ヨハネによる福音書19
戻る 次へ

第19章

1 そこでピラトは、イエスをとらえ、むちでたせた。

2 兵卒へいそつたちは、いばらでかんむりをあんで、イエスのあたまにかぶらせ、むらさき上着うわぎせ、

3 それから、そのまえすすて、「ユダヤじんおう、ばんざい」とった。そして平手ひらてでイエスをちつづけた。

4 するとピラトは、またってユダヤじんたちにった、「よ、わたしはこのひとをあなたがたのまえすが、それはこのひとになんのつみいだせないことを、あなたがたにってもらうためである」。

5 イエスはいばらのかんむりをかぶり、むらさき上着うわぎたままでそとられると、ピラトはかれらにった、「よ、このひとだ」。

6 祭司長さいしちょうたちや下役したやくどもはイエスをると、さけんで「十字架じゅうじかにつけよ、十字架じゅうじかにつけよ」とった。ピラトはかれらにった、「あなたがたが、このひとって十字架じゅうじかにつけるがよい。わたしは、かれにはなんのつみいだせない」。

7 ユダヤじんたちはかれこたえた、「わたしたちには律法りっぽうがあります。その律法りっぽうによれば、かれ自分じぶんかみとしたのだから、死罪しざいあたものです」。

8 ピラトがこの言葉ことばいたとき、ますますおそれ、

9 もう一官邸かんていにはいってイエスにった、「あなたは、もともと、どこからきたのか」。しかし、イエスはなんのこたえもなさらなかった。

10 そこでピラトはった、「なにこたえないのか。わたしには、あなたをゆる権威けんいがあり、また十字架じゅうじかにつける権威けんいがあることを、らないのか」。

11 イエスはこたえられた、「あなたは、うえからたまわるのでなければ、わたしにたいしてなんの権威けんいもない。だから、わたしをあなたにわたしたものつみは、もっとおおきい」。

12 これをいて、ピラトはイエスをゆるそうとつとめた。しかしユダヤじんたちがさけんでった、「もしこのひとゆるしたなら、あなたはカイザルの味方みかたではありません。自分じぶんおうとするものはすべて、カイザルにそむくものです」。

13 ピラトはこれらの言葉ことばいて、イエスをそとしてき、敷石しきいし(ヘブルではガバタ)という場所ばしょ裁判さいばんせきについた。

14 その過越すぎこし準備じゅんびであって、ときひるの十二ころであった。ピラトはユダヤじんらにった、「よ、これがあなたがたのおうだ」。

15 するとかれらはさけんだ、「ころせ、ころせ、かれ十字架じゅうじかにつけよ」。ピラトはかれらにった、「あなたがたのおうを、わたしが十字架じゅうじかにつけるのか」。祭司長さいしちょうたちはこたえた、「わたしたちには、カイザル以外いがいおうはありません」。

16 そこでピラトは、十字架じゅうじかにつけさせるために、イエスをかれらにわたした。かれらはイエスをった。

17 イエスはみずから十字架じゅうじか背負せおって、されこうべ(ヘブルではゴルゴダ)という場所ばしょかれた。

18 かれらはそこで、イエスを十字架じゅうじかにつけた。イエスをまんなかにして、ほかのふたりのもの両側りょうがわに、イエスと一緒いっしょ十字架じゅうじかにつけた。

19 ピラトは罪状ざいじょうきをいて、十字架じゅうじかうえにかけさせた。それには「ユダヤじんおう、ナザレのイエス」といてあった。

20 イエスが十字架じゅうじかにつけられた場所ばしょみやこちかかったので、おおくのユダヤじんがこの罪状ざいじょうきをんだ。それはヘブル、ローマ、ギリシヤの国語こくごいてあった。

21 ユダヤじん祭司長さいしちょうたちがピラトにった、「『ユダヤじんおう』とかずに、『このひとはユダヤじんおうしょうしていた』といてほしい」。

22 ピラトはこたえた、「わたしがいたことは、いたままにしておけ」。

23 さて、兵卒へいそつたちはイエスを十字架じゅうじかにつけてから、その上着うわぎをとって四つにけ、おのおの、その一つをった。また下着したぎってみたが、それにはがなく、うえほうから全部ぜんぶ一つにったものであった。

24 そこでかれらはたがいった、「それをかないで、だれのものになるか、くじをこう」。これは、「かれらはたがいにわたしの上着うわぎい、わたしのころもをくじ引にした」という聖書せいしょ成就じょうじゅするためで、兵卒へいそつたちはそのようにしたのである。

25 さて、イエスの十字架じゅうじかのそばには、イエスのははと、はは姉妹しまいと、クロパのつまマリヤと、マグダラのマリヤとが、たたずんでいた。

26 イエスは、そのはは愛弟子あいでしとがそばにっているのをごらんになって、ははにいわれた、「婦人ふじんよ、ごらんなさい。これはあなたのです」。

27 それからこの弟子でしわれた、「ごらんなさい。これはあなたのははです」。そのとき以来いらい、この弟子でしはイエスのはは自分じぶんいえきとった。

28 そののち、イエスはいま万事ばんじおわったことをって、「わたしは、かわく」とわれた。それは、聖書せいしょまっとうされるためであった。

29 そこに、いぶどうしゅがいっぱいれてあるうつわがおいてあったので、人々ひとびとは、このぶどうしゅふくませた海綿かいめんをヒソプのくきむすびつけて、イエスのくちもとにさしした。

30 すると、イエスはそのぶどうしゅけて、「すべてがおわった」とわれ、くびをたれていきをひきとられた。

31 さてユダヤじんたちは、その準備じゅんびであったので、安息日あんそくにち死体したい十字架じゅうじかうえのこしておくまいと、(とくにその安息日あんそくにち大事だいじであったから)、ピラトにねがって、あしったうえで、死体したいりおろすことにした。

32 そこで兵卒へいそつらがきて、イエスと一緒いっしょ十字架じゅうじかにつけられたはじめのものと、もうひとりのものとのあしった。

33 しかし、かれらがイエスのところにきたとき、イエスはもうんでおられたのをて、そのあしることはしなかった。

34 しかし、ひとりの兵卒へいそつがやりでそのわきをきさすと、すぐみずとがながた。

35 それをものがあかしをした。そして、そのあかしは真実しんじつである。そのひとは、自分じぶん真実しんじつかたっていることをっている。それは、あなたがたもしんずるようになるためである。

36 これらのことがおこったのは、「そのほねはくだかれないであろう」との聖書せいしょ言葉ことばが、成就じょうじゅするためである。

37 また聖書せいしょのほかのところに、「かれらは自分じぶんとおしたものるであろう」とある。

38 そののち、ユダヤじんをはばかって、ひそかにイエスの弟子でしとなったアリマタヤのヨセフというひとが、イエスの死体したいりおろしたいと、ピラトにねがた。ピラトはそれをゆるしたので、かれはイエスの死体したいりおろしにった。

39 また、まえに、よる、イエスのみもとにったニコデモも、没薬もつやく沈香ぢんこうとをまぜたものを百きんほどってきた。

40 かれらは、イエスの死体したいりおろし、ユダヤじん埋葬まいそう習慣しゅうかんにしたがって、香料こうりょうれて亜麻布あまぬのいた。

41 イエスが十字架じゅうじかにかけられたところには、一つのそのがあり、そこにはまだだれもほうむられたことのないあたらしいはかがあった。

42 そのはユダヤじん準備じゅんびであったので、そのはかちかくにあったため、イエスをそこにおさめた。