コリント人への第二の手紙1
    脚注
    Theme

    コリントびとへのだい二の手紙てがみ

    第1章

    1 かみ御旨みむねによりキリスト・イエスの使徒しととなったパウロと、兄弟きょうだいテモテとから、コリントにあるかみ教会きょうかい、ならびにアカヤ全土ぜんどにいるすべての聖徒せいとたちへ。

    2 わたしたちのちちなるかみしゅイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

    3 ほむべきかな、わたしたちのしゅイエス・キリストのちちなるかみ、あわれみぶかちちなぐさめにちたるかみ

    4 かみは、いかなる患難かんなんなかにいるときでもわたしたちをなぐさめてくださり、また、わたしたち自身じしんも、かみなぐさめていただくそのなぐさめをもって、あらゆる患難かんなんなかにある人々ひとびとなぐさめることができるようにしてくださるのである。

    5 それは、キリストの苦難くなんがわたしたちにちあふれているように、わたしたちのけるなぐさめもまた、キリストによってちあふれているからである。

    6 わたしたちが患難かんなんうなら、それはあなたがたのなぐさめとすくいとのためであり、なぐさめをけるなら、それはあなたがたのなぐさめのためであって、そのなぐさめは、わたしたちがけているのとおな苦難くなんえさせるちからとなるのである。

    7 だから、あなたがたにたいしていだいているわたしたちののぞみは、うごくことがない。あなたがたが、わたしたちととも苦難くなんにあずかっているように、なぐさめにもともにあずかっていることをっているからである。

    8 兄弟きょうだいたちよ。わたしたちがアジヤでった患難かんなんを、らずにいてもらいたくない。わたしたちは極度きょくどに、えられないほど圧迫あっぱくされて、きるのぞみをさえうしなってしまい、

    9 こころのうちで覚悟かくごし、自分じぶん自身じしんたのみとしないで、死人しにんをよみがえらせてくださるかみたのみとするにいたった。

    10 かみはこのような危険きけんから、わたしたちをすくしてくださった、またすくしてくださるであろう。わたしたちは、かみ今後こんごすくしてくださることをのぞんでいる。

    11 そして、あなたがたもまたいのりをもって、ともどもに、わたしたちをたすけてくれるであろう。これはおおくの人々ひとびとねがいによりわたしたちにたまわっためぐみについて、おおくのひと感謝かんしゃをささげるようになるためである。

    12 さて、わたしたちがこので、ことにあなたがたにたいし、人間にんげん知恵ちえによってではなくかみめぐみによって、かみ神聖しんせい真実しんじつとによって行動こうどうしてきたことは、じつにわたしたちのほこりであって、良心りょうしんのあかしするところである。

    13 わたしたちがいていることは、あなたがたがんで理解りかいできないことではない。それを完全かんぜん理解りかいしてくれるように、わたしは希望きぼうする。

    14 すでにある程度ていどわたしたちを理解りかいしてくれているとおり、わたしたちのしゅイエスのには、あなたがたがわたしたちのほこりであるように、わたしたちもあなたがたのほこりなのである。

    15 この確信かくしんをもって、わたしたちはもう一度いちどめぐみをさせたいので、まずあなたがたのところき、

    16 それからそちらをとおってマケドニヤにおもむき、そしてふたたびマケドニヤからあなたがたのところかえり、あなたがたの見送みおくりをけてユダヤに計画けいかくてたのである。

    17 この計画けいかくてたのは、軽率けいそつなことであったであろうか。それとも、自分じぶん計画けいかくにくおもいによって計画けいかくしたため、わたしの「しかり、しかり」が同時どうじに「いないな」であったのだろうか。

    18 かみ真実しんじつにかけてうが、あなたがたにたいするわたしの言葉ことばは、「しかり」と同時どうじに「いな」というようなものではない。

    19 なぜなら、わたしたち、すなわち、わたしとシルワノとテモテとが、あなたがたにつたえたかみキリスト・イエスは、「しかり」となると同時どうじに「いな」となったのではない。そうではなく、「しかり」がイエスにおいて実現じつげんされたのである。

    20 なぜなら、かみ約束やくそくはことごとく、かれにおいて「しかり」となったからである。だから、わたしたちは、かれによって「アァメン」ととなえて、かみ栄光えいこうするのである。

    21 あなたがたとともにわたしたちを、キリストのうちにかたくささえ、あぶらをそそいでくださったのは、かみである。

    22 かみはまた、わたしたちに証印しょういんをおし、その保証ほしょうとして、わたしたちのこころ御霊みたまたまわったのである。

    23 わたしは自分じぶんたましいをかけ、かみ証人しょうにんもとめてうが、わたしがコリントにかないでいるのは、あなたがたにたいして寛大かんだいでありたいためである。

    24 わたしたちは、あなたがたの信仰しんこう支配しはいするものではなく、あなたがたのよろこびのためにともはたらいているものにすぎない。あなたがたは、信仰しんこうかたっているからである。