ヨハネによる福音書18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 イエスはこれらのことをかたえて、弟子でしたちと一緒いっしょにケデロンのたにこうへかれた。そこにはそのがあって、イエスは弟子でしたちと一緒いっしょにそのなかにはいられた。

    2 イエスを裏切うらぎったユダは、そのところをよくっていた。イエスと弟子でしたちとがたびたびそこであつまったことがあるからである。

    3 さてユダは、一隊いったい兵卒へいそつ祭司長さいしちょうやパリサイびとたちのおくった下役したやくどもをれ、たいまつやあかりや武器ぶきって、そこへやってきた。

    4 しかしイエスは、自分じぶんおころうとすることをことごとく承知しょうちしておられ、すすかれらにわれた、「だれをさがしているのか」。

    5 かれらは「ナザレのイエスを」とこたえた。イエスはかれらにわれた、「わたしが、それである」。イエスを裏切うらぎったユダも、かれらと一緒いっしょっていた。

    6 イエスがかれらに「わたしが、それである」とわれたとき、かれらはうしろにきさがってたおれた。

    7 そこでまたかれらに、「だれをさがしているのか」とおたずねになると、かれらは「ナザレのイエスを」とった。

    8 イエスはこたえられた、「わたしがそれであると、ったではないか。わたしをさがしているのなら、このひとたちをらせてもらいたい」。

    9 それは、「あなたがあたえてくださったひとたちのなかのひとりも、わたしはうしなわなかった」とイエスのわれた言葉ことばが、成就じょうじゅするためである。

    10 シモン・ペテロはけんっていたが、それをいて、大祭司だいさいししもべりかかり、そのみぎみみおとした。そのしもべはマルコスであった。

    11 すると、イエスはペテロにわれた、「けんをさやにおさめなさい。ちちがわたしにくださったさかずきは、むべきではないか」。

    12 それから一隊いったい兵卒へいそつやその千卒長せんそつちょうやユダヤじん下役したやくどもが、イエスをとらえ、しばりあげて、

    13 まずアンナスのところにれてった。かれはそのとし大祭司だいさいしカヤパのしゅうとであった。

    14 カヤパはまえに、ひとりのひとたみのためにぬのはよいことだと、ユダヤじん助言じょげんしたものであった。

    15 シモン・ペテロともうひとりの弟子でしとが、イエスについてった。この弟子でし大祭司だいさいしいであったので、イエスと一緒いっしょ大祭司だいさいし中庭なかにわにはいった。

    16 しかし、ペテロはそと戸口とぐちっていた。すると大祭司だいさいしいであるその弟子でしが、そとって門番もんばんおんなはなし、ペテロをうちれてやった。

    17 すると、この門番もんばんおんながペテロにった、「あなたも、あのひと弟子でしのひとりではありませんか」。ペテロは「いや、そうではない」とこたえた。

    18 しもべ下役したやくどもは、さむときであったので、炭火すみびをおこし、そこにってあたっていた。ペテロもまたかれらにじり、ってあたっていた。

    19 大祭司だいさいしはイエスに、弟子でしたちのことやイエスのおしえのことをたずねた。

    20 イエスはこたえられた、「わたしはこのたいして公然こうぜんかたってきた。すべてのユダヤじんあつまる会堂かいどうみやで、いつもおしえていた。何事なにごとかくれてかたったことはない。

    21 なぜ、わたしにたずねるのか。わたしがかれらにかたったことは、それをいた人々ひとびとたずねるがよい。わたしのったことは、かれらがっているのだから」。

    22 イエスがこうわれると、そこにっていた下役したやくのひとりが、「大祭司だいさいしにむかって、そのようなこたえをするのか」とって、平手ひらてでイエスをった。

    23 イエスはこたえられた、「もしわたしがなにわるいことをったのなら、そのわる理由りゆういなさい。しかし、ただしいことをったのなら、なぜわたしをつのか」。

    24 それからアンナスは、イエスをしばったまま大祭司だいさいしカヤパのところへおくった。

    25 シモン・ペテロは、ってにあたっていた。すると人々ひとびとかれった、「あなたも、あのひと弟子でしのひとりではないか」。かれはそれをうちして、「いや、そうではない」とった。

    26 大祭司だいさいししもべのひとりで、ペテロにみみりおとされたひと親族しんぞくものった、「あなたがそのであのひと一緒いっしょにいるのを、わたしはたではないか」。

    27 ペテロはまたそれをした。するとすぐに、にわとりいた。

    28 それから人々ひとびとは、イエスをカヤパのところから官邸かんていにつれてった。とき夜明よあけであった。かれらは、けがれをけないで過越すぎこし食事しょくじができるように、官邸かんていにはいらなかった。

    29 そこで、ピラトはかれらのところにてきてった、「あなたがたは、このひとたいしてどんなうったえをおこすのか」。

    30 かれらはピラトにこたえてった、「もしこのひと悪事あくじをはたらかなかったなら、あなたにわたすようなことはしなかったでしょう」。

    31 そこでピラトはかれらにった、「あなたがたはかれって、自分じぶんたちの律法りっぽうでさばくがよい」。ユダヤじんらはかれった、「わたしたちには、ひと死刑しけいにする権限けんげんがありません」。

    32 これは、ご自身じしんがどんなにかたをしようとしているかをしめすためにわれたイエスの言葉ことばが、成就じょうじゅするためである。

    33 さて、ピラトはまた官邸かんていにはいり、イエスをしてった、「あなたは、ユダヤじんおうであるか」。

    34 イエスはこたえられた、「あなたがそううのは、自分じぶんかんがえからか。それともほかの人々ひとびとが、わたしのことをあなたにそうったのか」。

    35 ピラトはこたえた、「わたしはユダヤじんなのか。あなたの同族どうぞく祭司長さいしちょうたちが、あなたをわたしにわたしたのだ。あなたは、いったい、なにをしたのか」。

    36 イエスはこたえられた、「わたしのくにはこののものではない。もしわたしのくにがこののものであれば、わたしにしたがっているものたちは、わたしをユダヤじんわたさないようにたたかったであろう。しかし事実じじつ、わたしのくにはこののものではない」。

    37 そこでピラトはイエスにった、「それでは、あなたはおうなのだな」。イエスはこたえられた、「あなたのうとおり、わたしはおうである。わたしは真理しんりについてあかしをするためにうまれ、また、そのためにこのにきたのである。だれでも真理しんりにつくものは、わたしのこえみみかたむける」。

    38 ピラトはイエスにった、「真理しんりとはなにか」。こうって、かれはまたユダヤじんところき、かれらにった、「わたしには、このひとになんのつみいだせない。

    39 過越すぎこしときには、わたしがあなたがたのために、ひとりのひとゆるしてやるのが、あなたがたのしきたりになっている。ついては、あなたがたは、このユダヤじんおうゆるしてもらいたいのか」。

    40 するとかれらは、またさけんで「そのひとではなく、バラバを」とった。このバラバは強盗ごうとうであった。