2010–2019
今日の世界のチャレンジに立ち向かう
戻る 次へ

今日の世界のチャレンジに立ち向かう

伝道,教育,結婚,教会での奉仕など,皆さんの選択は,皆さんの永遠の行く末を決めます。

今日のヤングアダルトの世代については多くのことが書かれ,語られています。調査によれば,彼らの多くは宗教団体を拒絶しています。彼らの多くは負債を抱え,仕事に就いていません。大多数が結婚という 概念 を好んでいますが,多くはその一歩を踏み出すのを嫌がっています。ますます多くが子供を望まなくなっています。福音と霊感された指導がないため,彼らの多くは見知らぬ​道​に​迷い,行く先を見失って​います。

幸いなことに,教会のヤングアダルトはそのような困った流行に遅れを取っています。その理由の一つは,彼らが福音の計画によって祝福されているからです。その永遠の計画には,しっかり​鉄​の​棒​に​つかまること,つまり,​神​の御言葉と預言者の言葉に​堅くつくことが含まれています。わたしたちは,神のみもとに帰るように導くその棒にしっかりつかまる必要があります。わたしたち全員にとって今日は「選び​の​日」1 です。

子供のころ,軽率な選択をしようとしたときに,父はときどき「ロバート,真面目に。正しいことをしなさい!(訳注―英文は“Fly right”で「正しく飛ぶ」と「正しく生きる」の意味がある)」と言ったものです。皆さんも同じような経験があるかもしれません。父の率直な話し方に倣って,特に教会の若人,すなわちすばらしい青少年と,すばらしいヤングアダルトの皆さんに話したいと思います。なぜならわたしは,「〔ともに〕​学べる​よう​に​分かり​やすい​言葉​で​話す​こと​を​喜び​と​して​いる」2 からです。

皆さんは人生でとても重要な時期を生きています。伝道,教育,結婚,教会での奉仕など,皆さんの選択は,皆さんの永遠の行く末を決めます。それは,皆さんがいつも前を,未来を見据える必要があるという意味です。

空軍パイロットとして,わたしは次の原則を学びました。「わざわざ嵐の中に入っていくな。(わたしがどうやってこの原則を学んだかはあえて話しません。)迂回しろ,他のルートを取れ,さもなくば,嵐がやむまで着陸するな。」

愛するヤングアダルトの兄弟姉妹の皆さん,わたしは皆さんが終わりの日の嵐の中を「正しく飛べる」ように助けたいのです。皆さんはパイロットです。皆さんには,自分がする一つ一つの選択の結果を考える責任があります。自分にこう問いかけてください。「この選択をしたら,起り得る最悪の事態は何だろうか。」義にかなった選択をすれば,道からそれることはありません。

考えてみてください。「アルコール飲料を口にしないことを選択すれば,アルコール依存症にはなりません!借金をするという選択を絶対にしなければ,破産の心配はありません!」

聖文の一つの目的は,義人がどのように誘惑と悪に対処したかを示すことです。一言で言えば,彼らは避けたのです。ヨセフはポテパルの妻から逃げました。3 リーハイは家族を連れてエルサレムを去りました。4 マリヤとヨセフはヘロデの邪悪な計画を逃れるためにエジプトに行きました。5 どの場合も,天の御父は信仰深い彼らに警告を発せられました。同様に,御父は,戦うべきか,逃げるべきか,これから明らかになる状況を受け入れるべきか分かるように助けてくださいます。御父は祈りを通して話し掛けてくださいます。そして,わたしたちが祈るとき,聖霊の導きを受けます。わたしたちには,聖文,生ける預言者の教え,祝福師の祝福,霊感を受けた親や神権指導者や補助組織指導者,中でも,御霊の静か​な​細い​声が与えられているのです。

「わたし​が​あなたがた​を​​導いて​行く​から​で​ある」6 という約束を主は常に守ってくださいます。ただ一つの問題は,わたしたちは導かれることを選ぶだろうか,神の御声と神の僕たちの声を聞くことを選ぶだろうか,ということです。

