2000–2009
主と約束する
脚注

Hide Footnotes

テーマ

主と約束する

この死すべき試しの生涯においてどのような人になりたいのか,今こそ主と約束をする時です。

兄弟姉妹の皆さん,おはようございます。今朝は,ディクソン姉妹とわたしが自分の家族に話すように,教会の若人に話したいと思います。

皆さんは並外れて優れた世代の若者です。わたしたちの跡を継ぎ,すぐに家庭,職場,地域社会や教会において指導者となるでしょう。

天の御父は皆さん一人一人を愛しておられ,目的をもって皆さんを地上に送られました。そして幸福の計画を明らかにされ,この計画に従うならば,この世の試練や困難に打ち勝ち,やがて御父のみもとに戻れるようにしてくださいました。主の定められた規範に従って生活することを今,決意してください。そうすれば大きな力が与えられ,道徳的な選択の自由を正しく使うことができるでしょう。自分の心に決意し,その決意を貫くことを主に約束することはきわめて重要です。詩篇では,「あなたの道を主にゆだねよ(訳注――「ゆだねよ」に当たる英語のcommitには,「約束する」と「ゆだねる」の両方の意味がある)。……主はそれをなしとげ〔られる〕」と教えられています(詩篇37:5)。

皆さんは世の始めから待ち望まれていた時代,すなわち主の再臨に先立つ時代に地上へやって来ました。それは,一方ではイエス・キリストの福音が完全な形で回復される時であり,他方では不安や混乱,邪悪が満ちる時でもあります。皆さんが生まれてきたこの試しの世は,偉大な機会に恵まれたすばらしい場所ですが,同時にまた,人の魂までも脅かす大きな危険のある所でもあります。この死すべき試しの生涯においてどのような人になりたいのか,今こそ主と約束をする時です。両親や生ける預言者,聖文と同じように,聖霊は皆さんが正しいことと間違ったことを識別し,正しい決定を下せるよう助けてくださいます。

皆さんが『若人の強さのために』を祈りの気持ちでよく学び,何度も読み返し,要約版を財布などに入れていつも持ち歩くように願っています。『若人の強さのために』に書かれている規範に従って生活することを今,心に決めるなら,この世においても永遠にも,大きな喜びを得ることができるでしょう。

若いときに決意をしておくと,どのような助けが得られるかを,一人の教会指導者の体験を基に話しましょう。まだ若かったとき,彼は常に知恵の言葉を守り,アルコールを飲まず,たばこを吸わないと心に決めました。何がきっかけとなったかは覚えていませんが,心の中でこの大切な決断をしたのです。そしてひざまずいて祈り,常にこの戒めを守ることを主と約束しました。長年にわたりアルコールやたばこを勧められてきましたが,その度に「いいえ,けっこうです」と答えるようにしていました。知恵の言葉を守ることについて心に迷いを持つことはまったくありませんでした。ずっと昔に心に決め,この律法に従うことを心から主と約束していたからです。

知恵の言葉に関して天の御父から祝福を受けたいと望むならば,今の世で広く用いられている違法な薬物には決して手を出さないと決意してください。皆さんが手をつけたことのないものに対しては,サタンはほとんど誘惑の力を持たないのです。

教会員としてわたしたちはバプテスマを受け,神の戒めを守り,イエス・キリストの御み名なを受けると聖約しました。もし過ちを犯してしまっても,福音のおかげで,心から悔い改めれば赦ゆるしを受けることができます。年齢にかかわらず,自分が今置かれている状況に合わせた決意から始めましょう。すでに過ちを犯しているならば,悔い改めて,罪を捨て去る決意をしてください。

主は義にかなった,悔い改める子供たちに大いなる永遠の祝福を与えると約束しておられます。しかし,この世には大きな危険があることも御存じの主は,次の戒めを与えられました。「……自分自身について気をつけ,永遠の命の言葉を熱心に心に留めるようにしなさい。」(教義と聖約84:43)主はわたしたちを愛し,わたしたちがみもとに戻ることを望んでおられるので,社会でどのような人たちと交わるのか,何を読み,何を見るのか,どのようなメディアや娯楽を選び,どんな音楽を聴くのかといった,わたしたちに関するすべてのことに慎重であるようにと促し,「〔わたしたち自身〕について気をつけ」るよう命じられたのです。

若いときに決意をすることは非常に大切です。例えば,什じゅう分ぶんの一や献金を納める人に約束されている祝福を得るためには,すべての収入に対して什分の一を納めることを今,決意しなければなりません。什分の一を納めることは,わたしたちがさらに自分を捨て,より天の御父のようになるうえで助けになります。義にかなった子供たちに御自分がお持ちのすべてを与えることを望まれる御父のようになれるのです。この決意をすることはきわめて大きな意味を持つことになります。興味深いのは,什分の一をはじめとするすべての戒めが,皆さんの永遠の幸福のため,また皆さんがさらに御父に似た者となるために与えられているという点です。「行って,主が命じられたことを行います」と心に固く決めていた昔のニーファイのようになろうと今,決意してください(1ニーファイ3:7)。

皆さんの生活を祝福してくれる決意についてほかにも考えてみましょう。学校でほかの生徒が何をしていても,今から自分は決して汚い言葉を使わず,常に誠実な人間となり,その行動を皆が知るようになったら,何とすばらしいことでしょう。決してだましたりごまかしたりしないこと,清い言葉を使うこと,生涯にわたって下品な言葉や冗談を言わないことを今,心に決めてください。このような決意は,自分の部屋で静かにひざまずいてするといいでしょう。真剣に,祈りの気持ちで,へりくだって主に近づくなら,固い決意を貫くことができるでしょう。聖文はこう教えています。「あなたは謙けん遜そんでありなさい。そうすれば,主なるあなたの神は手を引いてあなたを導き,あなたの祈りに答えを与えるであろう。」教義と聖約112:10

慎み深い服装をすることや,デートのときにどのような行動を取るかについても決意してください。デートの相手や友達,同級生といるときに決断を迫られるようなことになっても,前もって自分の取る行動を決めておけば,主の標準をより容易に,そして常に守ることができます。義にかなった原則に従って決意を貫く皆さんの標準を理解できない人もいるかもしれません。しかし,彼らが真に皆さんを尊敬し,立派だと思い,もっと皆さんのようになりたいと願う時が来るでしょう。

そのほか,高い道徳観を持つ,性的に清くある,安息日を守る,伝道や神殿参入に備える,常にふさわしい状態で聖せい餐さんを受けるなどの標準についても,よく考え,決意する必要があります。

ヒンクレー大管長は若人を愛し,主の定められた標準に従うよう一貫して勧めています。生ける預言者の励ましや勧告に従うなら,わたしたちは「永遠の幸福」の道へ導かれるでしょう。

主の御み心こころを行うよう今決意するなら,主は皆さんを助け,力を与えてくださいます。主を信じ,頼り,そして従いたいと願うならば,強い決意をもって御心を行うことができるでしょう。わたしは天の御父が皆さん一人一人を愛し,皆さんを助けるために独り子を送られたこと,そして主に従おうと皆さんが心から決意するとき,栄光に満ちた祝福が与えられることを知っています。イエス・キリストの御名により,アーメン。.