ヨハネによる福音書15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 わたしはまことのぶどうの、わたしのちち農夫のうふである。

    2 わたしにつながっているえだむすばないものは、ちちがすべてこれをとりのぞき、むすぶものは、もっとゆたかにみのらせるために、手入ていれしてこれをきれいになさるのである。

    3 あなたがたは、わたしがかたった言葉ことばによってすでにきよくされている。

    4 わたしにつながっていなさい。そうすれば、わたしはあなたがたとつながっていよう。えだがぶどうのにつながっていなければ、自分じぶんだけではむすぶことができないように、あなたがたもわたしにつながっていなければむすぶことができない。

    5 わたしはぶどうの、あなたがたはそのえだである。もしひとがわたしにつながっており、またわたしがそのひととつながっておれば、そのひとゆたかにむすぶようになる。わたしからはなれては、あなたがたは何一なにひとつできないからである。

    6 ひとがわたしにつながっていないならば、えだのようにそとげすてられてれる。人々ひとびとはそれをかきあつめ、れて、いてしまうのである。

    7 あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉ことばがあなたがたにとどまっているならば、なんでものぞむものをもとめるがよい。そうすれば、あたえられるであろう。

    8 あなたがたがゆたかにむすび、そしてわたしの弟子でしとなるならば、それによって、わたしのちち栄光えいこうをおけになるであろう。

    9 ちちがわたしをあいされたように、わたしもあなたがたをあいしたのである。わたしのあいのうちにいなさい。

    10 もしわたしのいましめをまもるならば、あなたがたはわたしのあいのうちにおるのである。それはわたしがわたしのちちのいましめをまもったので、そのあいのうちにおるのとおなじである。

    11 わたしがこれらのことをはなしたのは、わたしのよろこびがあなたがたのうちにも宿やどるため、また、あなたがたのよろこびがちあふれるためである。

    12 わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたをあいしたように、あなたがたもたがいあいいなさい。

    13 ひとがそのとものために自分じぶんいのちてること、これよりもおおきなあいはない。

    14 あなたがたにわたしがめいじることをおこなうならば、あなたがたはわたしのともである。

    15 わたしはもう、あなたがたをしもべとはばない。しもべ主人しゅじんのしていることをらないからである。わたしはあなたがたをともんだ。わたしのちちからいたことをみな、あなたがたにらせたからである。

    16 あなたがたがわたしをえらんだのではない。わたしがあなたがたをえらんだのである。そして、あなたがたをてた。それは、あなたがたがってをむすび、そのがいつまでものこるためであり、また、あなたがたがわたしのによってちちもとめるものはなんでも、ちちあたえてくださるためである。

    17 これらのことをめいじるのは、あなたがたがたがいあいうためである。

    18 もしこのがあなたがたをにくむならば、あなたがたよりもさきにわたしをにくんだことを、っておくがよい。

    19 もしあなたがたがこのからたものであったなら、このは、あなたがたを自分じぶんのものとしてあいしたであろう。しかし、あなたがたはこののものではない。かえって、わたしがあなたがたをこのからえらしたのである。だから、このはあなたがたをにくむのである。

    20 わたしがあなたがたに『しもべはその主人しゅじんにまさるものではない』とったことを、おぼえていなさい。もし人々ひとびとがわたしを迫害はくがいしたなら、あなたがたをも迫害はくがいするであろう。また、もしかれらがわたしの言葉ことばまもっていたなら、あなたがたの言葉ことばをもまもるであろう。

    21 かれらはわたしののゆえに、あなたがたにたいしてすべてそれらのことをするであろう。それは、わたしをつかわされたかたをかれらがらないからである。

    22 もしわたしがきてかれらにかたらなかったならば、かれらはつみおかさないですんだであろう。しかしいまとなっては、かれらには、そのつみについていのがれるみちがない。

    23 わたしをにくものは、わたしのちちをもにくむ。

    24 もし、ほかのだれもがしなかったようなわざを、わたしがかれらのあいだでしなかったならば、かれらはつみおかさないですんだであろう。しかし事実じじつかれらはわたしとわたしのちちとをて、にくんだのである。

    25 それは、『かれらは理由りゆうなしにわたしをにくんだ』といてあるかれらの律法りっぽう言葉ことば成就じょうじゅするためである。

    26 わたしがちちのみもとからあなたがたにつかわそうとしているたすぬし、すなわち、ちちのみもとから真理しんり御霊みたまくだとき、それはわたしについてあかしをするであろう。

    27 あなたがたも、はじめからわたしと一緒いっしょにいたのであるから、あかしをするのである。