ヘブル人への手紙6
    脚注

    第6章

    1 そういうわけだから、わたしたちは、キリストのおしえ初歩しょほをあとにして、完成かんせいざしてすすむもうではないか。いまさら、んだおこないの悔改くいあらためとかみへの信仰しんこう

    2 あらいごとについてのおしえ按手あんしゅ死人しにん復活ふっかつ永遠えいえんのさばき、などの基本きほんおしえをくりかえしまなぶことをやめようではないか。

    3 かみゆるしをて、そうすることにしよう。

    4 いったん、ひかりけててんよりの賜物たまものあじわい、聖霊せいれいにあずかるものとなり、

    5 また、かみきみ言葉ことばと、きたるべきちからとをあじわったものたちが、

    6 そののち堕落だらくした場合ばあいには、またもやかみ御子みこを、みずか十字架じゅうじかにつけて、さらしものにするわけであるから、ふたたび悔改くいあらためにたちかえることは不可能ふかのうである。

    7 たとえば、土地とちが、そのうえにたびたびあめこんで、たがや人々ひとびと役立やくだ作物さくもつそだてるなら、かみ祝福しゅくふくにあずかる。

    8 しかし、いばらやあざみをはえさせるなら、それは無用むようになり、やがてのろわれ、ついにはかれてしまう。

    9 しかし、あいするものたちよ。こうはうものの、わたしたちは、すくいにかかわるさらいことがあるのを、あなたがたについて確信かくしんしている。

    10 かみ不義ふぎなかたではないから、あなたがたのはたらきや、あなたがたがかつて聖徒せいとつかえ、いまもなおつかえて、御名みなのためにしめしてくれたあいを、おわすれになることはない。

    11 わたしたちは、あなたがたがひとりのこらず、最後さいごまでのぞみをちつづけるためにも、おな熱意ねついしめし、

    12 おこたることがなく、信仰しんこう忍耐にんたいとをもって約束やくそくのものを人々ひとびと見習みならものとなるように、とねがってやまない。

    13 さて、かみがアブラハムにたいして約束やくそくされたとき、さしてちかうのに、ご自分じぶんよりもうえのものがないので、ご自分じぶんをさしてちかって、

    14 「わたしは、かならずあなたを祝福しゅくふくし、かならずあなたの子孫しそんをふやす」とわれた。

    15 このようにして、アブラハムは忍耐にんたいづよったので、約束やくそくのものをたのである。

    16 いったい、人間にんげん自分じぶんよりうえのものをさしてちかうのであり、そして、そのちかいはすべての反対はんたいろんふうじる保証ほしょうとなるのである。

    17 そこで、かみは、約束やくそくのものを人々ひとびとに、ご計画けいかく不変ふへんであることを、いっそうはっきりしめそうとおもわれ、ちかいによって保証ほしょうされたのである。

    18 それは、いつわることのありないかみてられた二つの不変ふへんことがらによって、まえにおかれているのぞみをとらえようとしてをのがれてきたわたしたちが、力強ちからづよはげましをけるためである。

    19 こののぞみは、わたしたちにとって、いわば、たましいを安全あんぜんにし不動ふどうにするいかりであり、かつ「まくうち」にはいりかせるものである。

    20 そのまくうちに、イエスは、永遠えいえんにメルキゼデクにひとしい大祭司だいさいしとして、わたしたちのためにさきがけとなって、はいられたのである。