聖典
ヨハネによる福音書17
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第17章

1 これらのことをかたえると、イエスはてんあげてわれた、「ちちよ、ときがきました。あなたのがあなたの栄光えいこうをあらわすように、栄光えいこうをあらわしてください。

2 あなたは、たまわったすべてのものに、永遠えいえんいのちさづけさせるため、万民ばんみん支配しはいする権威けんいにおあたえになったのですから。

3 永遠えいえんいのちとは、唯一ゆいいつの、まことのかみでいますあなたと、また、あなたがつかわされたイエス・キリストとをることであります。

4 わたしは、わたしにさせるためにおさづけになったわざをなしげて、地上ちじょうであなたの栄光えいこうをあらわしました。

5 ちちよ、つくられるまえに、わたしがみそばでっていた栄光えいこうで、いままえにわたしをかがやかせてください。

6 わたしは、あなたがからえらんでわたしにたまわった人々ひとびとに、みをあらわしました。かれらはあなたのものでありましたが、わたしにくださいました。そして、かれらはあなたの言葉ことばまもりました。

7 いまかれらは、わたしにたまわったものはすべて、あなたからたものであることをりました。

8 なぜなら、わたしはあなたからいただいた言葉ことばかれらにあたえ、そしてかれらはそれをけ、わたしがあなたからたものであることをほんとうにり、また、あなたがわたしをつかわされたことをしんじるにいたったからです。

9 わたしはかれらのためにおねがいします。わたしがおねがいするのは、こののためにではなく、あなたがわたしにたまわったものたちのためです。かれらはあなたのものなのです。

10 わたしのものはみなあなたのもの、あなたのものはわたしのものです。そして、わたしはかれらによって栄光えいこうけました。

11 わたしはもうこのにはいなくなりますが、かれらはこののこっており、わたしはみもとにまいります。せいなるちちよ、わたしにたまわった御名みなによってかれらをまもってください。それはわたしたちが一つであるように、かれらも一つになるためであります。

12 わたしがかれらと一緒いっしょにいたあいだは、あなたからいただいた御名みなによってかれらをまもり、また保護ほごしてまいりました。かれらのうち、だれもほろびず、ただほろびのだけがほろびました。それは聖書せいしょ成就じょうじゅするためでした。

13 いまわたしはみもとにまいります。そしてにいるあいだにこれらのことをかたるのは、わたしのよろこびがかれらのうちにちあふれるためであります。

14 わたしはかれらに御言みことばあたえましたが、かれらをにくみました。わたしがのものでないように、かれらものものではないからです。

15 わたしがおねがいするのは、かれらをからることではなく、かれらをしきものからまもってくださることであります。

16 わたしがのものでないように、かれらものものではありません。

17 真理しんりによってかれらをせいべつしてください。あなたの御言みことば真理しんりであります。

18 あなたがわたしをにつかわされたように、わたしもかれらをにつかわしました。

19 またかれらが真理しんりによってせいべつされるように、かれらのためわたし自身じしんせいべついたします。

20 わたしはかれらのためばかりではなく、かれらの言葉ことばいてわたしをしんじている人々ひとびとのためにも、おねがいいたします。

21 ちちよ、それは、あなたがわたしのうちにおられ、わたしがあなたのうちにいるように、みんなのものが一つとなるためであります。すなわち、かれらをもわたしたちのうちにおらせるためであり、それによって、あなたがわたしをおつかわしになったことを、しんじるようになるためであります。

22 わたしは、あなたからいただいた栄光えいこうかれらにもあたえました。それは、わたしたちが一つであるように、かれらも一つになるためであります。

23 わたしがかれらにおり、あなたがわたしにいますのは、かれらが完全かんぜんに一つとなるためであり、また、あなたがわたしをつかわし、わたしをあいされたように、かれらをおあいしになったことを、るためであります。

24 ちちよ、あなたがわたしにたまわった人々ひとびとが、わたしのいるところ一緒いっしょにいるようにしてください。天地てんちつくられるまえからわたしをあいしてくださって、わたしにたまわった栄光えいこうを、かれらにさせてください。

25 ただしいちちよ、このはあなたをっていません。しかし、わたしはあなたをり、またかれらも、あなたがわたしをおつかわしになったことをっています。

26 そしてわたしはかれらに御名みならせました。またこれからもらせましょう。それは、あなたがわたしをあいしてくださったそのあいかれらのうちにあり、またわたしもかれらのうちにおるためであります」。