コリント人への第二の手紙13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 わたしはいま、三度目どめにあなたがたのところこうとしている。すべてのことがらは、ふたりか三にん証人しょうにん証言しょうげんによって確定かくていする。

    2 わたしは、まえつみおかしたものたちやそののすべての人々ひとびとに、二度目どめ滞在たいざいしていたとき警告けいこくしておいたが、はなれているいままたあらかじめっておく。今度こんどったときには、けっして容赦ようしゃはしない。

    3 なぜなら、あなたがたが、キリストのわたしにあってかたっておられるという証拠しょうこもとめているからである。キリストは、あなたがたにたいしてよわくはなく、あなたがたのうちにあってつよい。

    4 すなわち、キリストはよわさのゆえに十字架じゅうじかにつけられたが、かみちからによってきておられるのである。このように、わたしたちもキリストにあってよわものであるが、あなたがたにたいしては、かみちからによって、キリストとともきるのである。

    5 あなたがたは、はたして信仰しんこうがあるかどうか、自分じぶん反省はんせいし、自分じぶん吟味ぎんみするがよい。それとも、イエス・キリストがあなたがたのうちにおられることを、さとらないのか。もしさとらなければ、あなたがたは、にせものとして見捨みすてられる。

    6 しかしわたしは、自分じぶんたちが見捨みすてられたものではないことを、っていてもらいたい。

    7 わたしたちは、あなたがたがどんなあくをもおこなわないようにと、かみいのる。それは、自分じぶんたちがほんとうのものであることをせるためではなく、たといわたしたちが見捨みすてられたもののようになっても、あなたがたにおこないをしてもらいたいためである。

    8 わたしたちは、真理しんりさからってはなにをするちからもなく、真理しんりにしたがえばちからがある。

    9 わたしたちは、自分じぶんよわくても、あなたがたがつよければ、それをよろこぶ。わたしたちがとくいのるのは、あなたがたが完全かんぜんくなってくれることである。

    10 こういうわけで、はなれていて以上いじょうのようなことをいたのは、わたしがあなたがたのところったとき、たおすためではなくたかめるためにしゅさづけてくださった権威けんいもちいて、きびしい処置しょちをする必要ひつようがないようにしたいためである。

    11 最後さいごに、兄弟きょうだいたちよ。いつもよろこびなさい。まったものとなりなさい。たがいはげましいなさい。おもいを一つにしなさい。平和へいわごしなさい。そうすれば、あい平和へいわかみがあなたがたとともにいてくださるであろう。

    12 きよい接吻せっぷんをもってたがいにあいさつをかわしなさい。聖徒せいとたち一同いちどうが、あなたがたによろしく。

    13 しゅイエス・キリストのめぐみと、かみあいと、聖霊せいれいまじわりとが、あなたがた一同いちどうともにあるように。