皆さんが主に近づけば,主は皆さんに近づいてくださることを証します。7 主を愛し,主の戒めを守るなら,​御子​の​​御霊​が皆さんのそばで導いてくださるでしょう。​「善​を​行う​よう​に​導く……​御霊​を​​信頼​しなさい。……これ​に​よって​あなた​は,……​義​に​かかわる​こと​は​何​で​あろう​と​すべて​知る​で​あろう。」8

これらの原則を土台として,皆さんに具体的な助言をしたいと思います。

皆さんの世代の多くは,多額の負債を抱えています。わたしがヤングアダルトのとき,わたしのステーク会長はウォール街の投資銀行家でした。彼は「金持ちとは収入の範囲内で幸せに生活する人のことだ」と教えてくれました。皆さんはどうですか。什分の一を納めて,それから貯金をしてください。収入が多いときは,もっと貯金してください。高額なおもちゃを持っているかどうかで人と競わないでください。代金を支払う余裕のないものを買わないでください。

世の中の多くのヤングアダルトは,教育のために借金をした後で,その学費が自分の返済能力を上回るものだったことに気づきます。奨学金,補助金を探してください。可能であれば,自分の道を進むための資金を捻出するためにアルバイトをしてください。それには多少の犠牲が伴いますが,あなたの成功に役立ちます。

教育はより良い仕事の機会に備えさせてくれます。それは自分を,周囲の人々に仕え,祝福するためのより良い位置に置いてくれます。それは自分を生涯学習という道に進ませてくれます。無知や誤解と闘う強さをくれます。ジョセフ・スミスが教えたように「知識は暗闇や不安や疑いを取り除きます。それらは知識があるところには存在できないからです。……知識には力があります。」9 「神​の​​勧告​に​​聞き​従う​なら​ば,学識​の​ある​の​は​よい​こと​で​ある。」10 教育は,結婚をはじめ将来に備えさせてくれます。

再び,率直に話してもよいでしょうか。結婚へ続く道にはデートが含まれます。デートは長い会話をする機会です。デートのときに,可能な限り互いの全てを知ってください。可能であれば,互いの家族と知り合ってください。二人の目的は調和していますか。戒め,救い主,神権,神殿,親の務め,教会の召し,人に奉仕することについて同じ気持ちをを抱いていますか。ストレス下にあるとき,成功したときや失敗したとき,怒りを抑えるとき,困難に対処するときに,互いを観察したことがありますか。あなたのデートの相手は人をおとしめますか,それとも高めますか。彼または彼女の態度,言葉遣い,振る舞いは,毎日一緒に過ごしたいと思うものですか。

とはいえ, 完璧な 相手と結婚する人はいません。 可能性のある 相手と結婚するのです。正しい結婚とは,自分が何を望むかだけでなく,自分がどのような者になることを自分の伴侶となる女性が望み,必要としているかも大切なのです。

はっきり言いましょう。20代を通じて「楽しむ」ためだけにデートをして,他の趣味や活動のために結婚を先延ばしにしないでください。なぜなら,デートと結婚は最終目的地ではないからです。それらは,皆さんが最終的に行きたい場所への門なのです。「それで人はその父と母を離れて,妻と結び合〔う〕のである。」11

皆さんの今の責任は,自分が結婚したいと望む人にふさわしくなることです。健全で,魅力的で,正直で,幸せで,勤勉で,霊的な人と結婚したいと望むなら,あなたがそのような人に なってください 。もしあなたがそのような人でまだ結婚していないので あれば ,忍耐強くあってください。主に仕えてください。主はあなたの望みを御存じで,あなたの主への忠実さのゆえにあなたを愛しておられます。主はあなたに対する計画をお持ちです。それがこの世であろうと次の世であろうとです。主の御霊に耳を傾けてください。「主​に​​助言​しよう​と​しないで,主​の​手​から​助言​を​受ける​よう​に​しなさい。」12 この世か,あるいは次の世において,主の約束は果たされます。「備えて​いれ​ば​恐れる​こと​は​ない」13 のです。

