ヨハネによる福音書14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 「あなたがたは、こころさわがせないがよい。かみしんじ、またわたしをしんじなさい。

    2 わたしのちちいえには、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそうっておいたであろう。あなたがたのために、場所ばしょ用意よういしにくのだから。

    3 そして、って、場所ばしょ用意よういができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところにむかえよう。わたしのおるところにあなたがたもおらせるためである。

    4 わたしがどこへくのか、そのみちはあなたがたにわかっている」。

    5 トマスはイエスにった、「しゅよ、どこへおいでになるのか、わたしたちにはわかりません。どうしてそのみちがわかるでしょう」。

    6 イエスはかれわれた、「わたしはみちであり、真理しんりであり、いのちである。だれでもわたしによらないでは、ちちのみもとにくことはできない。

    7 もしあなたがたがわたしをっていたならば、わたしのちちをもったであろう。しかし、いまちちっており、またすでにちちたのである」。

    8 ピリポはイエスにった、「しゅよ、わたしたちにちちしめしてください。そうしてくだされば、わたしたちは満足まんぞくします」。

    9 イエスはかれわれた、「ピリポよ、こんなにながくあなたがたと一緒いっしょにいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしをものは、ちちたのである。どうして、わたしたちにちちしめしてほしいと、うのか。

    10 わたしがちちにおり、ちちがわたしにおられることをあなたはしんじないのか。わたしがあなたがたにはなしている言葉ことばは、自分じぶんからはなしているのではない。ちちがわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。

    11 わたしがちちにおり、ちちがわたしにおられることをしんじなさい。もしそれがしんじられないならば、わざそのものによってしんじなさい。

    12 よくよくあなたがたにっておく。わたしをしんじるものは、またわたしのしているわざをするであろう。そればかりか、もっとおおきいわざをするであろう。わたしがちちのみもとにくからである。

    13 わたしのによってねがうことは、なんでもかなえてあげよう。ちちによって栄光えいこうをおけになるためである。

    14 何事なにごとでもわたしのによってねがうならば、わたしはそれをかなえてあげよう。

    15 もしあなたがたがわたしをあいするならば、わたしのいましめをまもるべきである。

    16 わたしはちちにおねがいしよう。そうすれば、ちちべつたすぬしおくって、いつまでもあなたがたとともにおらせてくださるであろう。

    17 それは真理しんり御霊みたまである。このはそれをようともせず、ろうともしないので、それをけることができない。あなたがたはそれをっている。なぜなら、それはあなたがたとともにおり、またあなたがたのうちにいるからである。

    18 わたしはあなたがたをてて孤児こじとはしない。あなたがたのところにかえってる。

    19 もうしばらくしたら、はもはやわたしをなくなるだろう。しかし、あなたがたはわたしをる。わたしがきるので、あなたがたもきるからである。

    20 そのには、わたしはわたしのちちにおり、あなたがたはわたしにおり、また、わたしがあなたがたにおることが、わかるであろう。

    21 わたしのいましめをこころにいだいてこれをまもものは、わたしをあいするものである。わたしをあいするものは、わたしのちちあいされるであろう。わたしもそのひとあいし、そのひとにわたし自身じしんをあらわすであろう」。

    22 イスカリオテでないほうのユダがイエスにった、「しゅよ、あなたご自身じしんをわたしたちにあらわそうとして、にはあらわそうとされないのはなぜですか」。

    23 イエスはかれこたえてわれた、「もしだれでもわたしをあいするならば、わたしの言葉ことばまもるであろう。そして、わたしのちちはそのひとあいし、また、わたしたちはそのひとのところにって、そのひと一緒いっしょむであろう。

    24 わたしをあいさないものはわたしの言葉ことばまもらない。あなたがたがいている言葉ことばは、わたしの言葉ことばではなく、わたしをつかわされたちち言葉ことばである。

    25 これらのことは、あなたがたと一緒いっしょにいたとき、すでにかたったことである。

    26 しかし、たすぬし、すなわち、ちちがわたしのによってつかわされる聖霊せいれいは、あなたがたにすべてのことをおしえ、またわたしがはなしておいたことを、ことごとくおもおこさせるであろう。

    27 わたしは平安へいあんをあなたがたにのこしてく。わたしの平安へいあんをあなたがたにあたえる。わたしがあたえるのは、あたえるようなものとはことなる。あなたがたはこころさわがせるな、またおじけるな。

    28 『わたしはってくが、またあなたがたのところにかえってる』と、わたしがったのを、あなたがたはいている。もしわたしをあいしているなら、わたしがちちのもとにくのをよろこんでくれるであろう。ちちがわたしよりおおきいかたであるからである。

    29 いまわたしは、そのことがおこらないさきにあなたがたにかたった。それは、ことおこったときにあなたがたがしんじるためである。

    30 わたしはもはや、あなたがたに、おおくをかたるまい。このきみるからである。だが、かれはわたしにたいして、なんのちからもない。

    31 しかし、わたしがちちあいしていることをるように、わたしはちちがおめいじになったとおりのことをおこなうのである。て。さあ、ここからかけてこう。