすものはれいであって、にくはなんのやくにもたない。わたしがあなたがたにはなした言葉ことばれいであり、またいのちである。

    64 しかし、あなたがたのなかにはしんじないものがいる」。イエスは、はじめから、だれがしんじないか、また、だれがかれ裏切うらぎるかをっておられたのである。

    65 そしてイエスはわれた、「それだから、ちちあたえてくださったものでなければ、わたしにることはできないと、ったのである」。

    66 それ以来いらいおおくの弟子でしたちはっていって、もはやイエスと行動こうどうともにしなかった。

    67 そこでイエスは十二弟子でしわれた、「あなたがたもろうとするのか」。

    68 シモン・ペテロがこたえた、「しゅよ、わたしたちは、だれのところにきましょう。永遠えいえんいのちことばをもっているのはあなたです。

    69 わたしたちは、あなたがかみ聖者せいじゃであることをしんじ、またっています」。

    70 イエスはかれらにこたえられた、「あなたがた十二にんえらんだのは、わたしではなかったか。それだのに、あなたがたのうちのひとりは悪魔あくまである」。

    71 これは、イスカリオテのシモンのユダをさしてわれたのである。このユダは、十二弟子でしのひとりでありながら、イエスを裏切うらぎろうとしていた。