聖典
ヘブル人への手紙5

第5章

1 大祭司だいさいしなるものはすべて、人間にんげんなかからえらばれて、つみのためにそなものといけにえとをささげるように、人々ひとびとのためにかみつかえるやくにんじられたものである。

2 かれ自分じぶん自身じしんよわさをうているので、無知むちまよっている人々ひとびとを、おもいやることができるとともに、

3 そのよわさのゆえに、たみのためだけではなく自分じぶん自身じしんのためにも、つみについてささげものをしなければならないのである。

4 かつ、だれもこの栄誉えいよあるつとめ自分じぶんるのではなく、アロンの場合ばあいのように、かみしによってけるのである。

5 同様どうように、キリストもまた、大祭司だいさいし栄誉えいよ自分じぶんたのではなく、「あなたこそは、わたしの。きょう、わたしはあなたをんだ」とわれたかたから、おけになったのである。

6 また、ほかの箇所かしょでこうわれている、「あなたこそは、永遠えいえんに、メルキゼデクにひとしい祭司さいしである」。

7 キリストは、そのにく生活せいかつときには、はげしいさけびとなみだとをもって、ご自分じぶんからすくちからのあるかたに、いのりねがいとをささげ、そして、そのふか信仰しんこうのゆえにきいれられたのである。

8 かれ御子みこであられたにもかかわらず、さまざまのくるしみによって従順じゅうじゅんまなび、

9 そして、まったものとされたので、かれ従順じゅうじゅんであるすべてのひとたいして、永遠えいえんすくいみなもととなり、

10 かみによって、メルキゼデクにひとしい大祭司だいさいしと、となえられたのである。

11 このことについては、いたいことがたくさんあるが、あなたがたのみみにぶくなっているので、それをかすことはむずかしい。

12 あなたがたは、ひさしい以前いぜんからすでに教師きょうしとなっているはずなのに、もう一かみことば初歩しょほを、ひとからほどきしてもらわねばならない始末しまつである。あなたがたはかた食物しょくもつではなく、ちち必要ひつようとしている。

13 すべてちちんでいるものは、おさなのだから、言葉ことばあじわうことができない。

14 しかし、かた食物しょくもつは、善悪ぜんあくわける感覚かんかく実際じっさいはたらかせて訓練くんれんされた成人せいじんのとるべきものである。