豊かな財産がなくても心配しないでください。すばらしい教会員が最近わたしにこう言いました。「わたしは子供を金ではなく,信仰で育てました。」この言葉に,偉大な真理があります。生活の全ての面で信仰を働かせ始めてください。そうしないと,「信仰萎縮症」とわたしが呼ぶ病気にかかってしまいます。信仰を働かせる際に必要なまさにその強さが失われます。ですから毎日信仰を働かせて,「ますます​キリスト​を​信じる​信仰​を​確固​と​した​もの​に​」14 してください。

結婚に備えるために,聖餐を受け,神殿推薦状を持つふさわしさを必ず維持するようにしてください。定期的に神殿に行ってください。教会で奉仕してください。教会で召しを受けて奉仕すること以外にも,「よい働きをしながら……巡回され」15 た救い主の模範に従ってください。

さて,皆さんには将来の選択について真面目な疑問があるかもしれません。わたしがヤングアダルトだった頃は,親や信仰が篤く信頼できる相談相手に助言を求めました。一人は神権指導者,もう一人はわたしを信頼してくれた教師でした。二人から「助言が欲しいなら,それを受け入れる備えをしなさい」と言われました。わたしはその意味を理解しました。あなたの霊的な幸福を心にかけてくれる助言者を,祈りをもって選んでください。同年代の仲間の助言には注意をしてください。自分が今持っているもの以上のものが欲しいなら,横からではなく 上から 得てください!16

忘れないでください。誰もあなたの代わりに上に手を伸ばすことはできません。 あなたの 信仰と祈りだけが,あなたを高め,大きな心の変化をもたらします。従順になるという あなたの 決意だけが,あなたの生活を変えます。あなたのための救い主の贖いの犠牲のおかげで,その力はあなたの内にあるのです。17 あなたには選択の自由があります。あなたが従順であれば,強い証が備わります。そしてあなたを導く御霊に従うことができます。

最近,ある若い映画制作者が,自分は「放蕩の世代」の一員だと感じると語っていました。この世代は,「希望と喜びと満足を探し求めているが,間違った場所を,間違った方法で探している」18 というのです。

救い主による放蕩息子のたとえの中で,その息子には多くの祝福が待ち受けていましたが,彼はそれらを求める前に自分の生活,選択,状況を振り返る必要がありました。その次に起こった奇跡について,聖文は短い言葉で言い表しています。「彼は本心に立ちかえっ〔た。〕」19 本心に立ち返るようにと,わたしは皆さんを励ましたいと思います。教会では,大切な決定をするときには,評議会を行います。家族評議会にも同じような目的があります。皆さんには,わたしが「個人評議」と呼ぶことをしてほしいと思います。祈った後,一人になる時間を作って,自分の未来について考えて,自分にこう問いかけてください。「他の人たちを強めるために,自分の生活のどの分野を強めたいと思うか。」「1年後の自分はどうなっていたいか。」「2年後はどうか。」「そうなるためにどんな選択をする必要があるか。」自分がパイロットであり,責任があることを覚えておいてください。皆さんが本心に立ち返るなら,天の御父も皆さんに近づかれることを証します。主の聖なる御霊の慰めの手により,主は皆さんに寄り添って助けてくださいます。

わたしは神が生きておられることを証します。救い主が皆さんを愛しておられることを特別に証します。「わたしたちは〔主の〕​偉大​な​大義​に​おいて​前進​しよう​で​は​あり​ません​か。退かず​に​前​に​進んで​ください。」20 主に従うなら,主は皆さんを強め,支えてくださいます。主は皆さんの最もすばらしい故郷に皆さんを導いてくださいます。イエス・キリストの御名により,アーメン。