オムナイ書1
戻る 次へ

オムナイしょ

第1章

オムナイ,アメーロン,ケミシ,アビナドム,アマレカイがじゅんろくぐ。モーサヤ,ゼデキヤのだいにエルサレムからたゼラヘムラのたみはっけんする。モーサヤ,かれらをおさめるおうとされる。ミュレクのそんは,かつてゼラヘムラで,ヤレドじんさいせいぞんしゃであったコリアンタマーをはっけんしていた。ベニヤミンおう,モーサヤのあとぐ。ひとぶんしんをキリストへのささげものとしてささげなければならない。げんぜんやく三百二十三ねんから百三十ねんいたる。

1 よ,わたしオムナイは,わたしたちのけいのこすためにこのはんしょうのことをしるすように,ちちジェロムにめいじられた。

2 それゆえ,わたしはあなたがたにらせたいことがある。わたしは,ぶんたみニーファイじんてきであるレーマンじんちないように,かれらをまもるためにしょうがいつるぎってよくたたかった。しかしよ,わたししんわるにんげんであり,とうぜんまもっていなければならないほどしゅおきていましめをまもってこなかった。

3 そして,すでに二百七十六ねんった。そのあいだへいだいおおくあり,またはげしいせんそうりゅうけつだいおおかった。そしてようするに,すでに二百八十二ねんった。わたしはせんめいれいしたがって,このはんぞんしてきた。そしてわたしは,むすアメーロンにこれをたくした。わたしはこれでろくえる。

4 わたしアメーロンは,いまわたしがしるすことをすこしではあるが,ちちしょしるす。

5 さてよ,すでに三百二十ねんり,ニーファイじんなかのひときわわるものたちはほろぼされてしまった。

6 なぜならば,しゅはニーファイじんをエルサレムのからし,てきちないようにまもってこられたので,かつてせんわれた,「あなたがたはわたしのめいれいまもらないかぎり,さかえることはない」ということじっしょうされないことをゆるされないからである。

7 それゆえ,しゅかれらにきびしいさばきをくだされた。しかしながら,しゅじんほろびることのないようにかれらのいのちたすけ,かれらをてきからすくわれた。

8 そしてわたしは,このはんきょうだいのケミシにわたした。

9 わたしケミシは,いましるしているわずかなことだけを,きょうだいおなしょしるす。よ,わたしはきょうだいしるしたさいたが,それはかれぶんしんしるしたものである。かれは,わたしにはんわたしてくれたそのにそれをしるした。このように,わたしたちはろくいでいる。それは,わたしたちのせんめいれいによるのである。わたしはこれでろくえる。

10 よ,わたしアビナドムはケミシのである。よ,わたしは,わたしのたみであるニーファイじんとレーマンじんあいだおおくのせんそうあらそいをた。またわたしは,同胞はらからまもるために,ぶんしんつるぎおおくのレーマンじんいのちうばってきた。

11 よ,このたみろくは,れきだいおうしょゆうするはんきざまれている。わたしは,すでにしるされているけいげんのほかにはなにひとらない。したがって,じゅうぶんなことがしるされている。わたしはこれでろくえる。

12 よ,わたしはアビナドムの,アマレカイである。よ,わたしはゼラヘムラのおさめるおうとされたモーサヤについて,すこしあなたがたにべよう。よ,モーサヤはニーファイからすように,また,しゅこえしたがものみな,モーサヤとともにそのからように,しゅからけいこくけた。

13 そこでモーサヤは,しゅめいじられたとおりにした。また,しゅこえしたがものみな,そのからった。そして,いくたびにもわたるせっきょうげんによってみちびかれ,またかみことによりえずくんかいけた。またかれらは,かみうでちからによってみちびかれ,とおぎてゼラヘムラのばれるいた。

14 そしてかれらは,ゼラヘムラたみばれたたみはっけんした。そのために,ゼラヘムラのたみなかおおきなよろこびがこり,またゼラヘムラしんも,しゅがモーサヤのたみつかわされたので,ことのほかよろこんだ。モーサヤのたみはユダヤじんろくっているしんちゅうはんっていたからである。

