ジェロム書 1
    脚注

    ジェロムしょ

    第1章

    ニーファイじん​は​モーセ​の​りっぽう​を​まもり、キリスト​の​らいりん​を​のぞみ、その​​で​さかえる。ニーファイじん​を​しん​の​みち​に​とどめる​ため​に、おおく​の​げんしゃ​が​はたらく。げんぜんやく​三百九十九​ねん​から​三百六十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​ジェロム​は、わたしたち​の​けい​を​き​ぐ​よう​に​と​いう​ちち​エノス​の​命令めいれい​に​したがって、すこし​の​こと​を​しるす。

    2 ​この​はん​は​ちいさく、また​これら​の​ことがら​は、わたしたち​の​同胞はらから​で​ある​​レーマンじん​に​えき​を​あたえる​と​いう​​を​もって​しるされて​いる​ので、わたし​も​すこし​しるす​ひつよう​が​ある。しかし、わたし​の​げん​した​こと​や、わたし​が​けた​けい​に​ついて​は​しるさない。わたし​の​せん​たち​が​しるして​きた​こと​じょう​に、わたし​に​しるせる​こと​が​なにか​ある​で​あろう​か。かれら​は​すくい​の​けいかく​を​あきらか​に​して​いない​で​あろう​か。あきらか​に​して​いる​と​わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​に​は​それで​十分じゅうぶん​で​ある。

    3 ​この​たみ​の​なか​で​おこなう​ひつよう​の​ある​こと​は​じつに​たくさん​ある。それ​は、かれら​が​こころ​を​かたくな​に​し、みみ​を​かたむけよう​と​せず、おもい​を​くらまし、ごうじょう​に​なって​いる​から​で​ある。に​も​かかわらず、かみ​は​かれら​に​じょう​に​ふかい​あわれみ​を​しめし、これまで​の​ところ、かれら​を​​の​おもて​から​いっそう​して​は​おられない。

    4 ​また、たみ​が​みなごうじょう​な​わけ​で​は​なく、わたしたち​の​なか​に​は​けい​を​おおく​けて​いる​もの​が​おおぜい​いる。そして、ごうじょう​に​ならず​に​しんこう​を​いだいて​いる​もの​は​みな、その​しんこう​に​おうじて​ひと​の​ら​に​ものごと​を​あきらか​に​される​せい​なる​たま​と​まじわり​を​って​いる。

    5 ​ところで、すでに​二百​ねん​が​り、ニーファイ​の​たみ​は​この​​で​つよく​なった。かれら​は​モーセ​の​りっぽう​を​まもり、また​あんそくにち​を​しゅ​の​ため​に​せい​なる​​として​まもった。かれら​は​また、けい​な​こと​を​くち​に​せず、神聖しんせい​を​けがさなかった。そして、くに​の​ほうりつ​は​じょう​に​きびしかった。

    6 かれら​は​​の​おもて​に​ひろく​らされた。また、レーマンじん​も​どうよう​で​あった。しかし、ニーファイじん​に​ぞくする​もの​より​も、レーマンじん​の​ほう​が​はるか​に​おびただしい​かず​で、かれら​は​さつじん​を​このみ、けもの​の​​を​よく​んで​いた。

    7 ​そして​かれら​は、度々たびたび​わたしたち​ニーファイじん​に​め​かかって​た。しかし、わたしたち​の​おう​や​どうしゃ​は、しゅ​を​しんじる​しんこう​の​あつい​人々ひとびと​で​あり、また​たみ​に​しゅ​の​みち​を​おしえて​いた​ので、わたしたち​は​レーマンじん​に​かい、かれら​を​​わたしたち​の​​から​いっそう​した。そして​わたしたち​は、ぶん​たち​の​まち​や、その​ほか​の​あらゆる​ぎ​の​しょ​の​ぼう​を​かためる​ごと​に​りかかった。

    8 ​わたしたち​は​じょう​に​えて、​の​おもて​に​ひろがり、きん​や​ぎん​や​ちょう​な​品々しなじなごと​な​つくり​の​木工もっこうひん​や​建物たてもの​や​かい、それに​てつ​や​どう真鍮しんちゅうはがね​など​を​ゆたか​に​つ​よう​に​なった。そして、​を​たがやす​ため​に​あらゆる​どう​を​つくり、また​せんそう​の​、まことに、するどい​やじり​の​​と​づつ​と​やり​を​つくり、さらに​せんそう​の​ため​に​すべて​の​じゅん​を​ととのえた。

    9 ​わたしたち​が​この​よう​に​して​レーマンじん​と​たたかう​じゅん​を​ととのえて​いた​ので、かれら​は​わたしたち​に​たいして​さかえる​こと​は​なかった。そして、しゅ​が​わたしたち​の​せん​に​われた、「あなたがた​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​​に​さかえる」と​いう​しゅ​の​こと​が​実証じっしょう​された​の​で​ある。

    10 ​そして​しゅ​の​げんしゃ​たち​は、もし​たみ​が​いましめ​を​まもらず、そむく​よう​に​なる​なら​ば、かれら​は​​の​おもて​から​ほろぼし​られる​と​いう​かみ​の​こと​に​したがって、ニーファイ​の​たみ​に​つよい​けいこく​の​こと​を​はっした。

    11 ​そして、げんしゃ​や​さい​や​きょう​たち​は​熱心ねっしん​に​はたらき、たみ​に​も​熱心ねっしん​で​ある​よう、あくまでも​寛容かんよう​な​こころ​で​すすめた。また​​モーセ​の​りっぽう​と​それ​が​あたえられた​もくてき​を​かれら​に​おしえ、さらに​メシヤ​を​のぞみ、あたかも​メシヤ​が​​すでに​て​おられる​か​の​よう​に、将来しょうらいられる​メシヤ​を​しんじる​よう​たみ​に​すすめた。かれら​は​この​よう​に​して​たみ​を​おしえた。

    12 ​そして、そう​する​こと​に​よって、かれら​は​たみ​が​​の​おもて​で​ほろぼされる​の​を​ふせいだ。かれら​が​こと​で​たみ​の​こころ​を​げき​し、えず​たみ​に​あらため​を​うながした​から​で​ある。

    13 ​そして、二百三十八​ねん​が​り、その​あいだおおく​の​歳月さいげつ​が​せんそう​と​あらそい​と​​の​ありさま​で​れた。

    14 ​わたし​ジェロム​は、はん​が​ちいさい​ので​これ​じょうしるさない。しかし​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、ニーファイ​の​​ほか​の​はん​を​る​が​よい。わたしたち​の​せんそう​の​ろく​は、おう​たち​の​しるした​とおり​に、または​かれら​が​き​しるさせた​とおり​に、その​はん​に​きざまれて​いる​から​で​ある。

    15 ​わたし​は​せん​たち​の​命令めいれい​どおり​に​この​はん​が​き​がれる​よう​に、むす​オムナイ​の​​に​この​はん​を​わたす。