15 さてよ,モーサヤがったところによれば,ゼラヘムラのたみは,ユダのおうゼデキヤがバビロンへとらわれのとなってられたときに,エルサレムからたみであった。

16 そして,このたみたびし,しゅによってみちびかれておおうみわたり,モーサヤがかれらをはっけんしたた。そのときから,かれらはいつまでもそこにんでいた。

17 そして,モーサヤがはっけんしたときには,かれらはじょうおおきなかずになっていた。しかし,そのまえおおくのせんそうはげしいあらそいがあって,たみつるぎによってたおれたこともたびたびあった。また,かれらのことはなまっており,そのうえ,かれらはなにひとろくってておらず,しかも,ぶんたちのそうぞうぬしそんざいていしていた。それでモーサヤも,モーサヤのたみも,かれらのことをかいできなかった。

18 そこでモーサヤはゼラヘムラのたみに,モーサヤのことおしえさせた。そして,かれらがモーサヤのことおそわったのち,ゼラヘムラはぶんおくしたがってせんけいべた。そのけいめられているが,このはんにはせない。

19 さて,ゼラヘムラのたみとモーサヤのたみれんごうし,モーサヤかれらのおうせんにんされた。

20 そしてモーサヤのだいに,きざまれている一つのおおきないしかれのもとにはこばれてきた。それでかれは,かみたまものちからによって,きざまれていたものをかいどくした。

21 それには,コリアンタマーというじんぶつと,かれたみなかころされたものたちのはなしっていた。このコリアンタマーはゼラヘムラのたみによってはっけんされ,九かげつあいだかれらとともにらしたのであった。

22 また,コリアンタマーのせんについてもすこべられていた。かれさいしょせんは,しゅひとびとことみだされたときに,とうのあるところからたのである。そして,しゅこうせいさばきによってかれたみしゅきびしいばつくだり,げんざいほっぽうかれらのほねりになっている。

23 よ,わたしアマレカイはモーサヤのだいまれ,きているあいだにモーサヤのた。そして,かれむすベニヤミンちちわっておさめている。

24 よ,わたしはベニヤミンおうだいに,ニーファイじんとレーマンじんあいだで一はげしいせんそうがあり,またひどいりゅうけつがあったのをた。しかしよ,ニーファイじんがレーマンじんよりもおおいにゆうせいであったので,ベニヤミンおうはゼラヘムラのからかれらをした。

25 さて,わたしはとしってきた。そして,わたしはどもがなく,またベニヤミンおうしゅまえただしいひとであることをっているので,このはんかれわた。わたしはすべてのひとに,イスラエルのせいじゃであるかみのもとにて,げんけいてん使はたらき,げんかたたまものげんかいしゃくするたまもの,そのほかすべてのことをしんじるようにすすめよう。しゅからるもののほかに,いものはなにひとつないからである。わるいものはあくからる。

26 ところで,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしはあなたがたがイスラエルのせいじゃであるキリストのもとにて,キリストのすくいと,キリストのあがないのちからにあずかるようにのぞんでいる。まことに,キリストのもとにて,ぶんしんをキリストへのささげものとしてささげだんじきいのりをつづけ,さいまでしのびなさい。そうすれば,しゅきておられるように,あなたがたはすくわれるであろう。

27 ところでわたしは,ニーファイのかえろうとしてったあるひとびとのことについて,しょうしょうべたい。ぶんたちのかつてのぎのれたいとおもったものたちが,おおぜいいたのである。

28 それで,かれらはった。ところが,かれらのどうしゃくっきょうちからつよおとこで,そのうえごうじょうおとこであったので,かれらのなかあらそいをこした。そして,五十にんのぞぜんいんなかころされ,これらの五十にんものたちは,ふたたびゼラヘムラのかえしてた。

29 そしてかれらは,またほかのひとびとおおぜいれて,ふたたたびった。

30 わたしアマレカイには一人ひとりきょうだいがいたが,かれもこれらのひとびといっしょった。そのかれらのしょうそくからない。わたしはいまや,まさにはかよこたえようとしている。このはんはすでにくされている。わたしはこれでべることをわりにする。